汗取りパッドをつけている赤ちゃん

汗をかきやすい赤ちゃんは、夏は更にたくさんの汗をかきますが、特に汗をかきやすく、汗疹になりやすいのが背中です。

赤ちゃんは大人の2倍以上の汗をかくため、気をつけてこまめに服を着替えさせてあげていても、気づいたら背中が汗だく!なんてこともよくありますが、そんな時にオススメなのは、汗取りパッドを背中に入れておいてあげることです。

でも、汗取りパッドって本当に必要なのか?わざわざ買ってまで使うのかな?と、悩む方もいるのではないでしょうか?

ここでは、汗取りパッドの使い方のポイントと、メリットとデメリットについてお話しします。

Sponserd Link

「汗取りパッド」とはどんなものなの?

汗取りパッドとは、赤ちゃんの背中の肌着の間に挟んで、汗を吸収するためのパッドで、吸湿性の高いガーゼ素材で出来ているものがほとんどです。

使い方はとても簡単で、赤ちゃんの背中にパッドを挟み。汗をかいたら首元からさっと抜き取ることが出来るので、背中を常に清潔に保つことができ、汗疹の予防に効果を発揮してくれます。

また、こまめに着替えさせるのが大変な就寝時や、お出かけの時にも、汗取りパッドを挟んでおくだけで、さっと交換することができるのがとても便利なので、汗をたくさんかく春~夏の時期に大活躍してくれるアイテムです☆

ねんね期の赤ちゃんに!大活躍

寝ている赤ちゃん

汗取りパッドは、特にねんね期の赤ちゃんにこそ必要なアイテムと言っても良いでしょう。ねんね期の赤ちゃんは、特に背中をかきやすく、かといって背中の汗をこまめに拭き取ってあげるのはとても大変なことです。

そんな時に、汗取りパッドで汗を吸収し、こまめに取り除けば、汗疹対策にもなりますし、着替えが困難な外出時にもとても重宝します。

もちろん、ガーゼやタオルでの代用も可能ですが、形が正方形のため、ゴワゴワしてしまう場合があります。使用期間は短くても、とても便利なアイテムであることには変わりありませんので、購入を検討してみるものオススメですよ♪

寝汗対策にも大活躍!

赤ちゃんにおすすめの夏の夜の汗対策のポイントと注意点

赤ちゃんは、寝入る時にいつの以上の汗をかきますが、その汗をそのままにしておくと、寝汗で汗疹が出来てしまったり、不快で睡眠が浅くなり、途中で目が覚めてしまうこともあります。

とは言え、やっと眠ったのに、着替えさせるのは…と思ってしまいますが、そんな時には、汗取りパッドを使って、背中のベタベタだけでも解消させてあげましょう!

汗取りパッドを背中と肌着の間に一枚挟んで、しっかりと眠りについたら、さっと抜き取ってあげれば、寝汗対策にもなりますし、赤ちゃんも気持ち良く眠ることが出来ますよ♪

チャイルドシートによる蒸れ対策にも!

チャイルドシートに座っている赤ちゃん

赤ちゃんは、外出時チャイルドシートの着用が義務づけられています。しかし、車内はエアコンをつけて涼しくしているにも関わらず、チャイルドシートに乗っている赤ちゃんは、背中に汗をかいてしまいますよね。

チャイルドシートにのると、背中が密着し、風の通りが悪いので、汗をかきやすく、目的地に着いたことには汗でぐっしょりなんてことも…

しかし、外出時に肌着を着替えさせるのはとても億劫…そんな時にも汗取りパットはサッと向きとるだけなのでオススメです☆

おすすめの汗取りパット

矢印アイコン汗取りパットの人気ランキング

汗ばむ季節は有効活用しよう☆

ママに抱っこされている赤ちゃん

汗取りパッドは、薄く乾きやすいのも利点です。外出時やお休み時などの着替えが出来ない時はもちろん、梅雨時期の洗濯物が乾きにくいときに使用するのも◎

汗取りパッとのメリットは、何よりも汗をかいても着替えさせる手間がかからないことにあり、また、とても薄いいので乾きも良く、そこまでかさ張ることもないので、お出かけの時にポーチの中に1枚入れておくこともできますよ!

デメリットは、やはり小さな赤ちゃんの時にしか使用しないことにあり、そこまで値が張るものではありませんが、使用期間はそこまで長くはありませんので、本当に必要?いらないのでは?と思ってしまうこともあるようです。

意外とあると便利なアイテムなので、時と場合に合わせて有効活用していきましょう♪