気温の変化の激しい梅雨時期の赤ちゃんの服装は、蒸し暑いと思って薄着にしたら急に冷えてくることもあるので、何を着せたらいいのか?迷ってしまいますよね。梅雨時期の赤ちゃんの服装は、その日の天気と気温を確認しながら選んであげる必要があります。

また、梅雨の時期は夜の温度差も大きいので、赤ちゃんが寝るときの服装は何を着せていいのか?迷ってしまいますよね。赤ちゃんのパジャマとして着せる服も様々なものがあるので、どれを組み合わせればいいかわからない時は、その日の気温や湿度を見ながら考えていきましょう!

ここでは、梅雨時期の赤ちゃんの服装と寝るときの服装について詳しく紹介します☆

Sponserd Link

大人の洋服の枚数-1枚が◎

笑顔の赤ちゃん梅雨の時期は雨が続き、肌寒く感じることが多いので、ついつい赤ちゃんが冷えないように厚着をさせてしまいがちですが、それはNG!赤ちゃんは大人より暑がりなので、梅雨で肌寒い時の服装でも大人の洋服の枚数-1枚の服装がちょうどいい位です。

ただし、急に冷え込んでくることもあるのでパーカーなどの羽織物を準備しておいて、体温調節をするようにしましょう!室内で過ごす時は、寝る時にも使えるベストタイプのスリーパーがあれば、いつもの服装の上に羽織るだけで体温調節も簡単にできるので重宝しますよ☆

肌着と服の素材の選び方

梅雨の時期でも赤ちゃんは汗をたくさんかくので、吸水性・通気性のいいフライス素材の肌着がおすすめです。また、暑い日用に夏向け素材の天竺の半袖の服装を準備しておきましょう。

その日の気温を見ながら、長袖・半袖・羽織物の3種類を組み合わせて、赤ちゃんの月齢に合った梅雨時期の服装を決めるのがおすすめです。

新生児~生後4ヶ月

生まれたばかりの新生時期~生後4ヶ月頃の赤ちゃんの梅雨時期の服装は、通気性に優れた素材の半袖ツーウェイオールがおすすめです。綿素材のものなら汗も素早く吸収してくれるので、湿度が高い梅雨時期でも快適に過ごすことが出来ますよ!

おすすめのツーウェイオール
矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング

生後4ヶ月~

赤ちゃんの首がしっかりすわってきたら、頭からかぶるタイプのロンパースや半袖のカバーオールがおすすめです。梅雨時期は湿度が高いので赤ちゃんも暑くて不快に感じがちなので、室内で過ごすときはお腹が出ないタイプの肌着でもOK!ただし、冷えないように注意して下さいね!

おすすめの夏用カバーオール
矢印アイコン夏用カバーオールの人気ランキング

こまめな着替えで汗疹予防!

また、梅雨の時期でも赤ちゃんが汗をかいたら服装をチェックして、こまめに着替えさせてあげたいものです。汗をかいたままにしておくと、汗が冷えて風邪をひいてしまったり、汗疹の原因にもなるので注意が必要です。

湿気と汗でベタベタしてしまったら、濡れタオルやウエットティッシュでさっと拭き取ってあげるとさっぱりするので、気分転換にもなりますよ!梅雨の時期に外出する際は、いつもの服装+羽織物と着替えを持って行くようにすると安心です☆

おすすめのカーディガン
矢印アイコンカーディガンの人気ランキング

【月齢別】梅雨の寝るときの服装

眠っている赤ちゃんしとしと雨が降り続いて湿度が高い梅雨の夜は、気温が高ければ蒸し暑くて寝苦しく、気温が低ければ寒くて寝冷えをしてしまうこともあるので、その日の気温を見ながら臨機応変に調節していくことが大切です。

特に月齢の低い赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、赤ちゃんの顔色や汗のかきかたを見ながら、暑いのか?寒いのか?を判断して、体調を崩しがちな梅雨を乗り切るようにしましょう!次に、梅雨時期の赤ちゃんの寝るときにおすすめの服装を紹介します☆

新生児~3ヶ月位まで

この頃の赤ちゃんにおすすすめの梅雨の寝るときの服装は、吸湿性の高いコットン素材の短肌着もしくはコンビ肌着の上に、七分袖のツーウェイオールがおすすめの着せ方です。

梅雨時期は毎日の気温の変化が大きいので、気温の高い日はツーウェイオールを着せずに短肌着+コンビ肌着でOK!このように、その日の気温に合わせて選びましょう。寝るときの服装は大人が思っているよりも少な目でOKですが、掛け布団で上手に体温調節をしてあげてくださいね☆

3ヶ月~6ヶ月位まで

この頃の赤ちゃんにおすすめの梅雨の寝るときの服装は、通気性・吸湿性に優れたフライスのコンビ肌着の上に、薄手のカバーオールを着せてあげましょう。

赤ちゃんは暑がりなので、寒いと感じる気温でなければ七分袖~半袖のものでOK!寝るときの服装が寒いかな?と心配なようなら、スリーパーを着せてあげると寝冷えの心配がなく安心ですよ!

おすすめの夏用スリーパー
矢印アイコン夏用スリーパーの人気ランキング

7ヶ月~1歳

7か月~1歳の赤ちゃんの梅雨時に寝るときの服装は、一般的な上下が分かれたパジャマ着られるようになります。赤ちゃんは寝るときに汗をたくさんかくので、パジャマの中に汗を吸う肌着を着せてあげるようにしてあげましょう。お腹を冷やさないためにも腹巻付のパジャマやスリーパーがおすすめです!

掛け布団やスリーパーで体温調節を!

ママと赤ちゃん梅雨の時期の赤ちゃんが寝るときの服装は、気温見ながら半袖・長袖を臨機応変に使い分けることが大切です。寝るときの気温は高くても、朝方寒くて寝冷えが心配な場合は、スリーパーを着せて手軽な体温調節が◎

また、汗をかいたらすぐに着替えさせて、厚着をせずに上に掛ける布団やタオルケットで調節してあげることで赤ちゃんの体調を守りましょう!梅雨時期は赤ちゃんの服装選びが難しいですが、赤ちゃんの様子を見ながら上手に調節するようにしてくださいね☆