薬を塗っている赤ちゃん

ママたちの悩みの一つでもある赤ちゃんの「汗疹」は、症状が軽いうちに治せればよいですが、赤く炎症してしまうと、強いかゆみを伴うため、痒がる赤ちゃんは皮膚を掻きむしり「とびひ」になってしまい場合もあるため、決して侮ってはいけない皮膚炎の一つです。

軽い汗疹であれば、自然と治ってしまうこともあるのですが、赤ちゃんが痒がる「汗疹」とは、どのような治し方をするのがベストなのか?迷ってしまいますよね。

ここでは、かゆみを伴う汗疹の治し方と、痒がる時の対策方法についてお話しします。

Sponserd Link

汗疹ができる原因は、雑菌の繁殖!?

汗疹の治し方を知るためには、まずどうして汗疹ができてしまったのか?その原因を知っておくのも大切なことですよね。

汗疹が出来る原因を簡単に言うと、多くの汗が長時間皮膚にとどまったことにより、雑菌が繁殖してしまい、皮膚が炎症を起こしてしまうことで汗疹発症します。

赤ちゃんは、汗腺がまだ未発達なため、汗が汗腺の出口に詰まりやすく、汗腺が詰まった状態で、肌表面に汗が長時間留まると、表皮ブドウ球菌が増殖し、それに対する炎症反応として「汗疹」ができてしまいます。

デリケートなお肌を清潔に保つことが一番大切!

肌着を着替えている赤ちゃん

汗疹が出来てしまった場合、何よりも大切なのは赤ちゃんの肌を「清潔」に保つことが一番大切なことです。

先にも話したように、汗疹は皮膚に汗が長時間留まったことにより発症するので、いくら汗疹専用のお薬を塗っていたとしても、同じことを繰り返していたら、また別の汗疹ができてしまい、いつまでも治らないどころか、更に炎症してしまう場合もあります。

こういうことからも、汗疹を治すには、まず汗をあまりかきすぎないような室内環境をつくり、汗をかいたら、シャワーをあびるか、濡れたガーゼやタオルで、身体を優しく拭いてあげるなどして、極力、肌に汗がとどまらないようにしてあげる必要があります。

また、赤ちゃんのお肌に汗疹ができている時は、通気性が良く、汗をかいてもすぐに吸収してくれるような綿やガーゼ素材の服を選ぶとよいでしょう。

出来るなら、肌着もこまめに取り換えた方が良いですが、枚数に限りがあったり、着替えが大変ならば、汗取りパッドやタオルなどを利用して、汗をかいたらさっと抜いてあげられるように工夫するのもオススメです。

おすすめの汗取りパット

矢印アイコン汗取りパットの人気ランキング

白い汗疹と赤い汗疹の違いとは?

赤ちゃんの湿疹

皆さんは、汗疹にどんなイメージをお持ちでしょうか?「ほっといてもすぐに治る?」「かゆみがあってひっかきそう?」このように汗疹は、様々なイメージをもたれやすいです。

もちろん、汗疹の中には、ほっておいても自然と完治するものもあります。ですが、汗疹はその味や状態によってその症状は全く変わってくるのです。

汗疹には大きく分けて2種類あります。白い汗疹のうちはまだ症状が浅く、身体を清潔にしていれば、自然と治癒していきますが、問題なのは赤い汗疹です。

赤い汗疹は、小さな赤いブツブツが体に出来ます。実はかゆみを伴うのはこの赤いブツブツなのです。

赤い汗疹が出来てしまうと、赤ちゃんではそれを我慢するのは容易ではありません。痒がる赤ちゃんは無意識にかきむしってしまい、炎症を広げその傷口から更に黄色ブドウ球菌などが侵入すると「とびひ」になってしまうリスクも秘めているので細心の注意が必要なのです。

 赤い汗疹が出来たら、早めのケアを

赤ちゃんが風邪の時、親に移るのを防ぐために行いたい3つの予防策

痒がることで掻きむしってしまい、皮膚の炎症がひどい場合には、小児科で炎症やかゆみを抑える薬を処方してもらいましょう。

かゆみは我慢が出来るものではないので、もしも出来てしまったら、赤ちゃんが痒がる前に早めに治療する事も大切なことです。

その為にも、汗を極力を体にとどめ無いように、常日頃から清潔を心掛けるようにするだけで、赤ちゃんの汗疹を防ぐことができますよ!

汗をかきやすい赤ちゃんは、汗ばむ春~夏にかけてはとくに汗疹ができやすいですが、暖房を使って部屋を暖かくして厚着をしている冬も以外とできやすいものです。

お肌を清潔にして早めにケアをすることで治ってしまうことも多いですが、家庭でのケアに限界を感じたら、すぐに小児科・または皮膚科を受診するようにしましょう!