【いつまで冷房?いつから暖房?】秋の赤ちゃんのためのエアコンの使い方

夏も終わり、秋の気配を感じるようにになる頃は、朝晩は涼しくても日中はまだまだ暑い日もあったりするので、赤ちゃんが過ごすお部屋にエアコンを使うべきか?それとも、秋はエアコンは使わずに窓からの空気で凌いだ方がいいのか?迷ってしまうこともありますよね。

また、エアコンの暖房機能は何度くらいから使い始めるのがいいのでしょうか?

ママ

今回は、秋に赤ちゃんが過ごすお部屋のエアコンの使い方のポイントについて紹介します!

Sponserd Link

赤ちゃんが快適に過ごせる室温は20~23℃

お布団をかぶって笑顔の赤ちゃん年間を通して赤ちゃんが快適に過ごせる室温は、20~23℃でますが、この温度は秋にはちょうどいい位の温度!という印象が強いですが、秋は毎日の気温の変化が大きいので、30℃近く気温が上がる日もあれば、20℃くらいで過ごしやすい日もありますよね。

ママ

確かに、朝晩は涼しくなってきたから、日中もエアコンなしでもいいかな~という気もしますが、大人より体温が高くて汗をかきやすい赤ちゃんがいる場合は、それはまた別の話です。

近年は秋でも熱中症になる症例が増えてきているので、赤ちゃんが汗をたくさんかいて暑そうにしているようなら、迷わずにエアコンを使って室内を涼しくしてあげて、水分補給をしっかりすることが大切です。

夜寝るときは、エアコンをつけっぱなしにする?

寝ている赤ちゃん夏の間は夜寝るときにエアコンをつけっぱなしにしていたご家庭も多いと思いますが、秋になると夜~朝方にかけての気温がぐっと下がるので、赤ちゃんが寝ているお部屋でもエアコンはつけっぱなしにしなくても快適に眠れるようになります。

もし寝かし付けの時にまだ気温が高くて暑いようなら、26~28℃設定で1~2時間タイマーをかけると、眠りにつきやすくなりますよ!

窓を開けて眠る時は寝冷えに注意

秋はエアコンをつけずに窓を開けて眠る、というご家庭も多いと思いますが、気をつけたいのが赤ちゃんの寝冷えです。秋は朝方にかけて気温が20℃を下回る日も増えてくるので、うっかりしていると赤ちゃんが体を冷やして風邪をひいてしまいます。

ママ

かと言って、布団をかけても暑くてはいでしまう・・・という赤ちゃんには、パジャマの上からさっと着せることができるスリーパーを着せて上げるのがおすすめです。

スリーパーは秋~冬にかけて、ねんねアイテムとして大活躍してくれるので、1つ持っていると寝冷えから守ってくれるので安心ですよ☆

おすすめのスリーパー
矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

✽関連記事✽  赤ちゃんをスリーパーだけで寝かせるのはNG?着せ方のポイント

赤ちゃんの様子を確認して判断しよう!

ツーウェイオールを着ている赤ちゃんもう秋なのにエアコンなんて使わなくてもいいのかな?と思った時は、まず赤ちゃんの様子を確認してから判断することが大切です。

その理由は、近年は秋でも高温な日が続くことが多く、赤ちゃんやお年寄りが熱中症になってしまう事例が増えているからです。

また、そろそろエアコンの暖房機能を使おうかな?と考える時も、まずは赤ちゃんの様子を見ながら服装を調節してみて、それでも寒そうなら暖房を使うことをおすすめします。

✽関連記事✽  何を着せる?秋に赤ちゃが快適に過ごせる服装の選び方のポイント

秋、エアコンの暖房機能を使い始める目安は何度?

笑顔の赤ちゃんエアコンには冷房だけでなく、もちろん暖房機能もついているので、秋が深まり肌寒くなってくると、赤ちゃんが寒くないように暖房機能を使い始めるご家庭が増えてきますよね。ここで注意したいのが、大人が肌寒く感じているからと言って、赤ちゃんも同じように肌寒いのか?というと、そうではないということです。

ママ

その理由は、赤ちゃんは基礎代謝が活発なので、大人より体温の上昇が激しくて暑がりだからです。少し肌寒い位でエアコンの暖房機能を使ってしまうと、赤ちゃんは暑くて汗をたくさんかいてしまい、脱水症状になってしまう恐れもあります。

赤ちゃんが過ごすお部屋で暖房をつかう目安は、20℃を下回って赤ちゃんの体が少し冷たく感じるようになったら、まずは弱い暖房をかけて赤ちゃんの様子を見ながら、室温を調節していくようにしましょう。

暖房を使う前に、服装で調節してみよう!

レッグウォーマーを履いている赤ちゃん秋は毎日の気温の差が激しく、大人でも体調を崩しやすいので、赤ちゃんにも十分な注意が必要なので、無理せずにエアコンを使って快適な環境を作ることも大切ですが、さほど暑くもなく寒くもない場合は、赤ちゃんの服装で体温調節をしてみましょう。

例えば、秋と言っても汗ばむような日には、室内で過ごす場合はお腹が出ないボディ肌着などだけを着せてあげれば快適ですし、少し肌寒いような日は、ベビー服の上にベストやスリーパーなどのさっと羽織れるアウターを着せてあげるのが◎

ママ

また、足の裏を覆ってしまう靴下は赤ちゃんの体内の余計な熱の放出を妨げてしまうので、足元が寒そうな場合は、レッグウォーマーを履かせてあげることで、全身の血流が良くなってポカポカ暖まるのでおすすめです!

おすすめのレッグウォーマー
矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

秋のエアコンの使い方のまとめ

秋の赤ちゃん秋になり涼しい日が増えてきても、日中の気温が25℃以上になり、赤ちゃんが汗をかいて暑そうにしている場合は、エアコンを25~28℃設定に弱く掛けてあげるようにしましょう。また、暖房を使う場合は20℃以下を目安として、赤ちゃんの様子を見ながら温度設定をするようにしてくださいね。

また、赤ちゃんは大人より体温が高く暑がり、ということを頭に入れておき、秋だからと言って重ね着をさせすぎないようにして、なるべく薄着で過ごさせてあげるようにすることで、体温調節機能もだんだん整ってきて、体が丈夫になってきますよ。

ただし、赤ちゃんの体調が悪い時は、十分温かい服装をさせて、悪化させないようにすることも大切なので、毎日の赤ちゃんの様子をしっかり観察し、気温差の大きい秋をエアコンを上手に使って快適に過ごすようにしましょう!