NewサイトOpen★月齢別お世話のポイント・悩みの解決方法を紹介!
冬の過ごし方

冬に赤ちゃんが布団を蹴る時の対処法と寝具・パジャマの選び方

布団で寝ている赤ちゃん

冬の夜はぐっと気温が下がって寒くなるので、赤ちゃんの体を冷やして風邪をひかせないように!と神経をとがらせて温かくしてあげているご家庭も多いのではないでしょうか。

特に夜寝るときは、夜中~朝方にかけて気温が下がるので、寝冷えをしないか?心配になって、暖かい服装をさせたり、厚手のお布団をかけてあげたりしているのに、気づいたら布団を蹴るので困ってしまうことも多いですよね。

また、冬はどんな寝具を使ったらいいのか?パジャマは何を着せたらいいのか?など、赤ちゃんを暖かく快適に寝かせてあげるために悩んでしまうことがたくさんありますよね。ここでは、冬に赤ちゃんが布団を蹴るときの対処法と、ぐっすり寝かせてあげるために準備しておきたいアイテム、環境の整え方のポイントについて詳しく紹介していきます!

【冬】赤ちゃんが布団を蹴る理由と対処法

布団で寝ている赤ちゃんせっかく寒い思いをさせずに快適に眠れるように暖かい服装をさせて、暖かいお布団をかけて寝かせてあげたのに、布団を蹴ってしまう…その理由は、赤ちゃんが暑くなりすぎてしまっているからです。

赤ちゃんは体温が高く暑がりなので、実は大人が思うより冬でも寒くないのです。それなのに、暖かい服装をさせられて、さらに暖かいお布団をかけられてしまうと、体内に熱がこもりすぎてしまい、布団を蹴るのです。

また、赤ちゃんは手足からも熱を放出させて体温調節をしているので、寒い冬でも赤ちゃんが布団を蹴る時は、熱がこもりすぎて暑くなっているサイン!ということを覚えておくようにしましょう!

スリーパーで賢く寝冷え防止&体温調節

スリーパーを着ている赤ちゃん最近人気の「スリーパー」は、冬の赤ちゃんの寝冷えを防いで上手に体温調節をしてくれる、1枚持っていると年間を通して重宝するねんねアイテムとして注目を集めています。

スリーパーには色々な種類の物がありますが、ガーゼ素材でつくられたものなら、冬はもちろん年間を通して使うことができるので、とても重宝してくれますよ。

ガーゼ素材が◎

寒い冬にガーゼ素材だと寒いのでは?と思うかもしれませんが、5重・6重に重ねられたガーゼで作られたスリーパーは、通気性・吸湿性はもちろんですが、保温性も高くなっているので、冬も暖かく快適に寝かせてあげることができます。

スナップボタンで留めるベストタイプのスリーパーなら、寝相が悪くてすぐに布団を蹴る赤ちゃんでも脱げることがありませんし、万が一体が布団から出てしまっても寒さから守ってくれるので寝冷えの心配がないので安心ですよ☆
おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

新生児の赤ちゃん
冬、赤ちゃんには布団の中でスリーパーを着せる?布団は何枚かける?冬になると気になるのが、赤ちゃんや子供の寝冷えですよね。 きちんとお布団の中に手足を入れて寝かせたのに、気づいたら手足がお布団から...

冬の赤ちゃんの寝具は、かけ過ぎに注意!

布団で寝ている赤ちゃん先ほど紹介したように、冬に赤ちゃんが布団を蹴る理由の1つとして、かけてあげているお布団が厚すぎる、または何枚もかけすぎているということがあるので、使っているお布団を見直してみましょう。

お住まいの地域の寒さにもよりますが、基本的に赤ちゃんの冬のお布団は肌毛布+綿布団の2枚で大丈夫です。それだと寒すぎるのでは?と感じる場合は、タオルケットやバスタオルを1枚追加してあげれば大丈夫です。

また、大人の冬の定番のお布団は暖かい羽毛布団ですが、赤ちゃんに使うと熱がこもりすぎて体温が高くなり、汗をたくさんかいてしまったり、顔に覆い被さった時に重くて窒息してしまう可能性があるので使用しないようにしてくださいね。




*関連記事  冬の赤ちゃんの服装・肌着の室内・外出時別の選び方のポイント

冬、赤ちゃんにパジャマは何を着せたらいい?

布団で寝ている赤ちゃん春~夏にかけては薄手のロンパースや甚平など、赤ちゃんのパジャマの種類が豊富にありますが、冬はパジャマとして一体何を着せてあげたらいいのか?悩んでしまいますよね。

赤ちゃんは体温が高く、寝ている時も体から熱を放出するので薄着の方がいいとされていますが、さすがに冬にパジャマとして甚平やロンパースを着せる訳にはいかないですよね。

一般的に冬用のパジャマというと、長袖・長ズボンのセットアップのものをイメージしますが、上下が分かれたパジャマのサイズ展開はほとんどのものが80cm~なので、それまでの50-70cmのサイズの赤ちゃんにはカバーオールをパジャマとして着せてあげるのがおすすめです。

コンビミニのパジャマはサイズ・種類が豊富!

肌着姿の赤ちゃん普段使いにしているものをパジャマ用と決めて着せてあげるのもいいですし、パジャマとして販売されているカバーオールを着せてあげてもOKです。

なかなか70cmのパジャマが見つからないという時は、サイズ展開・デザインが豊富なコンビミニがおすすめなので、チェックしてみて下さいね!

《コンビミニ》ボディオールパジャマ(星)70/80

お星様柄をパステルトーンのバイカラーと組み合わせて上下セパレートのようなデザインのオーバーオールです。すやすや眠るシロクマさんがポケットのアクセントになっています。

とても柔らかい超柔綿スムース素材でなめらかな肌ざわりです。

《コンビミニ》あったかボディオールパジャマ(イチゴ)70/80

可愛らしいお花を咲かせた大きなイチゴがいっぱいで、やさしい色合いのパステルトーンです。

柔らかくてふんわりとした肌触りのニットキルトが、女の子を夢の世界へ誘ってくれるパジャマです。

矢印アイコン【コンビミニ】ベビーサイズのパジャマ一覧はこちら

暖房を上手に使って、快適に寝かせてあげよう!

寝ている4ヶ月の赤ちゃん赤ちゃんが布団を蹴るもう1つの理由が、室温が高すぎるということがあります。冬は暖房を使ってお部屋を暖めますが、赤ちゃんが寝るときも暖房をつけっぱなしにしてしまうと、赤ちゃんが暑くなりすぎてしまいますし、空気が乾燥してお肌がカサカサになってしまったりしてしまいます。

暖房をつけないと寝室が寒すぎるし、お布団も冷たくなっていて赤ちゃんが可哀けてお部屋を暖めておき、寝かし付けが終わったら暖房を切るようにしてあげれば、赤ちゃんは快適に眠ることができます。

また、夜中~朝方にかけて室温が下がって冷えてしまわないか心配な場合は、スリーパーを着せてあげれば朝まで暖かくぐっすり眠らせてあげることができますよ!

いかがでしたか?冬に赤ちゃんが布団を蹴る理由は暑くなりすぎているから!という事なので、寝るときの服装や環境を見直して、快適に眠れるようにしてあげてくださいね☆