靴下をはいている赤ちゃん冬は寒いので外出時に赤ちゃんに靴下を履かせますが、そのなごりで春になってもついつい靴下を履かせてしまうけど、暑がってすぐに脱いでしまうし、足裏に汗をたくさんかいてしまうから、春になったら履かせなくていいのか?迷ってしまいますよね。

赤ちゃんは足の裏から熱を放出して体温調節するので、基本的に春の暖かい日は靴下は履かせなくてもOK!ただ、春は急に冷え込んだりすることがあるので、外出時には防寒対策をしっかりして足下が冷えるのを防ぐようにしましょう。

ここでは、赤ちゃんは春の外出時は靴下を履かせるべき?の疑問についてお答えします☆

Sponserd Link

春の外出時に赤ちゃんに靴下を履かせない?

外出時は冷えたら大変!とついつい赤ちゃんに靴下を履かせたくなってしまいますが、赤ちゃんは足の裏や手のひらに汗をかくことで体温調節をしているので、春の外出時や室内で靴下を履かせなくても大丈夫です。

春の暖かい日に赤ちゃんに靴下を履かせて外出すると、赤ちゃんは暑くて足の裏から汗をたくさんかいてぐっしょりしてしまい体温が上がってしまいますし、気づいたら片方だけ靴下を脱いでしまっていた!なんてことになりかねません。

体温が上がると汗をかいてしまい汗疹の原因にもなってしまうので、春の暖かい日は靴下を履かせずにベビーカーに乗せたり、抱っこしてお出かけしましょう!ただし、外出時は急に冷え込むことがあるので足元を温めるレッグウォーマーを持参するのがおすすめです☆

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

靴を履かせる時は靴下は履かせる?

もう歩ける赤ちゃんは、春になり靴を履いてお散歩に出かけるのが楽しみですよね!また、まだ歩けなくても慣れさせるために赤ちゃんに靴を履かせている方もいらっしゃいますが、春は靴を履かせる時に靴下も履かせるべきなのでしょうか?

靴を履かせる場合は、衝撃や靴擦れから守ったり、足裏からの汗を吸収するためにも靴下を履いた方がいいとされています。

もし、靴下を履いて靴を履くのを嫌がってしまう赤ちゃんには、靴下と靴が一体化したベビーフィートというベビーシューズがおすすめです。軽くて歩きやすいので、歩き始めたばかりの赤ちゃんにもおすすめですよ☆

おすすめのベビーフィート

矢印アイコンベビーシューズの人気ランキング

赤ちゃんに靴下を履かせる弊害とは?

おばあちゃん世代は「足が冷えるといけないから靴下を履かせなさい!」と言われていましたが、現代の育児では赤ちゃんは足の裏からも熱を放出して体温調節をするので、基本的に一年を通して靴下は必要ないとされています。

まだ靴を履いて歩かない赤ちゃんに靴下が必要なのは、冬の外出時に防寒対策として履かせるくらいですが、せっかく買ったから…と履かせたくなってしまう事もありますよね。

赤ちゃんに靴下を履かせることによる弊害は、
・体温調節機能が未熟になってしまう。
・滑って転倒しやすっくなってしまう。
・足のふんばりが効かなくなってしまう。

など、いくつかありますが、体温調節や足の保護に役立つこともあり、靴下を履かせることが凄く悪い!ということではないので、状況に応じて上手に靴下を履かせるようにしましょう☆