初夏になると一気に気温も上がるので、寝るときの赤ちゃんの布団もを何したらいいのか?迷ってしまいますよね。春先は肌寒い日も多かったので厚手の布団の出番もありましたが、布団をかけても足で蹴飛ばしてしまうので、これからの初夏~夏の季節は通気性・吸湿性に優れた布団を準備してあげましょう。

また、初夏の夜は蒸し暑くて寝苦しい日もあれば、肌寒くて寝冷えが心配な日もあるので、暑さ対策・寝冷え対策も必要です。ここでは、初夏の赤ちゃんにおすすめの布団と、暑さ・寝冷え対策のポイントを紹介します☆

Sponserd Link

タオルケットで快適に☆

寝ている赤ちゃん赤ちゃんが初夏に使うお布団は、通気性・吸湿性のいい綿素材のタオルケットやガーゼケットがおすすめです。どちらもコンパクトなベビーサイズのものが販売されていて、初夏~夏の赤ちゃんのかけ布団として重宝します。

タオルケットはタオル生地でできている物で一般的に知られていますが、赤ちゃん用のガーゼケットは薄いガーゼを5重または6重に重ねた物で、洗濯を繰り返すうちにとても柔らかくなり、肌触りもよくなるので初夏の赤ちゃんのねんね用のお布団としておすすめです☆

おすすめのタオルケット

矢印アイコンタオルケットの人気ランキング

寝苦しい夜はひんやりマットが◎

初夏と言っても蒸し暑くて寝苦しい夜は、お布団の上にひんやり冷たい冷感マットを敷いてあげることで赤ちゃんも快適に眠ることができます。ここで注意して欲しいのは、赤ちゃんに大人用のジェルタイプのひんやりマットを使わない!ということです。

大人用のひんやりマットですと冷却力が強すぎて赤ちゃんの体には悪影響なので、赤ちゃんにはベビー用の優しい冷たさの冷感触マットを選ぶようにして下さいね!

おすすめのひんやりマット

矢印アイコンベビー用ひんやりマットの人気ランキング

スリーパーで冷えから守って朝までグッスリ☆

初夏の時期は寝る時には蒸し暑く感じても、朝方気温が下がってひんやりする日もまだ多いですよね。赤ちゃんに寝冷えをさせないように気をつけていても、気づいたら朝方お布団を蹴飛ばして何もかけていなくてビックリ!なんてことも。

そんな時は、パジャマの上から着せるベストタイプのスリーパーを着せて寝かせてあげると、お腹を冷えから守ってくれるので、万が一お布団を蹴飛ばしてしまっても安心です。スリーパーは初夏~夏だけでなく、一年中使えるので、1枚持っているととても便利ですよ!

おすすめのスリーパー


矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

寝るときの服装はどうする?

お布団に横になっている赤ちゃん初夏は赤ちゃんの服装選びに迷う時期ですが、寝るときも暑すぎず、寒すぎない服装をさせる必要があるので、どうしたらいいのか?迷ってしまいますよね。

基本的に赤ちゃんは大人より体温が高く暑がりなので、気温が高い初夏の夜なら寝る時の服装は薄手の半袖ものでOKですが、朝方気温がぐっと冷えて寝冷えをしてしまうこともあるので、スリーパーを着せて寝かせてあげると安心です。

逆に初夏でも肌寒く感じる日は、寝る時の服装は同じ薄手でも長袖のものを着せるなど、その日の気温を見ながら臨機応変に対応するようにしましょう!

✽関連記事  初夏の赤ちゃんの寝る時の服装・パジャマの選び方と寝冷え防止策

天日干しでお布団を清潔に!

初夏になると、赤ちゃんも大人と同じように寝ている時にたくさん汗をかくようになります。この時期は汗で布団が湿気やすく、気付いたらお布団の裏にカビが生えてしまった!!なんてことになりやすいので注意が必要です。

赤ちゃんが起きている時間帯にお布団を天日干しすることで、カビの発生を抑えてお布団を清潔に保てることができますよ!また、お布団の上に汗取りパットを敷いて寝かせてあげると、お布団に湿気がこもりにくく、赤ちゃんも快適に眠れるのでおすすめです☆