ねんねと生活リズム

赤ちゃんと添い寝する時はベッド?それとも布団?どっちが安全?

添い寝をしている赤ちゃん

新生児のお赤ちゃんは、夜、目を覚ますことが多いため、すぐに対処できるよう、夜は添い寝して眠っているというママもも多いのではないでしょうか?

添い寝をしていると、赤ちゃんが泣いたらすぐに授乳をしてあげることができますし、何よりも赤ちゃんをすぐ近くで寝かせられるので何か変化が起きた時にすぐに気付いてあげられる安心感があるので、近年は添い寝の良さが見直されています。

でも、新生児と添い寝をする際に、布団とベッドどちらがいいのか?悩んでいるママも多いようです。ここでは、新生児の赤ちゃんと添い寝をする際に、布団とベッドどちらが安全なのかを考えてみました。

安全対策を施せば、どちらでもOK!

添い寝をしている赤ちゃん新生児の赤ちゃんと添い寝をする際、安全対策をしっかりしているなら、基本的には布団でもベッドでも構いませんが、どちらにしても気を付けたいのが、添い寝をすることによる、窒息死や突然死があるということです。

とくに、パパや小さい兄弟も一緒に寝る場合は、赤ちゃんの側に寝かせないようにすることで、万が一の事故を防ぐことができます。

赤ちゃんは、あくまでもママと壁の間にして、また布団やベッド回りに窒息の原因になりそうなものは決して置かないようにしましょう。

添い寝のメリットとデメリット

添い寝のメリットとしては、新生児の頃は頻繁な夜中の授乳が楽になることや、赤ちゃんの隣に寝ているので変化にすぐに気がつけるのが大きなメリットですが、逆にデメリットもあります。

デメリットとしては、ママ・パパの寝返り・重いお布団による窒息や、大人用ベッドからの転落などの危険性も潜んでいます。

でも、赤ちゃんに常に気を配れるためメリットも多いので、安全に気を配りながら、上手に添い寝して赤ちゃんとのスキンシップを楽しみましょう☆

布団で添い寝をする際の注意点

新生児の赤ちゃんと添い寝をするなら、ベッドより転落の心配のない布団の方が安全です。

しかし、マットレスと同様に柔らかすぎるお布団を使用すると赤ちゃんが窒息してしまったり、骨の発達に悪影響を及ぼす場合があるので硬めの敷き布団を選ぶことが大切です。

また、生まれたばかりの新生児の赤ちゃんはさほど動きませんが、2~3ヶ月頃になってくると手足が活発に動かせるようになり、気付いたらお布団から出ていて寝冷えをしてしまうこともあるので注意が必要です。

【布団】おすすめの安全対策

布団で添い寝をする際におすすめの安全対策は、まず、布団を敷く際は、なるべく赤ちゃんが寝る側を壁につけ、棚など万が一落下してくる可能性があるものの近くを避けるようにしましょう。

大人用のお布団を赤ちゃんにも掛けて寝ることが多いと思いますが、冬に重くて暖かいお布団や羽毛布団を使う時は注意が必要です。

重いお布団は赤ちゃんの口を塞いでしまうと窒息の可能性がありますし、羽毛布団は保温効果が高すぎて赤ちゃんが暑くなりすぎてしまう恐れがあるので、赤ちゃん用のベビーサイズの掛け布団を用意してあげてくださいね☆

*関連記事  赤ちゃんに冬用の重い布団をかけると窒息する?布団の選び方と注意点

*関連記事  冬、赤ちゃんに羽毛布団は使ってはいけない理由とは?安全な布団の選び方

ベッドで添い寝をする際の注意点

万が一の転落の危険性を考えるなら、やはりベッドよりお布団の方が安全だとされていますが、家庭の事情もありベッドで添い寝しなくてはならない場合もありますよね。

ベッドで添い寝をするメリットとしては、立ち上がりやすいので産後のママの腰への負担が減ることと、ベッドボードに背中をもたれながら授乳をすることができることです。

新生児の赤ちゃんは、あまり動かないと思われがちですが、必ずしもそうとは限らないので、安全対策をしっかりすることも大切です。

【ベッド】おすすめの安全対策

ベッドで赤ちゃんと添い寝をしていて赤ちゃんが転落してしまった!という事故を防ぐためにも、 赤ちゃんの寝る側にベビー用の柔らかなメッシュガードをつけ、ベッドと壁間に隙間がない状態にして、転落を防止するよにしましょう。

また、柔らかすぎるマットは赤ちゃんの体が沈み、窒息の原因になったり、骨の発達に悪影響を及ぼす場合もあるので、なるべく硬めのマットレスを使用することも大切です。

赤ちゃんの安全を守るための大人用のベッドとくっつけて使うサイドベッドや、ベッドの上に置くベビーベッドなども販売されているのでチェックしてみて下さいね!

*関連記事  赤ちゃんとベッドで添い寝はいつからできる?安全対策とおすすめのアイテム

添い寝&添い乳で赤ちゃんもぐっすり!

新生児の赤ちゃんと添い寝をするのは、窒息などの可能性があるから危険!と言われていたこともありますが、今では退院後すぐに添い寝をしているママも多くいます。

横になりながら授乳をする「添い乳」を推奨している助産師さんもいるくらいです。

添い乳をすることで赤ちゃんも落ち着いて母乳・ミルクを飲むことができますし、何よりママも体力を使わずに授乳をすることができるのでとても助かります。

添い寝はスキンシップの1つ

ベッドと布団にはそれぞれメリットとデメリットがありますが、安全策をしっかり施した上で、ご家庭に合った添い寝の方法を選んでくださいね☆