バンボに座っている赤ちゃん

生後4ヶ月頃の赤ちゃんはほぼ首が座ってくるので、そろそろ椅子に座らせても大丈夫かな?と感じる時期ですね。

バンボやカリブなどのベビーチェアは首がすわった3.4ヶ月頃の赤ちゃんが使える椅子として大人気ですが、まだ腰が座っていない赤ちゃんを椅子に座らせる時には注意点があります。

ここでは、生後4ヶ月の赤ちゃんが座れるおすすめの椅子と注意点を紹介します☆

Sponserd Link

生後4ヶ月の赤ちゃんが座れるのはどんな椅子?

赤ちゃんは生後3~4ヶ月で首が座るので、首が座ったら赤ちゃんを座らせることができる椅子の代表格のバンボやカリブなどのソフトチェアがおすすめです。

生後4ヶ月の赤ちゃんはほとんど首が座っているので、椅子に座らせてあげると視野が広がりご機嫌になってくれます。

バンボとカリブの違いは、足回りの広さがカリブの方が広いだけで素材などはほとんど同じです。

生後4ヶ月の赤ちゃんの椅子としては、足回りの狭いバンボの方が安定して座れるのでおすすめです☆

おすすめのバンボ

矢印アイコンバンボの人気ランキング

おすすめのカリブ

矢印アイコンカリブの人気ランキング

赤ちゃんを椅子に座らせる時の注意点

生後4ヶ月の赤ちゃんは首が座って体がしっかりしてきたとは言え、まだ腰が座っていない状態です。

まだ自力で座ることができない赤ちゃんを椅子に長時間座らせてしまうと、腰と背骨に負担がかかり発育に良くないとも言われています。

4ヶ月の赤ちゃんを椅子に座らせるときは、必ず目を離さないようにして短時間座らせるようにして、成長に合わせて座らせる時間を少しずつ長くするようにしてあげましょう☆