冬の過ごし方

赤ちゃんの冬の防寒アイテムは何が必要?お出かけ先ごとの選び方

冬になると外の気温がぐっと下がり、北風も冷たくなるので、赤ちゃんとお散歩やお出かけの時に体を冷やしてしまわないように、どういう防寒アイテムを使うのがいいのか?迷ってしまいすよね。

お店で見てみると、ベビー用の帽子・手袋(ミトン)・マフラー・ケープなど、色々な素材・種類の防寒アイテムが販売されていますよね。

どんなものを選んだらいいのか、赤ちゃんとはじめて冬を迎えるママはわからないことがたくさんあるものです。ここでは、ベビーを寒さから守る冬の必需品!防寒アイテムの選び方と使い方のポイントについて詳しく紹介していきます!

冬の寒さから防寒用帽子で赤ちゃんの頭を守ろう!

冬の赤ちゃん冬の赤ちゃんとのお出かけに欠かせない防寒アイテムとして、まず外せないのが暖かいベビー用のニット帽です。

赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、冬の冷たい空気にさらされると頭皮から熱が奪われてしまい、体温が下がってしまう恐れがあるので、防寒用の帽子を被せて冷やさないようにしてあげましょう!

赤ちゃんの帽子の選び方

帽子をかぶっている赤ちゃん色々なタイプのニット帽が販売されていますが、耳・首元までしっかりカバーできるタイプのニット帽なら、耳あてやマフラーも必要なくしっかり寒さから守ってくれる防寒アイテムです。

赤ちゃん用のニット帽は、クマやウサギのかぶり物のような可愛らしいデザインのものが沢山あり、赤ちゃん期の今だからこそ可愛くかぶれる暖かい帽子で、冬のお出かけを楽しめるのも嬉しいですね。

防寒用の帽子を購入する際に気をつけたいのが、サイズ選びです。お洋服は少し大きいくても何とかなりますが、帽子がブカブカだと目まで覆ってしまったり、すぐに脱げてしまいますし、逆に小さすぎると頭を圧迫してしまうので、慎重にサイズを選ぶ必要があります。

帽子にはフリーサイズのもの、新生児用、ベビー用など商品によって様々なサイズ表示がありますが、まずは赤ちゃんの頭囲を測り、実寸+2~3cmほど大きいサイズのものを購入するのがおすすめです。

おすすめのニット帽

矢印アイコンニット帽の人気ランキング

赤ちゃんに防寒用マフラーは使ってもいい?

冬の赤ちゃん寒い時期は首元の冷えも気になるので、赤ちゃんにマフラーを使って暖かくしてあげたい!と思うかもしれませんが、小さな赤ちゃんがマフラーを身につけると危険がたくさんあります。

例えば、ハイハイやつかまり立ちで移動している最中に、何かにマフラーを引っかけてしまい首が絞まってしまったり、歩き始めた赤ちゃんはマフラーの先を自分で履んで転倒する恐れもあります。

赤ちゃんが寒くないように!と思ってやったことが、取り返しのつかない事故を招いてしまうこともあるので、赤ちゃんにマフラーを使用するのは避けるようにしましょう。

首の防寒はネックウォーマーがおすすすめ!

冬の赤ちゃん

赤ちゃんに首の防寒用としてマフラーを使うのはNGですが、首を温める防寒アイテムとしてネックウォーマーなら引っかけたり、自分で引っ張る心配もないので安心して使用することができますし、頭からかぶせるだけなので脱着も簡単でとても便利です。

ネックウォーマーはスヌードとも呼ばれ、少し大きめのサイズでも首~肩にかけてしっかり防寒してくれるので、ワンサイズで生後半年頃~大人まで使えるものも販売されています。

また、ニット帽と一体になったタイプのものもあり、色々な防寒アイテムを揃えなくても頭・首・肩を1つの帽子でカバーしてくれるので、とても便利ですよ!

赤ちゃんを防寒ケープで北風から守ろう!

ベビーケープ冬も本番になると気温が下がるだけでなく、北風が強い日も増えてきますよね。そんな時に大活躍してくれるのが防寒ケープです。

ケープとは、袖がついていないマントに似た形状のもので、付属しているクリップを付け替えることで、抱っこ紐・ベビーカーに付けることができたり、授乳ケープやブランケットとしても使えるタイプのものもあります。

普通のブランケットでもいいんじゃない?と思うかもしれませんが、マルチに使える防寒ケープは、1つあると冬の間中大活躍してくれる便利な防寒アイテムですよ!

防寒ケープの特徴と使い方

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃん防寒用のケープは風を通しにくい素材でできていて、ダウンやボア・フリースなど保温効果が高い素材が使われているので、気温が低くて北風が冷たい日でも赤ちゃんの体を冷やすことがないので安心です。

表面が撥水加工されているものなら、急な雨からも守ってくれることができるのが大きな特徴です。
ケープで赤ちゃんを抱いているママ
冬の赤ちゃんとのお出かけに大活躍!防寒ケープの選び方とおすすめ4選どんなに寒い冬の日でも、お買い物、きょうだいの送迎、通院など、抱っこ紐で赤ちゃんを抱いたり、ベビーカーで外出しなければいけない事もありま...

ほとんどの抱っこ紐・ベビーカーメーカーに対応している防寒ケープが多く、抱っこ紐で赤ちゃんを抱いてから肩紐にクリップで装着したり、ベビーカーのシートやひさし部分にクリップで簡単に装着できてしっかり防寒してくれるので、寒い冬のお出かけの強力な味方になってくれますよ!

おすすめの防寒ケープ

矢印アイコン防寒ケープの人気ランキング

赤ちゃんを抱っこして着るママコートの選び方

抱っこされている赤ちゃん

赤ちゃんとの冬の抱っこ紐でのお出かけにおススメなのが、抱っこした状態でママと一緒に着ることができるダッカー付きのママコートです。

ダッカーとは赤ちゃんを覆う部分の布部分のことで、ファスナーで取り外しができるので妊娠中~妊娠後も着ることができる便利なアイテムです。

ママコートがあれば、赤ちゃんを抱っこしたまま着られるので冬の外出時の服装選びを迷わなくて済みますし、何より赤ちゃんが暖かく冷える心配がないのが魅力!ここでは、赤ちゃんを抱っこしたまま着れる人気のママコートと選び方のポイントを紹介します☆

赤ちゃんを抱っこして着るママコート

ママコートを着ている母親冬の外出は赤ちゃんの防寒に気を使わなくてはならないのですが、赤ちゃんを抱っこしたまま着られるママコートなら赤ちゃんに防寒着を着せなくてもOK!

ママと一緒に抱っこされたままコートに入れるのでとても暖かいですし、ママと密着できるので赤ちゃんにも優しいのがママコートです。

*関連記事  冬、抱っこ紐を使う時の服装は何を着る?赤ちゃんとママのための選び方

ママコートの人気のタイプはダッカー付きで、コートのサイドにファスナーがついているので出産前~出産後まで長く使える兼用タイプ。

キルティングタイプや、襟・フードが外せるタイプ、ポンチョタイプなど色々なママコートが販売されているので、ママのお好きなテイストのものを選ぶことができます。1枚あれば冬のお出かけにとても重宝してくれるおススメアイテムです☆

おすすめのママコート

矢印アイコンママコートの人気ランキング

赤ちゃんに防寒のための手袋(ミトン)は必要??

冬の赤ちゃん子供や大人は、寒い時期は手の防寒のために手袋を使いますが、赤ちゃんにも必要なのでしょうか?

手袋と言えば、5本指に分かれているもの、親指だけ分かれたもの、赤ちゃん用の手に被せるだけのミトンがありますが、基本的に赤ちゃんに防寒用の手袋は必要ありません。

手を寒さから守る方法は?

生まれたばかりの新生児のベビーは、顔の近くで手を動かすことが多く、無意識にひっかき傷を作ってしまうことがあるので、こういう場合に手に被せるタイプのミトンが大活躍してくれます。

でも、赤ちゃんは手の平からも熱を放出させて体温調節をしているので、使う必要がなければミトンも極力使わない方が良いとされています。

寒い冬の外出に、小さな乳幼児の手を手袋で防寒してあげたい!と思うかもしれませんが、おくるみやブランケットで手を覆ってあげるだけで大丈夫ですよ。

まとめと注意点

冬の赤ちゃん赤ちゃんを冬の寒さから守るための防寒アイテムには色々な種類があり、可愛らしいデザインのものがたくさんあるので、あれこれ身につけさせたくなってしまいますよね。

しかし、マフラーのように使い方次第で赤ちゃんを危険にさらしてしまうものもあるので、「可愛いから」だけで使うのは避けるようにしましょう。

でも、モコモコのボア素材のクマさん・ウサギさん帽子、ニット素材の帽子とスヌードが一体になったものなど、赤ちゃんだからこそ似合う防寒アイテムもたくさんあるので、今しかできない冬のおしゃれを楽しんで下さいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です