秋は、日中は過ごしやすくても夜になると、ぐっと冷え込むことも多くなってくるので、赤ちゃんの寝巻き・パジャマ、その下に着せる肌着は何を着せればいいの?と悩んでしまいますよね。

基本的に【子供用パジャマ】はサイズが80cm~のものがほとんどなので、それよりサイズが小さい赤ちゃんは、寝巻き・パジャマ代わりとして、肌着の上にツーウェイオールotカバーオールを着せてあげるのがおすすめです。

ここでは、秋の赤ちゃんにおすすめの寝巻き・パジャマの選び方と、肌着の着せ方と寝冷えを防ぐためのポイントについて紹介します☆

Sponserd Link

赤ちゃんの秋の寝巻きは何を着せる?

寝ている赤ちゃん赤ちゃんの秋の寝巻き・パジャマも、普段着と同じように肌着+ツーウェイオールorカバーオールがおすすめです。

パジャマとしての販売は80cm~になるので、それまでは「パジャマ用」としてツーウェイオールやカバーオールを決めて、赤ちゃんに昼夜の区別をつけさせるためにも、朝になったら寝巻き→普段着にお着替えをさせてあげると、生活リズムがつきやすいですよ!

秋は朝方気温がぐっと低くなり寝巻き・パジャマだけだと寝冷えが心配な場合は、ベストタイプのスリーパーを着せてあげると寝冷えを防いでくれるのでおすすめです☆

大人の服装より薄手が快適!

秋になると「赤ちゃんが寒くて風邪をひかせたら可哀想」と、厚手の寝巻き・パジャマを着せたり、お布団をかけすぎてしまいがちです。

でも、赤ちゃんは大人より体温が高く暑がりなので、体調を崩している時以外は大人より薄手の服装がちょうどいいので、厚着をさせすぎたり、靴下を履かせて寝かせたりしないようにしましょう。

赤ちゃんは寝相が悪く布団から出てしまうことがよくありますが、スリーパーを着せてあげると万が一布団から出てしまっても寝冷えを防いでくれるので安心です。スリーパーは秋だけでなく寒い冬にも大活躍してくれますし、ガーゼ素材のものなら年間を通して着ることができるので1枚持っていると重宝しますよ!

おすすめのスリーパー
矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

快適な寝巻・パジャマで朝までグッスリ☆

寝ている赤ちゃん秋の寝巻き・パジャマの上に着せる寝冷え防止におすすめのスリーパーは汗の吸水性が良く、肌ざわりが優しいものが最適です。特に背中の通気性が良いくメッシュになっているタイプのものなら、肌着の上に着せてもさらりと快適なので暑がりな赤ちゃんも快適です。

寝ている時間に赤ちゃんはどんどん発育していくので、睡眠時間は快適に過ごさせてあげるためにも、秋の寝巻き・パジャマの上にスリーパーを着せて、寝冷えを防いでグッスリ寝かせてあげましょう。

肌寒い日が増えてきたら、寝巻き・パジャマの素材を少し生地の厚いものを着せてあげて、身体を冷やしてしまわないように注意しましょう。

✽関連記事  何を何枚掛ける?赤ちゃんの秋の掛け布団のかけ方と、おすすめの冷え対策

秋の赤ちゃんが寝るときの肌着の選び方

寝ている赤ちゃん寒暖の差が激しい秋は、赤ちゃんが寝るときの肌着は何を選べばいいのか?迷っている人も多いのではないでしょうか?暑いと思って薄手の肌着にして体を冷やすのも可哀想だし、長袖の肌着を着せると逆に暑くて可哀想なこともありますよね。

ここでは、秋の赤ちゃんが寝るときの肌着の選び方のポイントを紹介します☆

寝るときの肌着は何を着せる?

赤ちゃんの肌着は大きく分けると、ノースリーブタイプ、半袖タイプ、長袖タイプの3種類に分けられます。

秋に赤ちゃんが寝るときは、じっと寝ているようでも汗をたくさんかいているので、長袖の肌着より、ノースリーブや半袖の肌着を着せてあげるのがおすすめです。また、肌着は綿のものを選ぶと汗の吸収が良いので、肌もサラサラで汗疹も防ぐことができますよ!

秋は夜中に気温が下がる傾向にあるので、寝るときの肌着で赤ちゃんの体温をコントロールするのは難しいので、スリーパーを着せて寝冷えを防ぐ方法がおすすめです☆

✽関連記事  【秋】赤ちゃんが布団を蹴る時の対処法と寝具・パジャマ・スリーパーの選び方

寝るときは肌着は必ず着せましょう!

眠っている赤ちゃん秋の寝るときの肌着は通気性と吸湿性を重視して選べば、上にパジャマを着てお布団をかけるので、さほど種類を気にする必要はありません。

肌着は汗取りの役目もあるので、寝るときに暑くて寝苦しいような秋の夜でも、必ず着せるようにしてくださいね。色々な肌着の種類がありますが、前開きのボディ肌着やロンパースタイプだとお腹が出ないので寝冷えの心配がなく安心です!

秋は夜中~朝方にかけて気温が下がるので、寝るときの赤ちゃんの肌着と服装選びは慎重に行ってくださいね☆

秋も寝汗の確認を忘れずに!

夏はこまめに寝汗の確認をしていたけど、秋になり涼しくなってくると、ついつい寝汗の確認をしなくなってしまいますよね。

そして、寝巻に汗がついたまま、更にたくさんの汗をかいてしまうと、肌着が濡れて体を冷やしてしまうだけでなく、汗疹の原因にもなってしまうので、秋になって涼しくなったからと言って寝汗のチェック&着替えを怠らないようにしましょう。

秋は日によって気温差も大きく、寝巻やお布団の枚数をその日の気温に合せて適切に選び、赤ちゃんが快適に眠れる環境を作ってあげたいですね!