離乳食を食べている赤ちゃん

赤ちゃんに離乳食を与えている時にじっと椅子に座らなくて困っているママはとても多く、何とかして座らせたい!!と試行錯誤しているのではないでしょうか。

そんな時は、まずは赤ちゃんが椅子に座らない理由を考えてみてから対策をしていきましょう。

ここでは、赤ちゃんが離乳食中に椅子に座らない時におすすめの対策と改善方法を紹介します☆

Sponserd Link

椅子に座らないのなぜ?

離乳食期の赤ちゃんは自分の近くにある色々な物に興味津々で、まだ1つのことに集中することが難しい月齢でもあるので、まずは赤ちゃんに離乳食を与えている環境を見直してみましょう。

おもちゃが近くに合ったりテレビをつけっぱなしにして食事を与えると、離乳食に集中出ずに椅子に座らないのも当然と言えば当然です。

おもちゃも片づけてテレビを消しても赤ちゃんが椅子に座らない場合は、足が床につかず立ち上がることができないテーブルチェアがおすすめです。

テーブルチェアなら必然的に椅子に座らないといけないので、赤ちゃんは離乳食に集中できるようになるだけでなく、ママと目線が合いやすい高さなので食事の楽しさを覚えてくれますよ☆

おすすめのテーブルチェア

矢印アイコンテーブルチェアの人気ランキング

椅子嫌いにさせていませんか?

赤ちゃんが椅子に座らない、離乳食を食べてくれない、と悩んでいるママの中には、ベルトで赤ちゃんを椅子に無理矢理座らせて離乳食を与えてしまうケースもあるようです。

でも、椅子に座らないからと言って無理矢理椅子に座らせるのは逆効果で、赤ちゃんは椅子も離乳食も嫌いになってしまう可能性もあります。

まずは、食事に集中できる環境づくりと椅子選びをして、焦らずゆっくり赤ちゃんに離乳食を与えて「食事は楽しい!」ということを教えてあげるようにしましょう☆