肌着を着ている赤ちゃん夏生まれ(6~8月)の赤ちゃんの出産準備品として短肌着を準備するとき、長袖のものと半袖のものがあるのでどちらを何枚準備したらいいのか?迷ってしまいますよね。

短肌着は服装の一番下に着せる肌着なので、暑い時期に新生時期を過ごす夏生まれの赤ちゃんには、半袖のものだけ準備しておけば大丈夫です。

また、短肌着は一枚で着せるものではなく、コンビ肌着と組み合わせて着せる物なので、わざわざ長袖の短肌着を準備しておく必要はありません!

ここでは、夏生まれの赤ちゃんの短肌着の選び方と着せ方fのポイントを紹介します☆

Sponserd Link

長袖は準備しなくて大丈夫!

ベビー用品のお店に置かれている出産準備リストには、年間を通して短肌着がリストアップされていますが、短肌着は一枚で着せるものではないので夏は長袖は準備しなくても大丈夫です!

夏生まれの赤ちゃんの場合は長袖の短肌着より、半袖のコンビ肌着(股下がスナップボタンで止められるもの)を準備しておいたほうが着せてあげる機会が多いので役立ちます。

短肌着は生後3ヶ月位までしか使わない肌着なので、長袖の短肌着を準備しても着ないことがほとんどなので、長袖は買わなくても大丈夫です。

短肌着とコンビ肌着のセットでコーディネイトして、快適に過ごさせてあげましょう!

おすすめの肌着セット

矢印アイコン肌着セットの人気ランキングはこちら

夏生まれの肌着の着せ方

暑い夏生まれの赤ちゃんは、エアコンの効いていないお部屋で過ごす場合はコンビ肌着を1枚着せてあげるだけの服装が涼しくて快適に過ごせます。

エアコンの効いているややで過ごすときや、夏でも少し肌寒い日には半袖の短肌着+コンビ肌着など上に重ね着をしてあげるものなので、長袖の短肌着は真冬に生まれる赤ちゃん以外は必要ありません。

短肌着は短期間しか使えないものなので最低限6枚程度を用意して、足りないようなら買い足すようにしましょう!

こまめな着替えで汗疹を予防!

笑顔の赤ちゃん夏生まれの赤ちゃんは、ただでさえ新陳代謝が活発な上に暑い時期に新生時期を過ごすので、油断するとすぐに汗疹ができてしまいまうので細心の注意が必要です。

汗疹を防ぐために、少し面倒に感じてもこまめに短肌着を着替えさせるようにするだけで、汗疹の発生率がグッと下がりますよ!

少し肌寒い時でも短肌着の上にコンビ肌着とベビー服を着せるので、長袖の短肌着を着せてしまうと蒸れて関節に汗がたまって汗疹ができやすいので、半袖の短肌着で夏を乗り切りましょう!