熱が出たときや、暑い季節に赤ちゃんが寝汗をかいていると、とても寝苦しそうで可哀想ですよね。

そんなときに便利なアイテムが、頭を冷やすアイスノンですが、赤ちゃんにはいつから使って大丈夫なのでしょうか?

また、発熱時などどうしてもアイスノンを使わなくてはいけない時に嫌がってしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

ここでは、赤ちゃんの熱・暑さ対策に有効な、アイスノンの上手な使い方と使用時の注意点を紹介します☆

Sponserd Link

アイスノンはいつから使えるの?

アイスノンは冷凍庫で凍らせていて冷たいもののため、体温調節ができない赤ちゃんには不向きなように感じてしまいますが、使い方さえ間違わなければとても便利なアイテムです。

いつから使用できるのかと言うと、おおむね生後3カ月ごろから使用できます。

でも、1歳までは体温調節機能が未熟なため、気を抜くと赤ちゃんの体が冷えきってしまいますので、アイスノンで頭や体を冷やすなら、決して目を離さないようにしましょう。

また、冷たく固まらなくて優しく冷やしてくれる、赤ちゃん専用のアイスノンもあるので、急な発熱時に備えて冷凍庫に入れておくのもおすすめです!

おすすめのベビー用アイスノン

矢印アイコンベビー用冷却剤の人気ランキング

アイスノンの安全な使い方

1歳を過ぎれば体温調節機能もだいぶ成長し、冷たくて嫌だと感じれば自分で避けることができますのが、それまではアイスノンを使う場合には安全に使うための注意が必要です。

アイスノンを直に使うのは危険ですので、必ずタオルを巻いて適度な冷たさであることを確認してからがよいでしょう。

また、アイスノンを使用するときは、頭の上や額ではなく、首の下や辺りに当ててあげましょう。額に置くとずれて窒息につながる場合もあるため、気を付けるようにしてくださいね!

嫌がるときは使わないようにしましょう!

頭を抱えている赤ちゃん

アイスノンは、発熱時はもちろん寝汗対策にも便利ですが、赤ちゃんが嫌がるようであれば、無理に使用する必要はありません。

そのような場合には、衣服や空調で室内環境を調整して、体感温度を少しでも涼しくしてあげるのが良いでしょう。

いつから赤ちゃんにアイスノンが使えるか?も大切ですが、使用方法を正しく守り、赤ちゃんを冷やしすぎないように細心の注意を払って使用するようにしてくださいね!