おくるみに包まれている赤ちゃん出産準備リストの中に必ずと言っていいほど書かれている「おくるみ」は、赤ちゃんを冷えや紫外線から守ってくれる、とても便利なアイテムですが、「必要枚数は、一体何枚ぐらいあればいいの?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

また、どんな素材のどんなものが適しているのか?疑問に思うことがたくさんありますよね!

ここでは、おくるみを準備するときの必要枚数と、選び方・使い方のポイントについて紹介します☆

Sponserd Link

基本的に1枚あれば十分!

赤ちゃんを包むおくるみのサイズと、選ぶ時のポイント寒い冬には赤ちゃんを寒さから守り、暑い夏には強い日差しや紫外線からも守ってくれるおくるみは、赤ちゃんを包むアウターとしてはもちろん、寝かしつけやお昼寝中の肌掛けとして様々なシーンに利用できるため、持っていると何かと便利なアイテムです。

しかし、使用できるのは長くても6カ月ほどなので、おくるみの必要枚数は1枚あれば十分な枚数と言えますが、使用頻度が多いようならもう1枚、違うタイプのおくるみを購入するのもおすすめです。

おくるみには、素材の違うタイプ、1枚の布でできているスタンダードタイプのも、秋冬に活躍する足が分かれているタイプ、など色々なタイプのものが販売されているので、使用用途を考えて必要なタイプのものを選ぶようにしましょう!

季節や使用目的に合わせて枚数を揃えても◎

新生児の赤ちゃんにも冬用のアウターは必要?おくるみで代用する方法おくるみの必要枚数は、どの季節にそのような使い方をするかによっても変わってくるので、ご自身の生活環境や使用目的など考えて、枚数を決めるのもおすすめです。

例えば、冬の寒い時期は外出時におくるみを赤ちゃんの防寒用として使う事が多い場合は、洗い替えとして2枚欲しいところですが、あまり外出しないつもりなら必要枚数は1枚あれば大丈夫でしょう。

また、暑い季節に汗をかいて洗い替えが必要かな?と思ったら、季節や使用目的に合わせて2枚用意しておくのもオススメです。

おすすめのおくるみ

矢印アイコンおくるみの人気ランキング

使用頻度を考えながら準備しましょう!

新生児の赤ちゃんをおくるみで寝かしつける簡単な方法

赤ちゃんの寝かしつけに毎日おくるみを使うなど、使用頻度が高い場合には2枚以上持っていた方が便利ですし、自宅用・外出用と生地を変えて準備しておくのもおすすめです。

まだおくるみをどのように使用するかわからないという場合には、とりあえず1枚用意しておいて、必要に応じで買い足すようにしましょう。

おくるみは使い勝手が良くて便利なので、最低一枚は必要枚数として持っておくと、安心して赤ちゃんを迎えられるのでおすすめです☆