ベビーカー

ベビーカーのB型はいつからいつまで使える?選び方と人気の機種4選

ベビーカーにはA型とB型があり、A型は新生児から使えるタイプということは知られていますが、B型とはどんなものなのか?いつからいつまで使えるのか?意外と知られていないことが多いようです。

B型ベビーカーがいつから使えるかは、腰がすわった生後7ヶ月頃からが目安となります。

新生児期から使えるA型ベビーカーに比べて短期間しか使えないベビーカーですが、その分コンパクトでお手頃価格が嬉しい人気のベビーカーです。

ここではA型とB型の違いを比較したうえで、B型ベビーカーがいつからいつまで使えるか?の疑問や、特徴・メリットを紹介していきます☆

B型ベビーカーはいつから使える?

ベビーカーに乗っている赤ちゃんA型ベビーカーは頸の座っていない新生児から乗せることの出来るほどの安定感や、リクライニング機能、対面式機能が備わっているということは広く知られていますよね。

一方のベビーカーのB型がいつから使えるかと言うと、赤ちゃんの腰がすわりお座りが出来るようになる生後7カ月ごろから使用可能なベビーカーです。

B型ベビーカー特徴の特徴は、対面式やリクライニング機能が無いものが多いものの、その分軽くてコンパクトで安価なのが人気のポイントです。

片手で操作できるくらい軽量で、コンパクトになので収納に便利なタイプも多いので、片手で赤ちゃんを抱っこしながら操作できてとても便利ですよ☆

ベビーカーのB型はハイシートタイプが人気!

B型ベビーカーはハイシートタイプが近年のトレンドで、もはや常識となりつつあり、ベビーカーを選ぶ際に重要視する方が増えてきています。

色々なタイプのB型ベビーカーがある中で、ハイシートタイプが人気を集めている理由は色々あります。

赤ちゃんが座る位置が高いので、地表からの熱を受けにくいことや、腰を曲げずに赤ちゃんのお世話をできるなど、いろいろなメリットがあるので人気を集めています。

従来は地面からの高さが40センチ前後だったのに対し、ハイシートと呼ばれるB型ベビーカーのモデルでは、50センチ以上のものが多いことが特徴です。

地面からの熱や埃からガード!

ベビーカーに乗っている赤ちゃんB型ベビーカーのハイシートがの一番のメリットは、従来タイプよりも地面からの地熱や埃から赤ちゃんを守ることができることと、ママ&パパがかがむことなく赤ちゃんのお世話ができることです。

夏の暑い時期には赤ちゃんにも熱中症対策が必要ですが、ハイシートタイプのB型ベビーカーなら地熱から赤ちゃんを守ることが出来るので、熱中症対策にも一役買ってくれますよ。

また大人の目線により近づくので、赤ちゃんの外の世界への好奇心を刺激しやすくなる点もよいと言われていて、メリットがたくさんあるのでおすすめです。

おすすめのB型ベビーカー

矢印アイコンB型ベビーカーの人気ランキング

ベビーカーに乗っている赤ちゃん
ベビーカーの違いは?a型・ b型・ バギーで長く使えるのはどれ?赤ちゃんとお出かけの際に必要なベビーカー選びは初めての出産を控えたママにとっては、選ぶのも楽しみの1つですね。 ベビーカー売り場を...

 B型ベビーカーはは機能的で使いやすい!

シートが高くなって嬉しいのは、赤ちゃんだけではありません。

ハイシートタイプのB型ベビーカーだと、パパやママがかがむこと無く赤ちゃんを乗せたりおろしたりできるので、パパとママが楽ちんなので、特に腰痛持ちのパパやママにとっては負担が少なくとても嬉しい機能ですね。

またシートが上に上がった分、シートの下の荷物入れの容量も大きくなっていてたっぷり収納できるので、この点も嬉しい機能と言えます

ハイシートタイプのB型ベビーカーは赤ちゃんにとっても、パパやママにとっても嬉しい点が多いことが人気の秘密の理由なので、購入を検討されている方はチェックしてみてくださいね☆

B型ベビーカーのおすすめ機種と、失敗しない選び方

ベビーカーに乗っている赤ちゃんB型ベビーカーといえばとにかく軽さやコンパクトさに目が行きがちですが、安定感や走行性の良さを売りにしているタイプもあり人気が高くオススメです。

とは言え、色々な種類のB型ベビーカーが販売されているので、どれを選んだらいいのか?迷ってしまいますよね。

次に、あえて軽さではなく、安定感と走行性の良さがオススメのB型ベビーカーをご紹介したいと思います。

Jeepのベビーカーの特徴

B型のJeepのベビーカーは数種類あるのですが、一番ベーシックな物はスタンダードというタイプです。

こちらは一番小さなサイズなのですが、クラス最大級のタイヤを使用しているのでタフな走行が可能になっていて、前輪にサスペンションが付いて赤ちゃんに衝撃が伝わりにくくなっているだけでなく、ボディはコンパクトに収納できるのもおすすめのポイントです。

高機能でなめらかな走りが魅力的なのに税込 1万円以内で購入できるので、二台目のベビーカーとしてもおすすめです。

Jeepならではの安定した走りなので、赤ちゃんを安心して乗せることができるおすすめのB型ベビーカーです☆

マクラーレンのヴォロの特徴

安定感と走行性能の良さのオススメのB型ベビーカーといえば、何と言ってもマクラーレンの「volo」になります。

こちらは重量は4.7キロなのでやや重たいものの、アルミ合金のフレームは軽くて丈夫であり、タイヤも大きいので走行性能が安定していてとても良いと評判のB型ベビーカーです。

荷物カゴ部分の底面に、ヒートリフレクティブシートといって地面からの熱を反射するシートが付いて更に快適に!

赤ちゃんが乗るシートもフルメッシュシートなので通気性がよく赤ちゃんにとっては乗り心地が一番快適でオススメのB型ベビーカーです☆

まとめ

ベビーカーに乗っている赤ちゃんいかがでしたか?B型ベビーカーがいつからいつまで使えるか?と、B型ベビーカーの人気の特徴を紹介してきました。

B型ベビーカーとはA型に標準的についているクライニング機能がないことが多いですが、正確に言うとリクライニング機能はB型でもあるものが多くなってきています。

正しく言うと、フルリクライニング機能が無いというのが正解です。

]またA型ベビーカーは重たくて小回りがきかないものが多いのですが、近年発売されているモデルの中には軽量タイプもたくさんあり、A型とB型の差が近年少なくなりつつあるのです。

普段の移動は車や電車が主で、その間のつなぎとしての移動手段という程度であれば、B型ベビーカーはとにかく軽くて小回りが利くので、軽さとコンパクトさにこだわって選ぶといいでしょう。

一方、普段の移動手段がベビーカーであるというご家庭であれば、同じB型でも安定感や通気性など赤ちゃんの乗り心地を重視して選ぶのがおすすめですよ☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です