椅子に座っている赤ちゃん

赤ちゃん用の椅子といえばバンボ(ベビーソファ)が大人気!

バンボはいつから使えるかといいうと、首が座った生後3ヶ月頃~14ヶ月頃まで使うことができます。

離乳食を始める時に赤ちゃん用の椅子を探すママからもバンボは人気が高く、出産祝いやプレゼントにも最適です。

ここでは赤ちゃん用の椅子として大人気のバンボの特徴を紹介します☆

Sponserd Link

いつからバンボに座らせてもいいの?

赤ちゃん用の椅子として大人気のバンボは、首がすわってから使うことができると表記されています。

首がすわるのは個人差がありますが、早い赤ちゃんで3ヶ月頃。
一般的には4ヶ月~5ヶ月頃にしっかりと首がすわるようになります。

バンボは赤ちゃんの体重でシートが沈み込みお尻をしっかり支えてくれるので、まだ腰がすわらない赤ちゃんでも椅子に座らせることができるのです。

首がすわる頃の赤ちゃんは視野が広がってくる時期でもあるので、バンボに座らせてあげるとご機嫌になってくれるので、ママも助かるおすすめの椅子です☆

おすすめのバンボ

矢印アイコンバンボの人気ランキング

バンボが使える「首すわり」の判断方法

バンボはいつから使える?と調べると「首がすわってから」と答えている人が多いのですが、気を付けてほしいのは首すわりを正しく判断することです。

赤ちゃんを縦抱っこにしたときに首が動かない状態を「首がすわった」と判断している人もいますが、それは大きな間違いです。

正しい首すわりの判断は、赤ちゃんが自由に首が動かせるようになったことを指します。

3ヶ月頃の赤ちゃんは首がしっかりしてきたとは言え、まだ自分の意思で自由に動かせる子は少ないので、無理にバンボに座らせると首に負担がかかります。

腹ばいにしたときに頭を持ち上げられるようになってからバンボに座らせてあげるようにしましょう☆