笑顔の赤ちゃん

赤ちゃんは夏は肌着がびっしょり濡れるほどたくさんの汗をかくので、快適に過ごせるための肌着を選ぶことはとても重要ですが、赤ちゃん用の肌着の種類は色々とあって、どれを着せていいのか迷ってしまいますよね。

また、新陳代謝が活発な赤ちゃんはお肌が弱く汗疹にもなりやすいので、夏は汗をしっかり吸い取る素材の肌着が適していますが、どんな素材のものを選べばいいのでしょうか?

ここでは、暑い夏の季節におすすめの赤ちゃんの肌着の種類と素材、選び方のポイントについてお紹介します☆

Sponserd Link

夏の肌着は月齢に合わせて選びましょう!

赤ちゃんのための夏用の肌着は、月齢によって種類を変えて選ぶ必要があります。

3ヶ月頃までの新生児の赤ちゃんには、前で合わせる短肌着・コンビ肌着などの前開きができる種類の肌着、首が座ったら頭からかぶるボディ肌着を使用するのがオススメです。

暑い夏の季節は、お腹が出ない種類(コンビ肌着・ボディ肌着)なら肌着一枚で過ごすことも可能ですが、どんなに暑くても必ず肌着だけは着せておきましょう。

通気性が良くて吸水性に優れた夏物素材の肌着は、身体を冷やさないばかりか、汗疹対策にも一役かってくれますよ☆

綿100%のものが◎

赤ちゃんの夏用の肌着として一番おすすめの素材は「綿100%」でできた吸湿性・通気性に優れた素材の肌着です。

基本的に販売されている赤ちゃん用の肌着は綿素材の物が多いのですが、一言に綿素材といっても、生地の厚さや編み方などによって違いがあります。

夏の時期にオススメしたい肌着の素材は、ガーゼ、天竺、フライスなどのさらりとした「夏素材」と呼ばれている種類のものですが、それぞれの特徴を知って、赤ちゃんに合わせて使い分けていきましょう!

夏は冷房を使うことが多いので、お腹が出ないロンパース肌着がおすすめです☆

おすすめのロンパース

矢印アイコンロンパースの人気ランキング

色々な綿素材の種類と特徴

・ガーゼ素材
柔らかい平織りの生地で、目が粗く通気性に優れているのが特徴です。吸水性にも優れているので、汗をかきやすい夏の季節にこそ赤ちゃんにオススメの素材です。

・天竺素材
Tシャツなどに使われている平編みの生地で、薄手でさらっとした感触が特徴です。通気性に優れているので、夏の肌着やウェアにとても向いています。

・フライス素材
ふんわりと優しいリブ編みの生地で、さらりとした感触が夏用素材としてとても重宝しされています。天竺より少し厚めの綿素材で、伸縮性があるのも特徴です。

快適に過ごせる肌着を選んで夏を快適に!

赤ちゃんとママ

夏に赤ちゃんに着せる肌着には汗や皮脂汚れなどをキャッチし、デリケートな肌を守るという役割をもちます。

暑い夏の季節には、通気性と吸水性に優れた赤ちゃんの肌に優しい素材の肌着を用意して、汗をかいたら、こまめに着替えさせてあげることで、汗疹対策としても有効なばかりか、赤ちゃんにとっても快適な夏を過ごすことにつながるりますよ♪

赤ちゃんの夏用の肌着は色々な種類があるので、月齢に合わせて過ごしやすいものを選んであげるようにしましょう☆