ベットで寝ている赤ちゃん
秋は「過ごしやすい時期」といっても、まだ夏のような暑さが残る日もあったり、急に冷え込んで肌寒くなることもあるので、赤ちゃんの掛け布団の掛け方をどうすべきか?迷ってしまうこともありますよね。

赤ちゃんは大人より体温が高くて暑がりなので、中綿入りの厚手の秋用の掛け布団は準備しなくても大丈夫ですが、その日の気温に合せて薄手のブランケットを重ねたりして、暑すぎず、寒すぎないようにすることが大切です。

秋に生まれたばかりの赤ちゃんには、秋冬用の掛け布団は重くて可哀想なので、バスタオルもしくは、ブランケットをかければ秋の気候に十分対応できます。

ここでは、赤ちゃんの秋の掛け布団のかけ方とおすすめの冷え対策方法を紹介します☆

Sponserd Link

秋は寝冷えに注意!

秋の季節は日によって気温の差が激しいので、暑くて寝苦しい夜は赤ちゃんに掛け布団をかけても気付いたら蹴ってはいでしまっている、なんてこともありますよね。

でも、寝る頃に暑くても朝方ぐっと気温が下がるので、赤ちゃんが掛け布団をかけていない状態だと寝冷えをしてしまう可能性もあります。

そんな秋の赤ちゃんが寝る時の掛け布団は夏に使っていたタオルケットを基本として、その日の気温に合わせてバスタオルやブランケットを追加したり、薄手の綿布団をかけてあげるようにしましょう。

更に、寝る時の服装の上にベストタイプのスリーパーを着せてあげれば、万が一掛け布団を剥いでしまっても寝冷えの心配がないので安心です☆

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

布団から足が出て冷えるのが気になるときの対処法

赤ちゃんに布団をかけて寝かせても、夜中に気づいたら足だけ出てて冷えてしまわないか心配な時には、レッグウォーマーをパジャマの上に着けてあげるのがおすすめです。

秋の夜は冷えるし、足が冷えて可哀想だからと、靴下を履かせて寝かせてしまうのはNG!その理由は、赤ちゃんは足の裏から熱を放出させて体温調節をしているので、靴下を履かせてしまうと余計な熱が体内にこもって汗を沢山かいてしまうからです。

パジャマ+スリーパー+レッグウォーマーの服装で寝かせれば、冷え込む秋の夜でも、掛け布団は厚手のものにしなくても冷えを防ぐことができるので安心です☆

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

秋の布団の選び方のポイント

秋は過ごしやすい気候ではありますが、体温が高くて暑がりな赤ちゃんは「暑い」と感じることが多く掛け布団を蹴ってしまうことが多くあります。

寝冷えをして風邪をひかせてしまうのを避けるためにも、スリーパーとレッグウォーマーを着せて、寝冷え対策をしてあげましょう!

スリーパー・レッグウォーマーは秋~冬の時期だけでなくオールシーズン大活躍してくれますし、長く着ることができるのでおすすめのアイテムです☆