現代の夏はエアコンなしでは生活できないほど、とても暑くなってきていますよね。赤ちゃんは体温調節が未熟なため身体に熱がこもりやすく、気温や湿度の影響を大きく受けるので、大人には我慢できる暑さでも赤ちゃんにとっては暑いこともあります。では、一体何度からエアコンをつけるべきなのでしょうか?

また、エアコンの冷気で赤ちゃんの体を冷やしてしまうのが心配だから、なるべく自然の環境で夏を乗り切りたい!とお考えの方もいらっしゃると思いますが、エアコンなしの環境で過ごす場合はどんなことに注意をしたらいいのでしょうか?

ここでは、赤ちゃんの熱中症を防ぐためにも知っておきたい、エアコンをつけるときの温度の基準、エアコンなしの慣用での過ごし方のポイントについてお話しします☆

Sponserd Link

赤ちゃんの様子を見ながら判断しよう!

肌着姿の赤ちゃん夏にエアコンをつけるときの目安のは「何度から」という温度で判断するのではなく、赤ちゃんが暑くないか?様子を見ながら判断することが大切です。

大人と赤ちゃんの体感には差があるので、赤ちゃんが汗をかいていたり、少しぐったりしているような時は、室温が26℃~28℃位になるようにエアコンを上手く利用していきましょう。

また、エアコンと扇風機などを併用して対流を起こし部屋全体の室温を一定にすると、高めの設定温度でも涼しく、また節電にもつながりますよ!

体感よりも、温度計を基準に!

夏にエアコンをつける目安は「何度から」という決まりはないので、赤ちゃん周りの温度を基準にエアコンをつけるべきか判断するようにしましょう。とは言え、室内の温度が異常に高いと脱水症状や熱中症の恐れもあるので、出来れば温度計は赤ちゃんのそばにおいて確認するのがベスト!

エアコンをつけるなら大人の体感よりも、赤ちゃんのそばにある温度計の方を基準に室温が28~30℃を上回ったら、エアコンをつけて調節するようにするのが◎また、エアコンをつける際には、赤ちゃんに直接冷気がかかると身体を冷やして風邪をひく原因にもなるので注意しましょう。

夏はエアコンを何度からつけるんだろう?極力使いたくないな、と思っているママは赤ちゃんの暑さ対策としてひんやり冷たい冷感マットがおすすめです☆

おすすめのひんやりマット

矢印アイコンベビー用ひんやりマットの人気ランキング

夏にエアコンなしの環境で赤ちゃんと過す時のポイント

椅子に座っている赤ちゃん「エアコンは赤ちゃんの体を冷やしすぎるから、使わないほうがいい」と年配の方から言われることもありますし、ママ自身もエアコンの冷気が嫌いという方もいらっしゃると思いますが、赤ちゃんはエアコンなしでも快適に過ごせるのでしょうか?

今は暑い夏にエアコンを上手に使って熱中症を予防することが推奨されています。もちろん、赤ちゃんをエアコンなしの環境で過ごさせることも可能ですが、大人よりも暑さに敏感で汗をたくさんかいてしまうので、暑さ対策が必要になってきます。

ここでは、夏にエアコンなしの環境で赤ちゃんを過ごさせる時のポイントと注意点を紹介します☆

暑さ対策グッズを活用!

赤ちゃんが夏に快適に過ごせる温度は26℃~28℃ですが、エアコンなしの環境の場合は午前中に気温が30℃を超えてしまう日も珍しくないですよね。

そんな時にエアコンなしの環境で過ごす場合は、まずは赤ちゃんに薄手で汗をしっかり吸い取る素材の夏物の服装をさせて、扇風機を回して空気を循環させるようにしましょう。

そして、赤ちゃん用の冷たくなりすぎないアイスノンや、水を含ませると冷感作用のあるタオルなどを赤ちゃんの首元に当てて、エアコンなしの環境でも暑くなりすぎないように対策をしてあげることが大切です。また、赤ちゃんは少し動いただけでも汗をかいてしまうので、こまめに着替えをさせてあげてくださいね!

ひんやりマットで快適な睡眠を☆

眠っている赤ちゃん

夏、エアコンなしで赤ちゃんが眠る場合、頭・背中から大量の寝汗をかいてしまうことも珍しくありません。汗をかいたままにしてしまうと汗疹の原因になるだけでなく、汗が冷えて体を冷やしてしまって風邪を引かせてしまうことにも繋がってしまいます。

そんな時は、赤ちゃん用の触るとひんやり冷たい繊維で作られたひんやりマットを敷いて寝かせてあげると、冷たい感触で赤ちゃんは気持ちよく眠ることができますよ!

ジェルタイプの大人が使うひんやりマットは冷感が強く、赤ちゃんには不向きなので、ひんやりマットを使う場合は必ず赤ちゃん用のものを選ぶようにしましょう!

熱中症を予防するためのポイント

夏の暑い時間帯にエアコンなしで赤ちゃんを過ごす時に気を付けたいのは、脱水症状と熱中症です。

赤ちゃんは大人と同じくらい汗をたくさんかくので、こまめに水分補給をしてあげないとすぐに脱水症状を起こしやすく、体温調節機能も未熟なので気温の上昇とともに自分の体温まで上がってしまうのです。

気温が30℃以上の日はエアコンを使って快適に過ごせる環境を作ってあげるのが一番ですが、やむを得ずエアコンなしの環境で過ごす場合は、赤ちゃんの水分補給と肌着の交換をこまめにすることと、暑さ対策をしっかりして熱中症を予防しましょう!