赤ちゃんに夏は布団にひんやりマットを使っても大丈夫?近年、夏になると布団の上に敷くタイプのひんやりマットが人気なので、お持ちの方も多いと思いますが、赤ちゃんに使っても大丈夫なのか?気になりますよね。

ひんやりマットには大きく分けて冷感素材で作られたタイプと、ジェルで作られた2つのタイプがありますが、ジェルで作られたタイプはより冷たさを感じるので、赤ちゃんが冷えすぎてしまう恐れがあるので使うのは避けましょう。

赤ちゃん用の優しいつめたさのひんやりマットなら、冷えすぎる心配はなく快適に眠れますよ!ここでは、夏の赤ちゃんのお布団に最適な冷感マットの選び方のポイントと注意点を紹介します☆

Sponserd Link

赤ちゃんに使えるひんやりマットとは?

色々なタイプのひんやりマットが販売されていますが、デリケートな赤ちゃんを快適に眠らせてあげるためには、赤ちゃん専用のものを使ってあげましょう。

大人用のひんやりマットはジェルタイプが主流ですが、体温調節機能が未熟な赤ちゃんに使うと冷えすぎて体調を崩してしまうことがあるので、赤ちゃん用の接触冷感素材で作られたひんやりキルトパットがおすすめです。

夏は赤ちゃんは寝ているだけでも汗だくになってしまうので、布団の上にさっと敷くだけで快適なひんやりマットが大活躍してくれます。もちろん吸湿性も高く、洗濯機で洗えてすぐに乾くので、夏の寝苦しい夜におすすめです☆

おすすめのひんやりマット
矢印アイコンベビー用ひんやりマットの人気ランキング

選び方のポイントと注意点

赤ちゃんは暑がりだから大人が使っているジェルタイプのひんやりマットでもいいのでは?と思いがちですが、汗がすぐに冷えてしまい体をひやして夏風邪の原因になってしまいます。赤ちゃんのためのひんやりマットは、吸湿性・通気性に優れて布団に敷くだけで使えるタイプのものを選ぶことで、快適に安心して眠らせてあげることができますよ!

また、ひんやりマットと併せて冷感素材で作られたガーゼケットを使うと、寝苦しい夏の時期でも赤ちゃんが布団でぐっすり眠れるのでおすすめです☆

ひんやりマットを使っても汗を確認しよう!

お昼寝ひんやりマットがあれば赤ちゃんを快適に眠らせてあげることができますが、布団の上に赤ちゃん用のひんやりマットを敷いて寝かせても、夏は赤ちゃんは汗をたくさんかきます。

汗をかいたままにしてしまうと、ひんやりマットの冷感効果で汗が冷えてしまう恐れもあるので、赤ちゃんが寝汗をかいているようなら肌着を交換してあげましょう。

また、寝苦しい夏にひんやりマットは大活躍してくれますが、布団の上に敷きっぱなしにしておくと気づいたらカビが生えてしまった!なんてこともありますので、こまめに天日干しをして清潔に保つようにしましょう☆