赤ちゃん 椅子 食事 足がつく椅子に座っている赤ちゃん

赤ちゃんが食事の時に座る椅子には、ハイチェア・ローチェア・テーブルチェアなど色々な種類がありますが、選ぶ時に「足がつくかどうか」をチェックするようにしましょう。

足がつく椅子に座らせて食事をさせると踏ん張りがきくので噛む力が増すだけでなく、姿勢が良くなったり集中力が増したり、赤ちゃんの成長にとっていいことが沢山あります。

ここでは、おすすめの赤ちゃんが食事の時に座る足がつく椅子を紹介します☆

Sponserd Link

足がつく椅子とつかない椅子の違いって何?

赤ちゃんが食事の時に座る椅子はご家庭の環境によって様々ですが、大きく分けると床や台の上に足がつく椅子とつかない椅子の2種類に分けられます。

ハイチェア・ローチェアなどの食事用の椅子は足を置く台の高さを調整できるものがありますが、テーブルチェアやバンボなどのソフトチェアは足はブラブラした状態になります。

 赤ちゃんが食事をするときは集中力が続かず、遊びながら食べたりしてしまうので食べ終わるまでに時間がかかってしまうものです。

足がつく椅子がおすすえめなのは、踏ん張れるので体が安定して姿勢がよくなり、食事に集中できると言われています。

それだけでなく、足がつく椅子でしっかり噛んで食事を摂ることで脳に刺激が与えられて、記憶力が増したり歯並びがよくなるとも言われています。

赤ちゃんが椅子に座って食事に集中してくれない、とお悩みのママは、一度椅子を見直してみことをおすすめします☆

おすすめの足がつく椅子

矢印アイコン足がつく椅子の人気ランキング

足がつかない椅子はダメなの??

とは言え、テーブルチェアやバンボなどの足がつかないタイプの椅子はダメ!という訳ではありません。

どこでも使えるテーブルチェアはとても便利な椅子ですし、バンボなどのソフトチェアも月齢が小さい赤ちゃんにも使えてママが助かる椅子です。

ただし、足をブラブラさせて食事に集中できない様子の時は、足のつく椅子に座らせてあげることで食事に集中できるようになることがあります。

赤ちゃんの食事の様子が気になるようでしたら、一度足がつくタイプの椅子を試してみるのがおすすめです☆