アズノール軟膏

赤ちゃんが虫さされで病院を受診すると、いくつか処方されるお薬がありますが、その1つにアズノール軟膏があります。

でも、病院で処方された薬なのに、なぜか治りが悪いような気がする…本当に虫さされに効果のあるお薬なのかな?そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか?

アズノール軟膏には、皮膚の炎症を抑える作用がありますが、実はひどい虫さされには効果が薄れてしまう場合があるのです。

ここでは、赤ちゃんの虫さされが、アズノール軟膏でなかなか完治しない時の対処法と注意したいポイントについてお話しします。

Sponserd Link

そもその「アズノール」軟膏とはどんなお薬?

「アズノール」は、精製ラノリンと白色ワセリンでできている、非ステロイド外用薬として、虫さされだけでなく色々な皮膚炎に処方されるお薬です。

抗炎症作用があり、かさつきを押さえて湿疹や虫さされにも効果があり、穏やかに効果を発揮してくれるタイプのお薬なので、赤ちゃんの虫さされのお薬として病院で処方されます。

ただ、アズノール軟膏の皮膚への浸透性を高めるために使われている基材のラノリンは、ほかの基材と比べ、かぶれや接触性皮膚炎を起こしやすいため、赤ちゃんの虫刺され使う前にはパッチテストを行ってからの方が安心して使うことができますよ!

アズノール軟膏で虫さされが治らないのはなぜ?

軟膏

アズノールは炎症を抑える作用はありますが、実は、虫さされ自体を治す作用はないお薬ということをご存じでしょうか?

このお薬は一般的な皮膚炎に広く処方されるお薬なので、比較的軽い虫さされなら完治しますが、ある程度痒みや炎症が進行した虫さされには、残念ながら効果を発揮しにくくなってしまうのです。

赤ちゃんの虫さされの患部の炎症がひどい場合は、アズノールのような非ステロイドではなく、ステロイド外用薬を使用したほうが早く完治するので、患部の状態に合わせて使うのが最適です。

赤ちゃんにステロイドって、使っても大丈夫なの?

ステロイド軟膏

まだお肌が弱い赤ちゃんに、ステロイドのお薬は使いたくない!と思っているママは多いのも当然ですが、赤ちゃんのためを思うとそれが本当に正しいとは一概に言えないものなのです。

ステロイドの副作用を気にして、あえてアズノール軟膏のような非ステロイド剤を使用するママもいますが、ステロイドによる副作用は長期間使用したり、大量に内服した場合に起こることと考えられています。

一般的に虫さされなど短期間の外用剤の使用で、大きな副作用がでることは少ないでので、赤ちゃんの虫さされの患部を早く治したい!と思うなら、病院を受診した時にその旨を医師に伝えて、上手にステロイド外用薬を使用していきましょう!

虫さされの患部の症状には個人差があるので、患部をしっかり確認!

虫さされ

柔らかくて産毛のような細い毛しか生えていない赤ちゃんのお肌は、蚊などの害虫に狙われやすく、うっかり虫除けをするのを忘れるとすぐに虫にさされてしまいますよね。

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、軽い虫さされ程度なら薬を塗らなくても治ってしまうこともありますが、赤ちゃんの体質によっては虫さされの患部がしこりになったり、ぷっくり赤く腫れて熱を持ってしまうこともあります。

そうなると、アズノール軟膏では対処しきれないので、再度病院を受診して適切なお薬を処方してもらうようにしてくださいね!