赤ちゃんがいる部屋の室温の適温は、夏は何度が最適?

暑い夏の時期は外出を控えておうちで過ごす赤ちゃんも多いと思いますが、室温の適温は夏は何度くらいがいいのでしょうか?

赤ちゃんは体温調節する機能が未発達のため、室内でも熱中症になる危険性があるので、 室温を赤ちゃんにとって快適な適温に保ってあげましょう。

ここでは、赤ちゃんが過ごしやすい夏の温度と環境づくりのポイントについて紹介します☆

Sponserd Link

夏の室温は26~28度が適温!

暑い夏の時期の大人の快適な室温と、赤ちゃんにとって快適な室温は違います。

赤ちゃんは室温に応じて体温が上下してしまうので、 室温が高すぎると熱がこもって体温が上昇し、逆に寒すぎると低体温になるので、適温を保つことが大切です。

夏の室温は外気温との差が5度以内、26~28度が適温とされているので、 エアコンを上手に使って赤ちゃんが過ごすお部屋を涼しくしてあげてくださいね。

赤ちゃんの過ごす部屋にエアコンをつけると冷えさせてしまうのではないか?と心配な場合は、夏用のスリーパーを着せてあげると、汗を吸い取り冷えを予防してくれるのでおすすめです☆

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

湿度もチェック!

室温を26~28度と適温にしていても、夏は湿度も高いので暑くて赤ちゃんが汗をたくさんかいて不快に感じる時もあります。

そんな時は、湿度にも注目しましょう。

赤ちゃんが過ごすお部屋の湿度は40~60%が適切と言われているので、 エアコンの除湿機能を使って湿度を調整してみると、湿度が下がって室温も適温になりだいぶ過ごしやすくなるのでおすすめです。

同じ部屋でも、エアコンの風向きや空気の溜まり方で、温度差・湿度差があるので、 温度計・湿度計は赤ちゃんが過ごす場所の近くに置いてあげましょう。

こまめに換気をしましょう!

笑顔の赤ちゃん

エアコンをつけて室温を適温に保っているからといって、部屋を閉め切って冷房をつけっぱなしはNGです。

室内の空気がこもってしまうため、2~3時間ごとに換気をして、新鮮な空気を入れるようにすることが大切です。

夏の猛暑は、赤ちゃんにとって過ごしにくい時期なので、エアコンを使って室温をうまく調整して、赤ちゃんにとって快適な適温と環境を作ってあげましょう!