寝ている赤ちゃん

夏になると夜も気温が下がらない熱帯夜が続き、エアコンを使わないと大人だけでなく赤ちゃんも寝苦しくて頭や背中に汗をたくさんかいたり、寝ぐずりをするようになってしまいますよね。

そんな時は無理せずにエアコンを上手に使うことで、赤ちゃんも大人も快適に朝までぐっすり眠ることができますが、温度設定は何度くらいにしたらいいのでしょうか?

また、朝までエアコンをつけっぱなしにする場合、赤ちゃんが寝冷えをしないためにはどんな対策方法があるのでしょうか?

ここでは、夏の夜のエアコンの上手な使い方のポイントと寝冷え防止対策方法について紹介します☆

Sponserd Link

28度設定でタイマー3時間がベスト!

夜になって昼間ほど気温が高くなくても暑いと感じる時は、大人より暑がりな赤ちゃんは暑くて不快に感じているので、ゆっくり快適に寝かせてあげるためにもエアコンを使うのがおすすめです。

とは言え、夜から朝までエアコンをつけっぱなしにするのは空気が乾燥したり、赤ちゃんの体が冷えすぎてしまうことがあるので、28度設定でタイマーを3時間くらいを目安に設定しましょう。

赤ちゃんが布団を蹴り飛ばしてしまうから、夏の夜にエアコンをつけるのは心配・・・という場合は、ベストタイプのスリーパーを着せてあげると布団を蹴ってもお腹がでないので寝冷えの心配がないので安心です☆

ひんやりマットと併用で快適に!

寝ている赤ちゃん

暑い夏の夜は、エアコンを26~28℃設定にして使っても赤ちゃんが寝苦しそうな時もありますよね。

だからと言って、設定温度を26℃以下に下げてしまうと、体温調節が苦手な赤ちゃんは急に体温が下がって体が冷えてしまいます。

そんな時は、冷感触のひんやりマットを敷いてエアコンと併用することで、暑い夏の夜もより一層快適に眠ることができるのでおすすめです☆

おすすめのひんやりマット

矢印アイコンひんやりマットの人気ランキング

夜中に暑くて目を覚ましてしまったら?

夏の夜は24時を過ぎた頃からだんだん気温が下がってきますが、エアコンのタイマーが切れて暑くなって赤ちゃんが目を覚ましてしまうこともあると思います。

そんな時は、赤ちゃんが汗をかいていたら面倒でも着替えさせてから、またエアコンのタイマーを1~2時間かけて寝かせてあげましょう。

汗をかいたままエアコンをかけてしまうと汗が冷えて風邪をひかせてしまう原因にもなるので、夜寝る時は枕元に赤ちゃんの着替えを準備しておくとサッと着替えができるのでおすすめです☆