赤ちゃん用の保湿剤 は冬の時期は必要?

赤ちゃんのお肌は普通はは柔らかくて瑞々しいですが、冬の乾燥によって赤くなってカサカサしたりしてしまいます。

赤ちゃんのお肌が乾燥するとかゆくて掻いてしまったり、アトピーの原因になったりすることもあるので注意が必要です。

お肌が乾燥してるかな?と感じたら赤ちゃん用の保湿材でお肌を守ってあげましょう!

ここでは、赤ちゃん用の冬用クリームの使い方とおすすめを紹介します。

Sponserd Link

赤ちゃんの保湿材の使い方

赤ちゃんのお肌は基本的に丈夫にできているので、3ヶ月未満の乳児への過剰な保湿はかえってお肌に負担をかけるのでよくないと言われています。

ただし、冬の時期は乾燥するので3ヶ月未満の赤ちゃんもお肌が乾燥しているときは、保湿材でお肌を保護してあげましょう。

冬に赤ちゃんのお肌が乾燥しやすい場所は、ほっぺ・ひじ・ひざの3箇所です。
ほっぺがカサカサになったり、ひじ・ひざが粉を吹いたようになってきたら、保湿材が必要なサインです。

赤ちゃん用の保湿材は色々なものがありますが、月齢の小さい赤ちゃんには「生まれたばかりの赤ちゃんにも使える」と表記されているものがおすすめです!

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、赤ちゃん用の保湿材で冬の乾燥からお肌を守ってあげましょう☆

おすすめの赤ちゃん用保湿材

矢印アイコン赤ちゃん用保湿材人気ランキング

色々な保湿剤の種類

冬の乾燥から赤ちゃんのお肌を守ってくれる保湿材には、クリーム・ローション・ジェル・オイルなど色々な種類があります。

ママと赤ちゃんが一緒に使えるタイプの保湿材が人気が高く、おすすめです☆