熱を出している赤ちゃん

赤ちゃんが夏風邪を引いてに発熱があると、ただでさえ気温が高く暑いのに熱も高くて、それだけでママは心配になりますよね。

しかも、熱がなかなか下がらないとなると、脱水症状の恐れもあるので、早く熱を下げて上げたいものです。

このように、夏風邪で赤ちゃんの熱がなかなか下がらない時は、まず体力の消耗を抑えてゆっくり休ませて上げることが大切です。

ここでは、赤ちゃんが夏風邪で熱が下がらない時の対処法と、注意したいポイントについてお話しします。

Sponserd Link

安静にして、体を休ませることが大切!

気温が高い時期は、ただでさえ汗をたくさんかき赤ちゃんは体力を消耗してしまうので、夏風邪を引いて熱が下がらない時には、何よりも安静にして睡眠を取らせてあげるのが一番大切なことです。

また、手や足が冷たいうちは熱がまだ上がりきっていないので、体は冷やさず温め、熱が上がりきったらアイスノンや保冷剤などを使い、体を冷やしてあげましょう。

また、脇の下や足の付け根など、太い血管が通っている場所がを冷やして上げると、血液が体を回ることにより、体温が下がりやすくなり、熱が下がらない時に効果を発揮してくれます。

ただし、赤ちゃんにアイスノンを使う場合は、大人用だと冷やしすぎてしまうので、優しい冷たさの赤ちゃん用のアイスノンを使用するようにしてくださいね!

おすすめのベビー用アイスノン

矢印アイコンベビー用冷却剤の人気ランキング

室内環境を整えて、体力の消耗を防ごう!

また、夏風邪を引いて熱が下がらない時には、冷房を使うなどして、適切な室内環境を心がけることも重要になってきます。

赤ちゃんに熱がある場合、室温が高いままだと体力の消耗が激しくなってしまうので、エアコンを26~28℃設定にして、風が直接赤ちゃんに当たらないようにし、熱があるからといって、冷やし過ぎることのないよう気を付け、ゆっくり休めるように環境を整えてあげましょう!

また、熱があると水分が失われるスピードが速くなるので、こまめに水分補給をすることも忘れないようにすることも大切です。

それでも熱が下がらないときは、すぐに病院へ!

赤ちゃんが病院で検査

冬に赤ちゃんが風邪を引くと、急いで病院にかけこんでいたのに、夏風邪の場合はしばらく家で様子を見ようかな?と思ってしまいがちですよね。

夏風邪は、3~4日位は、熱があっても当然なのですが、発熱がそれ以上続いて熱が高いまま場合には、細菌性感染症の可能性がありますので、病院で診察を受け、適切な処置をしてもらうようにしましょう。

細菌性感染症の場合、診察を受けると、抗生物質を処方されますので、治りも早くなりますし、熱が高く食欲もないなら、解熱剤を貰い一時的に熱を下げ、食事をとることもできるので、早めの体力回復に繋がりますよ!

赤ちゃんの夏風邪で熱が下がらない時には、体力の消耗を抑えてゆっくり休ませ、それでもなかなか下がらない場合は病院を受診し、迅速に熱を下げて上げるようにしてくださいね!