赤ちゃんを包むおくるみのサイズと、選ぶ時のポイント

赤ちゃんの寝かしつけや肌掛けにと、なにかと便利な「おくるみ」には色々な種類があります。

はじめておくるみを購入する方は、どのくらいの大きさのものを購入するのが良いのか?悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

ここでは、おくるみのサイズと選び方のポイントについて紹介します☆

Sponserd Link

使いやすいおくるみのサイズとは?

赤ちゃんを包むおくるみのサイズは、主に70~80㎝、90~100㎝のものをメインに販売されていることが多いです。

パッと見た感じあまりに変わらないので、サイズを確認せずに購入する方も多いかと思われますが、使用目的にもよって必要なサイズが変わってくる場合があります。

新生児にぴったりのサイズは、70~80サイズ

新生児の赤ちゃんににぴったりなサイズのおくるみは、70~80サイズです。

特に、寝かしつけにおくるみを使用する場合は、大きすぎると布が余って上手く包めない場合がありますが、こちらのサイズでなら新生児の赤ちゃんにぴったりのサイズなので、包みやすくおすすめ!

おくるみでの寝かしつけを卒業する時期は、大体4ヶ月頃までの赤ちゃんなので、その短期間だけ主に寝かしつけに使いたい場合には、こちらのサイズを選びましょう。

長く使用したいなら90~100サイズ

おくるみのサイズが小さいと、赤ちゃんが大きくなると使えなくなります。

寝かしつけはもちろんですが、オムツ代えの時の敷きパットや、外出時の肌掛けとして使いたい場合には、大きいサイズのものがおすすめです。

もしおくるみを長く使いたい場合は、90~100サイズを選ぶのが最適です。

おすすめのおくるみ

矢印アイコンおくるみの人気ランキング

色々な使い方ができて便利なおくるみ

寝かしつけのアイテムとして有名なおくるみですが、他にも赤ちゃんの毎日に様々な便利な使い道があります。

たとえば、お風呂上がりに赤ちゃんの体を包むバスタオルがわりに使ったり、お昼寝用の掛け布団にもなります。

大は小を兼ねると言いますし、おくるみは大きめのサイズを選んでおくと、なにかと重宝するのでおすすめです☆