昔は、夏に赤ちゃんの過ごすお部屋でエアコンのつけっぱなしはよくない、と言われていましたが、今は逆にエアコンを使わずに暑い部屋で過ごす方が熱中症や脱水症状になる場合があるので危険だと言われていますよね。夏はエアコンを上手に使って快適に過ごさせてあげるのがおすすめですが、温度設定は何度が適温なのでしょうか?

また、エアコンのつけっぱなしで冷やしすぎは困るけど、何とか快適な環境を作りたい!という場合は、エアコンのドライ機能を使って湿度を下げて環境を整える方法がおすすめです。

ここでは、夏に赤ちゃんが快適に過ごせるエアコンの使い方と温度設定とドライ機能の活用法について紹介していきます☆

Sponserd Link

26~28度が快適な温度☆

ママと赤ちゃん赤ちゃんが夏に快適に過ごせる温度は26~28度なので、エアコンを使う時の温度設定も26~28度にするのが最適ですが、暑がりな赤ちゃんはエアコンの温度が28度設定だと暑すぎることもあるので、エアコンを付けてしばらく赤ちゃんの様子を見て、暑すぎず、寒すぎない快適な温度設定をするように心がけましょう。

エアコンをつけっぱなしにする場合も、26~28℃設定ならエコ運転で電気代も安く済みますが、赤ちゃんが暑そうにしているなら1~2時間だけ24~25℃に下げて、しばらくしてからもう1度26~28℃設定にするのがおすすめです。

朝晩は窓を開けて外気に触れさせよう!

とても暑い夏、エアコンを使わないと室内の温度は30度を余裕で超えてしまうので、体温調節が苦手な赤ちゃんは脱水症状を起こして熱中症になることも。かと言って、赤ちゃんが過ごすお部屋をエアコンをつけっぱなしにすると、空気が乾燥したり部屋が冷えすぎたりして風邪をひく原因にもなるので、朝晩の涼しい時間帯はエアコンは切って外気に触れさせてあげましょう。

赤ちゃんがいる場合はエアコンの温度を28度に設定して、吸湿性・通気性に優れたスリーパーを着せてあげると、夏のエアコンが効いた部屋でも冷えすぎずに快適に過ごせるのでおすすめです☆

おすすめのスリーパー


矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

熱帯夜の時はどうする?

寝ている赤ちゃん夏でも朝晩が涼しい時はエアコンをつけっぱなしにせずに赤ちゃんを外気に触れさせてあげることができますが、夜になっても気温が25度を下回らない熱帯夜の時はタイマーを上手に使いましょう。

24時を過ぎる頃には気温が下がってくるので、それくらいの時間までタイマーでエアコンをつけっぱなしにするのが夏の熱帯夜を快適に乗り切るポイントです。

エアコンを使う夏の夜の赤ちゃんが寝る時の服装は、吸湿性の高い素材の肌着の上にスリーパーを着せてあげると汗をしっかり吸い取りながら寝冷えを防げますよ!

夏はエアコンのドライが最適!上手な使い方のポイント

エアコン暑がりで汗かきな赤ちゃんが快適に過ごすため、夏は適度にエアコンを使うことが推奨されていますが、なるべく赤ちゃんに冷房を使いたくない、というご家庭もあるかと思いますが、猛暑の中エアコンを付けずに暑い部屋で赤ちゃんを過ごさせると熱中症になる恐れもあるので、エアコンのドライ機能を使って夏の暑さを乗り切る方法があります。

ドライ機能は、除湿+冷房の合わせ技の機能のことで、お部屋の湿気を取り除きつつ室温も下げてくれるので、湿気のないカラッとした環境を作ってくれます。ここでは、夏にドライ機能を上手に使って赤ちゃんを快適に過ごすためのポイントを紹介します☆

エアコンのドライ機能と冷房の違いとは?

一般的なエアコンには暖房・冷房・ドライ機能がついていますが、ドライ機能とは部屋の湿度を下げて快適に過ごせるようにしてくれる機能なので、夏に赤ちゃんが過ごすお部屋に使うと冷えすぎることがなく快適です。

ドライ機能は全く冷えないのか?と言うとそういう訳でもなく、エアコンの弱冷房と除湿を繰り返しながら部屋の湿度を下げていくので、真夏でも適度な温度と湿度を保てる優れた機能です。

とは言え、夏の暑い時間帯にドライ運転だけだと部屋の温度があまり下がらず、赤ちゃんは不快に感じてぐずってしまうこともあるので、お昼寝など寝るときには触れると冷たく感じるひんやりマットに寝かせてあげるのがおすすめです☆

おすすめのひんやりマット

矢印アイコンベビー用ひんやりマットの人気ランキング

上手な使い方と注意点

スリーパーを着ている赤ちゃんエアコンのドライ機能は除湿と冷房を繰り返しながら湿度を下げていくので、冷房をつけっぱなしにするよりも実は電気代が一番高いということは意外と知られていないことかもしれません。

冷房で赤ちゃんを冷えすぎが心配だから、と言って夏にドライ機能ばかり使っていると電気代の請求額が高くなって驚いた!という話もよく聞くので注意も必要です。

夏の暑さを上手に乗り切るためには冷房・ドライを上手に使い分けることと、冷えすぎが心配ならスリーパーを着せて赤ちゃんの体温調節をすることがおすすめです☆

エアコンの設定温度に気をつけよう!

エアコンにはドライ機能もありますが、冷房と除湿の組み合わせの運転方式なので湿度だけでなく温度も多少下がるので、ドライ運転を使う時は温度設定も注意しましょう。

夏はエアコンを使わないと室内の温度は30度以上になってしまい、赤ちゃんにとって不快で過ごしにくい環境になってぐずるだけでなく、脱水症状や熱中症の危険もあります。

大人は多少の暑さなら我慢ができますが、赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟で気温の上昇とともに体温まで上昇してしまうので、エアコンの温度設定に気を付けながら夏を快適に乗り切れるように工夫をしてあげましょう☆