冬の過ごし方

赤ちゃんの冬用の帽子は必要?かぶせ方と選び方のポイント

赤ちゃんの年末年始の生活リズムは崩してもいい?過ごし方のポイント

冬用の可愛らしい帽子がたくさん販売されていますが、お散歩など外出する時に赤ちゃんに帽子は本当に必要なのかな?嫌がるし、被せなくてもいいのかな?と悩んでしまうこともありますよね。

まだ髪の毛の薄い赤ちゃんは、冬の冷たい北風で頭皮が冷えてしまうので、寒さから守るため温かい冬用の帽子が必要ですし、紫外線から守るためにも外に出るときは帽子をかぶせてあげたいものです。

赤ちゃんの冬用の帽子と言えば、クマさんやウサギさんの耳のついた可愛いタイプや、頭だけでなく首元まで温めてくれるタイプなど可愛くて機能的なアイテムがたくさん揃っているので、赤ちゃんらしい可愛い帽子を選ぶ楽しみもありますよ!

ここでは、寒い冬の寒さから赤ちゃんを守るおすすめの帽子と、かぶせ方のポイントと注意点を紹介します☆

寒さから頭皮を守ってあったか☆

赤ちゃんの年末年始の生活リズムは崩してもいい?過ごし方のポイント冬になったら赤ちゃんに帽子が必要かどうかは、外遊びが多いのか?室内で過ごすことが多いのか?など、ご家庭での赤ちゃんとの過ごし方によるところが多いのではないでしょうか。

外でよく遊んだり、ベビーカーやスリング、抱っこ紐で移動することが多いご家庭では、帽子があると冬の寒さから赤ちゃんを守ることができるので重宝します。赤ちゃんに冬用の帽子を選ぶときは、柔らかい生地のものを選ぶようにしましょう。

日常的に車での移動が多いご家庭や、冬は赤ちゃんを連れてあまり外出しないのであれば、帽子はかぶらせても、かぶらせなくてもOKです。

「冬だから絶対に帽子をかぶせないと風邪をひいてしまう!」ということではないので、冬に帽子をかぶせるかどうかは必要に応じて対応してくださいね。

冬用の帽子の選び方

冬になると赤ちゃん用の帽子がたくさん販売されるようになりますが、低月齢のお肌がデリケートな赤ちゃんには綿100%の素材の良いものを選ぶようにしましょう。

ポリエステルのフリースタイプのモコモコの帽子は見た目も可愛いく、冬でも暖かいのですが、お肌がしっかりしてくる生後6ヶ月以降から使うようにするのがおすすめです。また、暑がりな赤ちゃんは、室内で冬用の帽子をかぶせると暑がって脱いでしまうことがありますが、これは赤ちゃんが暑がっているサインなので、無理に帽子をかぶせなくても大丈夫!

体温調節機能が未熟な赤ちゃんは、頭や足の裏からも熱を発散させて体温調節をしているので、冬で寒くても必要に応じて帽子を使うようにしましょう☆
おすすめのニット帽

矢印アイコンニット帽の人気ランキング

*関連記事  赤ちゃんの冬の防寒アイテムは何が必要?お出かけ先ごとの選び方

冬でもムレるので要注意!

帽子をかぶっている赤ちゃん赤ちゃんの頭を冬の北風から守っててくれる帽子ですが、赤ちゃんは冬でも頭に汗をたくさんかいてしまうので、長時間かぶせてしまうとムレて頭皮がかゆくなってしまうこともあります。

お散歩など外にいる時は大丈夫ですが、お店の中や室内の暖かい場所にいる時は頭皮に汗をかきやすいので、頭に汗をかいているようならしばらく帽子を取って熱を逃がすようにしてあげてくださいね!

point!

冬用の帽子はニットなど保温性の高い素材で作られているので、上手に使って赤ちゃんとのお出かけを楽しましょう☆




*関連記事  赤ちゃんは冬も着替えをさせる?寒い時期におすすめの体温調節の方法

赤ちゃんに帽子が必要な理由とは?

冬用の帽子をかぶっている赤ちゃん冬だけでなく、赤ちゃんが外出する際には一年を通して帽子を被せてあげることが推奨されていますが、赤ちゃんに帽子が必要な理由は、まだまだデリケートな頭・頭皮を保護してくれることです。

赤ちゃんはまだ髪の毛が少ないので、冷たい風が直接頭皮に当たりやすく、体温を下げてしまう原因になってしまいますし、夏ほどではないものの冬でも紫外線が強く、日に焼けてしまうこともあります。また、赤ちゃんの頭蓋骨はとても柔らかく、少し衝撃を受けただけでもダメージを受けてしまうので、帽子を被せて頭を保護してあげると安心です。

秋~冬の寒い時期は防寒対策として、春~秋は紫外線対策として、赤ちゃんの帽子は重要な役割を果たしてくれる、お出かけには必須のアイテムなのです。

赤ちゃんが帽子を嫌がる時はどうする?

冬の赤ちゃん冬の外出時は北風が冷たいから帽子は必要なアイテムですが、赤ちゃんによっては帽子をかぶるのがどうしても嫌で、被せてもすぐに自分で取ってしまったり、嫌がって泣いてしまう子もいますよね。

寒いから帽子を被せてあげたい、という親心はわかりますが、嫌がる赤ちゃんに無理矢理帽子を被せても、どうせすぐに取ってしまいますし、嫌で泣いているのに被せてしまうと、帽子嫌いになってしまい、帽子を見せるだけで泣いてしまうようになってしまうこともあります。

そうなってしまうと、冬だけでなく紫外線の強い夏にも帽子を嫌がって被ってくれなくなってしまうので、嫌がる時はネックウォーマーなど別の防寒対策をしてあげるようにしましょう。
おすすめのネックウォーマー

矢印アイコンネックウォーマーの人気ランキング

徐々に慣れさせるのも◎

例えば、フード付のカバーオール・ジャンプスーツ・ポンチョなどを着せて、さっとフードを被せてみたり、おくるみで頭も一緒に巻いてみたりするなど、頭に布が当たる感覚に徐々に慣れさせてあげるようにすると、帽子を嫌がらなくなるようになりますよ!

また、ママが帽子をかぶっていると同じようにかぶりたくなることもあるので、帽子を嫌がっているときは赤ちゃんの気持ちに寄り添いながら、「嫌なものではない」ということを教えてあげるようにしてあげましょう☆

まとめと注意点

帽子をかぶっている赤ちゃんいかがでしたか?赤ちゃんの頭を冷たい北風から守ってくれる帽子は、冬のお出かけには欠かせない必要なアイテムですが、冬用の帽子はニット素材など保温性の高い素材が使われているものが多いので、長時間かぶせる場合はムレていないか?確認するようにしましょう。

また、帽子を嫌がる赤ちゃんも多いので、もし帽子を嫌がったら、帽子を嫌いにさせないためにも無理強いしないことがとても大切なポイントです。

赤ちゃん時期にしか被せてあげることができない、モコモコの耳つきの可愛らしい冬用の帽子で、寒い季節のお出かけを楽しんで下さいね!