NewサイトOpen★月齢別お世話のポイント・悩みの解決方法を紹介!
冬の過ごし方

赤ちゃんを冬に暖房なしで過ごさせてもいい?寝るときはどうする?

冬の赤ちゃん

冬はお部屋の中も冷えて寒いので、エアコンやストーブなどで温めているご家庭が多いですが、赤ちゃんや子供に悪影響だから暖房なしで過ごしたい!という方もいらっしゃると思います。

暖房はすぐに部屋が暖かくなり快適な温度を保つことができますが、空気が乾燥したり、汚れたり、ストーブなどに触れるとやけどをしてしまう恐れもあるので心配ですよね。

また、ぐっと冷え込む冬の夜は、寝るときに暖房をつけっぱなしにするのか?それとも、暖房なしで寝かせた方がいいのか?迷ってしまいますが、どちらが乳幼児にとっていいのでしょうか。

ここでは、冬に赤ちゃんや子供を暖房なしで過ごさせる時に注意したいポイントについて紹介します☆

暖房なしの場合は、暖かい服装でカバー!

冬の赤ちゃん冬の寒い時期、赤ちゃんを暖房なしで過ごさせても大丈夫か?ということに関しては、お住まいの地域にもよりますが、昔は今ほど暖房器具も充実していなかったので、暖かい服装さえさせていれば大丈夫です。

とは言え、屋外や、室温が氷点下になってしまうような環境の場合は話は別で、ベビーが低体温になってしまわないように暖かくしてあげる必要があります。

冬の日中は暖房をつけていても、夜は暖房なしで赤ちゃんを寝かせる場合は、ベストタイプのスリーパーを着せてあげると朝まで暖かくぐっすり眠ることができます。

スリーパーは「着る毛布」とも呼ばれている、冬に大活躍してくれるおすすめのアイテムです☆

スリーパーで朝まで暖か☆

そんな時におすすめしたいのは、赤ちゃんや子供が寝るときにスリーパーを着せてあげることで、室温を気にせず暖かく快適に眠らせてあげることです。

スリーパーは「着る毛布」とも呼ばれている暖かいベストタイプのウェアで、冬に大活躍してくれるおすすめのアイテムです。

冬の寒い夜に、赤ちゃんが万が一お布団から出てしまっても、お腹が出ないので寝冷えを防ぐことができて安心ですよ。

スリーパーは色々な素材で作られたものが販売されていますが、赤ちゃんが寝るときに着せてあげるなら、綿100%のガーゼ素材のものが、冬だけでなくオールシーズン使うことができるのでおすすめです。

ガーゼを何枚も重ねた、5重ガーゼや6重ガーゼのスリーパーは、吸湿性・通気性が高いので寝汗をすばやく吸収するだけでなく、保温性も高いので朝まで暖かくて大人気ですよ☆

また、フリースやダウン素材の冬用のスリーパーは確かにとても暖かいのですが、熱がこもって汗をかきやすいので赤ちゃんが寝るときには向いていないので使用しないようにしましょう。

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

スリーパーを来ている赤ちゃん
スリーパーはいつから使える?おすすめブランドと季節ごとの選び方赤ちゃんの寝冷え防止や体温調節にも有効なスリーパーは、布団を蹴ってしまう赤ちゃんを冷えから守るお助けアイテムです。 色々な素材や形...

安全な暖房器具を使うのも◎

お布団をかぶって笑顔の赤ちゃん冬は寒いけど、乳幼児の体に悪影響だから暖房なしで過ごしたい!だけど、寒さがつらくなってきた・・・

そんな方におすすめなのは、空気を乾燥させたり汚したりせず、赤ちゃんが触れてもやけどの心配のない「オイルヒーター」です。

オイルヒーターは速暖性がないのが欠点ですが、お部屋をじんわりと温めてくれて、何より体に害がなく安全な暖房器具なので、世界中の赤ちゃん・子供がいるご家庭から支持されています。

暖房を使用する場合には加湿器も併せて使い、部屋の温度が20~23℃、湿度が60%くらいになるように設定しておきましょう。
布団で寝ている赤ちゃん
冬に赤ちゃんが寝るときの室温は何度?暖房の使い方と服装の選び方冬になると夜はぐっと気温が下がって寒くなるので、赤ちゃんや子供が寝るときに暖かく快適に眠れるためにはどうしたらいいのか?悩むことがたくさ...

お住まいの地域によっても冬の寒さが異なるので、暖房なしで大丈夫なのか?どういう暖房器具を使うか?は意見が分かれるところですが、もし暖房を使う場合は、赤ちゃんの体に影響がないような暖房器具を選んで快適な環境を作って下さいね☆




冬に寝るときの室温は何度が最適?暖房なしでもいい?

寝ている赤ちゃん冬になると、赤ちゃんや子供の過ごすお部屋をエアコンなどの暖房器具で温めることが増えますよね。

そんな時、夜寝る時も暖房をつけっぱなしにするべきか?それとも、暖房なしの方がいいのか?迷っているママも多いのではないでしょうか?

冬の夜から朝方にかけては室温がぐっと冷え込むので、赤ちゃんが寝冷えをしてしまうのではないか?と心配になるものの、エアコンなどの暖房器具を使うと空気が乾燥するので、お肌の乾燥も気になりますよね。

ここでは、寒い冬の夜に乳幼児が寝る時の暖房の使い方のポイントと、おすすめの寝冷え防止対策方法を紹介します!

暖かい服装をしていれば暖房なしでOK!

冬、赤ちゃんが快適に過ごせる室温の目安は20~23℃と言われているので、夜寝る時でもエアコンなどの暖房をつけっぱなしにして室温を保たなくては!

そう思うママもいるかもしれませんが、常に暖房を使う必要はありません。

冬は赤ちゃんや子供が寝る時には暖かい服装をさせますし、暖かいお布団の中に入っていれば、夜中に暖房を使わずに室温が低くなっても、赤ちゃんが寝冷えをすることはないので暖房なしでも大丈夫です

もし、寝室が寒くて赤ちゃんがなかなか寝付けないような場合は、予めエアコンなどの暖房器具を使って部屋を暖かくしておいたり、ベストタイプのスリーパーやレッグウォーマーを着けて寝かせてあげると、朝まで寝冷えをせずに暖かく快適に眠れるのでおすすめです☆




http://xn--4zq76a84dz94bt3g.asia/?p=12212

寝るときの快適な室温は20℃前後

布団で寝ている赤ちゃん冬に赤ちゃんや子供が寝るときの最適な室温は、20℃前後です。

20℃前後の室温を保つためには、ほとんどのご家庭で暖房器具を使わなければならないのですが、赤ちゃんのお部屋に暖房をつけっぱなしにするのも空気が乾燥するのであまりよくありません。

空気が乾燥しないオイルヒーターをお持ちの方は、冬に乳幼児が寝るときの室温を20℃前後に保つために使っても構いませんが、オイルヒーターは電気代が高いのが難点。

また、エアコンやヒーターは空気を乾燥させてしまうので、赤ちゃんのデリケートなお肌のことを考えると、寝るときに使うのはなるべく避けたいですね。

まとめ

お住まいの地域によっては、冬の夜は寒すぎて一晩中暖房を使わなければならない場合や、家族が寒がりな為に寝る時もエアコンなどの暖房をつけっぱなしにしているご家庭もあるでしょう。

そんな場合は、デリケートで乾燥に弱い赤ちゃんのお肌を守るためにも、加湿器を使用してお部屋の湿度を50~60%に保つようにしてくださいね。

もし加湿器が準備できない場合は、濡れタオルをハンガーにかけておいたり、洗濯物をお部屋の中に干すだけでも湿度を上げることができるのでおすすめです。

夜寝る時に暖房器具を使う場合は赤ちゃん・子供のことを一番に考え、温度設定は18~20℃、湿度は50~60%を維持するように心がけるようにしましょう☆