頭を抱えている赤ちゃん

夏が近づくと、気温が上がってとても暑い緋が続き、最近は熱中症の予防も兼ねて、赤ちゃんが過ごすお部屋でも冷房の使用が日常的になってきましたよね。

しかし、赤ちゃんを冷やしすぎるのはよくないから!と弱めに冷房を効かせた室内は快適だと思っていたら、赤ちゃんが夏風邪をひいてしまった!なんて事も・・・

それは、もしかしたら冷房の温度設定や、風向きに原因があるかもしれないので、もう1度夏の赤ちゃんが過ごす環境を見直してみる事をおすすめします。

ここでは、赤ちゃんの夏風邪の原因と、冷房の使い方・室温の調整方法と気をつけたいポイントについて紹介します!

Sponserd Link

冷やし過ぎに注意!

夏は特に汗をかきやすい赤ちゃんだからこそ、暑いのは良くない!と、ついつい部屋の温度を低めに設定してしまいますよね。

でも、赤ちゃんは体温調節が苦手なので、室温を低くすると室外との温度差が激しくなるため、冷やし過ぎてしまうと夏風邪をひいたり、体調を崩してしまう原因になってしまうので、夏風邪を防止するためには、室温を適温・適湿にする必要があります。

赤ちゃんに適切な室内温度は26~28度。湿度は50~60度と言われています。

赤ちゃんは自分で「熱い・寒い」を伝えられないので、温度設定はやや高めにして、様子を見ながら室温を調節してあげましょう。

室温は26~28℃に設定!

赤ちゃんとママ

赤ちゃんが夏風邪をひく原因は、さまざまありますが、そのうちのひとつに「外気温との差」があります。

部屋が暑いと赤ちゃんはたくさん汗をかき、ベタベタして不機嫌になりやすいため、室内ではより涼しくなるよう、冷房を使って室温を調節しますが、この時に気をつけたいのは赤ちゃんに合わせた室温を設定してあげることです。

では、赤ちゃんに夏風邪をひかせないためには、室温を何度に設定するのがいいのかと言うと、外気温からマイナス5度以内がよいとされています。

地域により違いますが、設定の目安はだいたい26~28度と覚えておくとよいでしょう。

もし、冷房を使うことが原因で赤ちゃんに夏風邪をひかせてしまうのが怖いな、と感じている場合は、夏用のスリーパーを羽織らせてあげると、お腹が冷えることがなく安心ですよ☆

おすすめの夏用スリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

風向きのチェックも忘れずに!

赤ちゃんのために夏エアコンを使う時の電気代の節電方法

また、冷房をつける時は、赤ちゃんに直接風が当たるのは厳禁なので、風向きにも注意しましょう。

赤ちゃんに当たらないような風向きに設定し、お腹にはタオルケットをかけたり、スリーパーを着せて、体を冷やしすぎないようにする事で、冷やしすぎから体を守ってあげましょう。

また、夏風邪をひいてしまう原因は、汗をかいたままにしておき、体が冷えてしまうことが多いので、少しでも汗をかいたらこまめに着替えさせてあげることも大切です。

冷房を使わず過ごす時間も勿論大切ですが、暑いなか冷房を使用しないのは熱中症の原因にもなるため、冷房を上手に使用して、夏風邪を予防していきましょう!

夜はタイマー設定が◎

赤ちゃんとママ

近年は、夜になっても気温が下がらず熱帯夜が続くことも多くなってきたので、赤ちゃんが快適に眠るためにも寝るときに冷房を使っている家庭が多くなってきています。

大人も冷房を効かせたまま眠ったことが原因で、夏風邪を引いてしまった!なんて事が多いので、赤ちゃんの場合は更に注意が必要です。

冷房の風が赤ちゃんに直接当たらないようにし、就寝時はタイマーを2~3時間程度設定して、エアコンを一日中つけっぱなしにすることがないようにしましょう。

夏風邪は室温を調節することで防ぐこともできますので、エアコンを上手に使用しながら赤ちゃんが快適に過ごせる空間を作り、冷えすぎてしまう原因を取り除いてあげてくださいね☆