赤ちゃんが虫さされで病院を受診すると、いくつか処方されるお薬がありますが、その中でも「アズノール軟膏」「キンダベート軟膏」がよく処方されるお薬です。でも、病院で処方された薬なのに、なぜか治りが悪いような気がする…本当に虫さされに効果のあるお薬なのかな?ステロイドは入っていないかな?と心配に感じている方も多いのではないでしょうか?

ここでは、赤ちゃんの虫さされが、アズノール軟膏・キンダベート軟膏でなかなか完治しない時の対処法と注意したいポイントについてお話しします。

Sponserd Link

病院で処方されたのに効かない!?

横になっている赤ちゃん赤ちゃんが虫さされで病院を受診して貰ったアズノール軟膏、またはキンダベート軟膏を塗ってもなかなか赤味やかゆみが引かない…これって塗る意味があるのかな?市販の塗り薬の方が効くんじゃないか!?と思ってしまいますよね。

そもそも、アズノール・キンダベートとはどんなお薬なのでしょうか?次にそれぞれのお薬の特徴と効果について紹介していきます。

「アズノール」軟膏とはどんなお薬?

アズノール軟膏

「アズノール」は、精製ラノリンと白色ワセリンでできている、非ステロイド外用薬として、虫さされだけでなく色々な皮膚炎に処方されるお薬です。抗炎症作用があり、かさつきを押さえて湿疹や虫さされにも効果があり、穏やかに効果を発揮してくれるタイプのお薬なので、赤ちゃんの虫さされのお薬として病院で処方されます。

ただ、アズノール軟膏の皮膚への浸透性を高めるために使われている基材のラノリンは、ほかの基材と比べ、かぶれや接触性皮膚炎を起こしやすいため、赤ちゃんの虫刺され使う前にはパッチテストを行ってからの方が安心して使うことができますよ!

アズノール軟膏で虫さされが治らないのはなぜ?

アズノールは炎症を抑える作用はありますが、実は、虫さされ自体を治す作用はないお薬ということをご存じでしょうか?このお薬は一般的な皮膚炎に広く処方されるお薬なので、比較的軽い虫さされなら完治しますが、ある程度痒みや炎症が進行した虫さされには、残念ながら効果を発揮しにくくなってしまうのです。

赤ちゃんの虫さされの患部の炎症がひどい場合は、アズノールのような非ステロイドではなく、ステロイド外用薬を使用したほうが早く完治するので、患部の状態に合わせて使うのが最適です。

「キンダベート」軟膏とはどんなお薬?

キンダベート軟膏赤ちゃんが虫さされの時に処方される塗り薬である「キンダベート」とは、合成副腎皮質ホルモン、つまりステロイド外用薬です。

軟膏タイプで、ステロイドとは言え比較的ゆるやかに効いてくるため、アトピー性皮膚炎や顔面、頸部、わきの下、陰部の湿疹・皮膚炎など、皮膚の弱い部分の治療に多く用いられる薬であり、炎症を抑える作用があります。

え?ステロイドなの??と驚いてしまう方もいるかもしれませんが、一般的にステロイドの強さは5段階あり、キンタベートは弱い方から数えて2番目のお薬なので、副作用などの心配が少ない、比較的弱いお薬なので安心して赤ちゃんの虫さされに使うことができますよ!

ステロイド薬は治りが早いって本当?

赤ちゃんの体を考えると、あまりステロイド薬は使いたくない・・・と、考えてしまうママも多いと思います。しかし、ステロイドの薬はは虫さされなど、皮膚の炎症を素早くしずめる強い作用があり、比較的短期間で皮膚炎をおさえることが可能なのです。

市販されている一般的なかゆみ止めのお薬より治りが早いので、虫さされで赤ちゃんがかゆがって皮膚をかきむしって炎症をひどくする前に「キンダベート」などのステロイド薬の力をかりて、早めに腫れや痒みをとってあげるのが得策です!

キンダベートの使い方は、虫さされの患部を清潔にしてから指の先につけて塗布しますが、塗る回数は虫さされの症状によるので、医師の指示を仰ぐようにしてくださいね。

✽関連記事  ひんやり快適!赤ちゃんとの夏のお出かけに抱っこ紐を使う時の暑さ対策

ステロイドは虫さされにも効くの?

薬を塗られている赤ちゃんステロイドの軟膏といえば、アトピー性皮膚炎などの治療薬のイメージがあり、虫さされにどうしてステロイドが必要なの?と思ってしまいますよね。

赤ちゃんの虫さされの厄介なところは、かきむしることで、更に「とびひ」になる可能性があるということなので、皮膚の炎症を沈める作用がある「キンダベート」を使い、かゆみや痛みを伴う虫さされに効果を発揮してくれお薬なのです。

ステロイド薬ではありますが、だからこそキンダベートは、虫さされの炎症を更に悪化させないようにしてくれるので、医者の指示に従い使用すれば副作用の心配は少なく、安心して使うことができますよ!

赤ちゃんにステロイドって、使っても大丈夫なの?

まだお肌が弱い赤ちゃんに、ステロイドのお薬は使いたくない!と思っているママは多いのも当然ですが、赤ちゃんのためを思うとそれが本当に正しいとは一概に言えないものなのです。

ステロイドの副作用を気にして、あえてアズノール軟膏のような非ステロイド剤を使用するママもいますが、ステロイドによる副作用は長期間使用したり、大量に内服した場合に起こることと考えられています。

一般的に虫さされなど短期間の外用剤の使用で、大きな副作用がでることは少ないでので、赤ちゃんの虫さされの患部を早く治したい!と思うなら、病院を受診した時にその旨を医師に伝えて、上手にステロイド外用薬を使用していきましょう!

まとめと注意点

夏にベビーカーに乗っている赤ちゃんk赤ちゃんの虫さされがひどく病院を受診すると、アズノール軟膏・キンダベート軟膏を処方されることが多いですが、この2つのお薬は特性が違うので、もし疑問に感じた場合はお医者さん、または薬剤師に相談することも大切です。

虫に刺されてしまった箇所は清潔に保ち、かゆくて引っ掻いて傷を作ってしまわないようにガーゼを当てるなど工夫をして、患部が傷つかないように注意するようにしてより早く治るように気を配ってあげてください。

また、夏の外出時は虫にさされないように、虫除けなどでしっかり対策をして、デリケートな赤ちゃんの肌を守ってあげるようにして下さいね☆