夏の過ごし方

赤ちゃんがと過ごす夏の室温は何度が最適?服装は何がいい?

寝ている赤ちゃん

暑い夏の時期は外出を控えておうちで過ごす赤ちゃんも多いと思いますが、室温の適温は夏は何度くらいがいいのでしょうか?また、夜寝るときの室温は何度が快適に寝かせてあげることが出来るのでしょうか。

近年の夏はとても暑く、ましてや体温調節機能が未発達の赤ちゃんは室内でも熱中症になる危険性があるので、 エアコンを使って室温を過ごしやすい適温に保ってあげることが大切です。

ここでは、赤ちゃんが過ごしやすい夏の温度と環境づくりのポイントについて紹介します☆

夏の室温は26~28度が適温!

レッグウォーマーを履いている赤ちゃん暑い夏の時期の大人の快適な室温と、赤ちゃんにとって快適な室温は違います。赤ちゃんは室温に応じて体温が上下してしまうので、 室温が高すぎると熱がこもって体温が上昇し、逆に寒すぎると低体温になるので、適温を保つことが大切です。

夏の室温は外気温との差が5度以内、26~28度が適温とされているので、 エアコンを上手に使って赤ちゃんが過ごすお部屋を涼しくしてあげてくださいね。

赤ちゃんの過ごす部屋にエアコンをつけると冷えさせてしまうのではないか?と心配な場合は、夏用のスリーパーを着せてあげると、汗を吸い取り冷えを予防してくれるのでおすすめです☆

おすすめの夏用スリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

湿度も確認しよう!

室温を26~28度と適温にしていても、夏は湿度も高いので暑くて赤ちゃんが汗をたくさんかいて不快に感じる時もあります。そんな時は、湿度にも注目しましょう。

赤ちゃんが過ごすお部屋の湿度は40~60%が適切と言われているので、 エアコンの除湿機能を使って湿度を調整してみると、湿度が下がって室温も適温になりだいぶ過ごしやすくなるのでおすすめです。

同じ部屋でも、エアコンの風向きや空気の溜まり方で、温度差・湿度差があるので、 温度計・湿度計は赤ちゃんが過ごす場所の近くに置いてあげましょう。






*関連記事  赤ちゃんの虫さされがアズノール・キンダベートで治らない時の対処法

 

夏に赤ちゃんが寝るときの室温は何度が適温?

暑い夏は日中だけでなく、日が落ちた夜も蒸し暑く感じますよね。大人でさえ寝苦しい夏の夜は、体温の高い赤ちゃんはもっと寝苦しくて夜中に何度も泣いて起きてしまう場合もあるので、寝るときの室温を調整する必要がありますが、何度が最適なのでしょうか?

また、蒸し暑い夏の夜はついつい赤ちゃんを薄着で寝かせてしまいがちですが、どのような服装をさせるのがいいのか?迷ってしまいますよね。ここでは、赤ちゃんが夏に寝るときの室温と服装、快適な環境づくりのポイントについて紹介します☆

寝るときに快適な室温も26~28度

寝ている赤ちゃん夏の夜に赤ちゃんが寝るときの室温は26~28度が適温とされていますが、室温が適温でも寝るとき暑くて不快に感じる場合は、湿度を調整してあげるとだいぶ過ごしやすくなりますよ。

赤ちゃんは体温調節機能が未発達のため、室温によって体温が高くなったり、低くなったりするので 大人が快適な室温でも赤ちゃんは冷え過ぎてしまうこともあるので、夏の夜寝るときにまだ暑いからといって、エアコンをガンガンつけて冷やすのは赤ちゃんにとって負担となるので、26~28℃設定にとどめるようにしましょう。

冷感アイテムの併用が◎

26~28℃設定では暑い!と感じるかもしれませんが、赤ちゃんのためだけでなく節電にもなるので、赤ちゃん用の冷感マットを敷いた上に寝かせてあげたり、アイスノンをタオルで巻いたり工夫するようにしてみてください。

まず室温を調整してから冷感アイテムを使うと、より一層効果が高まりぐっすり寝かせてあげることができますよ☆

おすすめのひんやりマット
矢印アイコンひんやりマットの人気ランキング

エアコンはつけっぱなしOK?

エアコンの前にいる赤ちゃん夏の夜、寝るときはエアコンをタイマーにしているママも多いと思いますが、エアコンをつけっぱなしにしていると電気代もかかるし、赤ちゃんが風邪をひいてしまうかもと心配ですよね。

エアコンが止まった時に赤ちゃんが起きてしまうようであれば、エアコンをつけっぱなしにしてあげた方がいいでしょう。ただし、エアコンの温度設定はを28度ぐらいにして、扇風機を併用したりしながら冷えすぎないように注意しましょう。

室温が高い場合は脱水症状に注意!

夏の夜、室温が高い場合は赤ちゃんは寝汗をたくさんかき、体内から水分がどんどん奪われてしまうので脱水症状を起こしやすいので注意が必要です。

わざわざ起こしてまで水分補給をさせる必要はありませんが、赤ちゃんが夜中に目を覚ましたらすぐに水分補給をしてあげられるように、枕元に準備しておくと安心です。

水分補給として与えるものは、ミルク育児の場合は麦茶や白湯、母乳育児の場合は母乳を与えるようにしましょう!






*関連記事  夏の夜、窓を開けたままで赤ちゃんを寝かせて平気?扇風機の使い方

冷えは厳禁!つなぎタイプでお腹を守ろう☆

ロンパースを着ている赤ちゃん夏の夜、気付いたら赤ちゃんが布団をかけていない!布団から体が半分はみ出してしまってる!パジャマがめくれてお腹が出てしまっている!なんてこと、よくありますよね。

そんな暑い夏の夜の赤ちゃんの服装は、エアコンを使って室温を26~28℃に下げている時は、肌着+ロンパースなどのパジャマ、エアコンを使わない場合はお腹が出ないボディスーツなどの肌着だけで寝かせても大丈夫です。

更にその上に夏用のスーパーを着せてあげると、朝方冷え込んだ時に赤ちゃんが布団をかけていなくても寝冷えをする心配がないので安心ですよ☆

おすすめの夏用スリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

着替えがしやすい、前開きタイプがおすすめ!

蒸し暑い夏の夜は、夜中に不快感で起きてしまう赤ちゃんも多いと思います。赤ちゃんはもともと大人より体温が高く、体温調節機能も未発達で 汗もたくさんかくので、夜中に暑くて目が覚めてしまったり、のどが渇いてしまったりしやすいのです。

汗をかいたまま放っておくと、湿疹や風邪をひく原因にもなるので、 もし赤ちゃんが夜中に起きてしまったときは汗をかいていないか確認し、かいているようであれば着替えさせてあげましょう!

そのとき、赤ちゃんが寝ている状態でも手早く着せることができるので、着替えをしやすい前開きの服装がおすすめです☆






*関連記事  赤ちゃんが夏の夜に起きるのは暑いから?色々な原因と効果的な対処法

エアコンを上手に使って快適に☆

寝ている赤ちゃん赤ちゃんにエアコンの冷気はよくないから、暑い夏の夜でも極力使いたくない!と考えているご家庭もありますが、一番大切なことは赤ちゃんが快適に眠れる室温の環境を作ってあげることです。赤ちゃんが夜中に何度も目を覚ましてしまうと、パパやママも疲れがたまってしまって夏バテしやすくなってしまいます。

気温が高いままの熱帯夜は、いくら服装を薄着にさせて扇風機で風を送っても寝苦しさは変わらないので、エアコンを26~28℃設定で2時間程度つけてあげるだけで、赤ちゃんは寝ぐずりせずに寝てくれますよ!

エアコンを使いたくない場合はどうする?

夏の夜は室温が高くて寝苦しいけど、冷房が苦手だから極力エアコンを使いたくない!という場合は、窓を開けて扇風機でお部屋の中の風邪を巡回させましょう。扇風機では室温を下げることはできませんが、首振り機能を使って適度に赤ちゃんに風が当たるようにするのが◎

ただし、夜中~朝方にかけては急に外気が冷え込み、冷たい空気が窓から入り込んできて室温もぐっと下がってきますので、薄手の服装のままだと寝冷えをしてしまう恐れがあるので、スリーパーでお腹を守る余蘊してあげて下さいね!

赤ちゃんが快適に過ごせる服装と環境を整えて、暑い夏の夜を乗り切りましょう!