暑い季節は薄着で過ごす赤ちゃんかほとんどで、こんな暑い季節にスリーパーは必要ないのではないか?それとも着せておいた方がいいのか?と悩んでいるママも多いのではないでしょうか?

もちろん、日中の暑い時間は必要ありませんが、エアコンをつけたときや、夜寝るときとなれば話は別で、夏用のスリーパーがあれば赤ちゃんを冷えから守ってくれます。

ここでは、夏でも使用したい、便利なスリーパーの使い方をお教えします☆

Sponserd Link

寝冷え対策にはガーゼタイプのスリーパーが◎

スリーパーを着ている赤ちゃん

赤ちゃんは暑がりなので、夏は布団をかけてもすぐに蹴飛ばしてしまい寝冷えをしてしまう恐れがあるので、デリケートな赤ちゃんのお腹を守るためにも、夏でもスリーパーが大活躍してくれます!

でも、スリーパーと言えば、もこもこして暑そうなイメージがあり、夏は暑そうですよね?しかし、フリースなどで出来たスリーパーはもちろん冬用であり、夏には夏の適したスリーパーがあります。

それが「ガーゼ」のスリーパーです。

夏の暑い季節に使用するなら、通気性がよいガーゼ素材のベストタイプの物がオススメです!暑い夜とはいえ、布団やをかけないまま寝かせてしまうと赤ちゃんのお腹が冷えないか?心配になりますが、予めスリーパーを着せておけば赤ちゃんの寝冷えを気にすることもないので安心ですよ☆

おすすめの夏用スリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

ガーゼタイプなら年間を通して使えて◎

わざわざ夏用のスリーパーを買っても、本当に必要なのかな?という疑問も持ってしまうかもしれませんが、5重・6重に重ねられたガーゼのスリーパーなら、夏はもちろん冬も防寒用として使うことができます。

赤ちゃんは寝相が悪いので、冬でも布団を蹴飛ばしてしまうことが多いのですが、スリーパーを着せて寝かせれば寝冷えを防いで安心!

季節を問わず使えるねんねアイテムなので、これからスリーパーを選ぶならガーゼタイプのものがおすすめです☆

エアコンの冷気から身体を守る!

スリーパーを着ている赤ちゃん夏の夜はもちろんですが、暑い昼間にエアコンをつけている家庭が近年増えてきているので、赤ちゃんにスリーパーが必要なシーンが増えてきています。

エアコン必須な時代だからこそ、夏用スリーパーを持っておくと、冷気から赤ちゃんの体を守ることが出来るの便利です。家庭ではもちろんですが、チャイルドシートを装着する時も邪魔にならないので、冷えやすい車中での冷房対策にもGOOD!

冷え対策はタオルなどで代用することもできますが、タオルだとどうしてもはだけてしまうので、その点を考えると、赤ちゃんに着せて使用することが出来るスリーパーを揃えておくのが安心です☆