秋に赤ちゃが快適に過ごせるの服装の選び方のポイント

比較的涼しく過ごしやすい秋ですが、気温差が大きい時期でもあるので、赤ちゃんにはどんな服装をさせたらいいのか?迷ってしまいますよね。

また、朝晩が涼しくなってくるとお腹の冷えや、寝冷えなども心配になってくるので、冷え対策も気になってくる頃ですよね。

ここでは、秋に赤ちゃんが快適に過ごせる服装の選び方のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

涼しい秋は「重ね着」が基本!

夏と違い、急に冷え込む秋の赤ちゃんの服装は、重ね着をして体温調節をするのが基本です。

一般的なベビー服の着せ方は、新生児で「短肌着+長肌着+ドレスオール」「コンビ肌着+ツーウェイオール」などですが、秋はこの組み合わせに、寒さに応じて「ベスト」や「靴下」をプラスするなど、気候に変化を加えた服装を選ぶのがよいでしょう。

また、お出かけ時のちょっとした防寒対策として、秋物の服装+ベストを用意しておくと、肌寒くなったらさっと羽織れるのでおすすめです☆

おすすめのベスト

矢印アイコンベストの人気ランキング

足を冷えから守るレッグウォーマーが大活躍!

秋の時期の赤ちゃんの服装を選ぶとき、一番の心配事と言えばやはり下半身の冷えではないでしょうか?

そんな時のために「レッグウォーマー」を揃えておきましょう。

ふくらはぎをレッグウォーマーで暖めて上げるだけで、代謝のいい赤ちゃんは厚着をしなくても体が温まりますし、秋服のコーディネートとしても取り入れることができるのでおすすめです。

女の子だけでなく、男の子でも使うことができるシンプルなデザインも多いですし、秋~冬にかけて大活躍してくれるアイテムなので1つ持っているだけでも便利ですよ☆

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

便利なアイテムを駆使して体温調節を!

涼しい秋の季節は、暑くもなく寒くもなく…なので、赤ちゃんの服装選びと体温調節に困ってしまいそうですが、便利なアイテムや素材を駆使して、少ない重ね着で温かく快適な状態にするのがおすすめです。

ここで紹介したベスト、レッグウォーマーの他にも、ニット帽子やマフラーなどの小物は秋~冬にかけての服装にプラスするだけで、防寒効果を得ることができます。

でも、秋らしい温かいアイテムをついつい着せすぎてしまい、赤ちゃんが暑くなって汗をかきすぎて汗疹を作ってしまわないように、その日の気温に応じて服装を調節することも忘れないようにして、快適に過ごすようにして下さいね!