【9月生まれ】赤ちゃんの退院時の服装の選び方と、生活環境の整え方

まだ夏のような暑さの残る9月生まれの赤ちゃんの退院時の服装は、一体何を準備しておいたらいいのか?迷ってしまいますよね。9月は暦の上では秋ですが、まだまだ夏と同じような暑さが続くことが多いですが、お住まいの地域によっては下旬頃になると肌寒い日も増えてくる時期です。

9月生まれの赤ちゃんの退院時の服装と合わせて準備しておきたいのが、赤ちゃんを優しく包むおくるみです。まだ体が柔らかい赤ちゃんを抱っこする時におくるみで包んであげると安定して抱いてあげることができますし、少し肌寒い時にはブランケット代わりとして使うこともできます。

また、退院後はお家で寝て過ごすことが多いので、上質なお布団を準備して生活環境を整えておきたいですよね。ここでは、そんな寒暖の差が激しい9月生まれの赤ちゃんの退院時におすすめの服装おくるみの選び方、お布団の選び方を紹介します☆

Sponserd Link

基本的には薄手の服装でOK!

新生児の赤ちゃんまだ暑い日もあれば、肌寒い日もある9月生まれの赤ちゃんの退院時には、長袖の秋物を準備するのか?それとも半袖を準備したらいいのか?が一番迷うところですよね。

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんは体温調節が苦手でとても暑がりなので、基本的な服装は肌着+半袖のツーウェイオールがおすすめです。もし、半袖の服装だと寒かったらどうしよう!?と心配な場合は、退院時の定番アイテムでもあるおくるみで赤ちゃんを包んであげれば冷えることがないので安心です!

9月生まれの赤ちゃんの退院時の服装は、その日の気温を見ながら臨機応変に対応して、暑すぎず寒すぎない快適な服装を選ぶようにしてあげましょう☆

ベビードレスは必要!?

9月生まれの赤ちゃんの退院時の服装は、ツーウェイオールではなくきちんとしたベビードレスを着せてあげたい!だけど、本当に必要なのか?迷っているという方もいらっしゃると思います。

退院は赤ちゃんがはじめて外へ出る記念の日なので、純白のベビードレスを着せて写真撮影をするのもいい記念になります。だけど、ベビードレスは退院時とお宮参りやお披露目の時にしか使うことができないので、わざわざ購入する必要はありません。

フォーマルにも対応できる白のツーウェイオールもあるので、9月生まれの赤ちゃんの退院時の服装におすすめです☆
退院時におすすめのツーウェイオール
矢印アイコンツーウェイオールの人気ランキング

新生児の赤ちゃんに厚着はNG!

9月はまだ暑い日が続くので、退院時の赤ちゃんの服装はあまり厚着させないことがポイントです。

お部屋で過ごすときにも肌寒くなければ短肌着+コンビ肌着で大丈夫ですが、少しでも赤ちゃんのお肌が冷たく感じる時はブランケットを掛けて温めてあげましょう。

9月生まれの赤ちゃんは季節的にも汗をかきやすいですし、着替えのことも考えて肌着は少し多めに準備しておいて、こまめに着替えをして汗疹を予防してあげてくださいね。

*関連記事  秋生まれの赤ちゃんの短肌着は半袖?それとも長袖??

【9月生まれ】おくるみの選び方と巻き方

おくるみに包まれている赤ちゃん

9月と言っても夏のように暑い日の赤ちゃんの退院時の服装は、短肌着+長肌着+おくるみで良いですし、靴下も履かせなくてOK!おくるみは綿素材で肌さわりがの良いものを選ぶとオールシーズン使うことができ、秋冬の夜の授乳にも大活躍してくれるアイテムです。

でも、おくるみは新生児の必需品!とはわかっていても、まだ夏のように暑い9月生まれの赤ちゃんには必要ないのかな?と思っている方も多いかもしれませんね。毎日の気温差が大きい9月生まれの赤ちゃんの退院時の服装は、おくるみがあれば解決できます。

おくるみは退院時に赤ちゃんを抱っこする時に巻く以外にも、授乳ケープやブランケットなどの代わりにもなり、1枚あると何かと便利なアイテムなので季節を問わず1枚持っていると重宝しますよ!ここでは、9月生まれの赤ちゃんにおすすめのおくるみと巻き方のポイントを紹介します☆

大人気!エイデンアンドアネイのおくるみ

色々な種類のおくるみがありますが、9月生まれの赤ちゃんにおすすめしたいのは、近年とても人気を集めているAden+Anais(エイデンアンドアネイ)の大判サイズのおくるみです。

英国のキャサリン妃が使用して一躍有名になったこちらのブランドのおくるみは、使うほどに柔らかくなっていく上質のモンスリンコットンが使われているので、デリケートな新生児の赤ちゃんのお肌を守ってくれます。

大判サイズ(120cm × 120cm)なので、おくるみとしてはもちろん、ブランケットや授乳ケープとしても使えるのでとても便利!1枚当たりのお値段も手ごろなので、汗をたくさんかく9月生まれのの赤ちゃんのために毎日洗って清潔に使えるようにと3枚・4枚組のセットが人気です☆
おすすめのおくるみ
矢印アイコンおくるみの人気ランキング

おくるみの巻き方のポイント

おくるみに包まれている赤ちゃん

おくるみは正方形の布でできているものがほとんどで、赤ちゃんをどうやって巻いたらいいんだろう?と迷ってしまう新米ママさんもたくさんいらっしゃると思います。色々な巻き方がありますが、9月生まれの赤ちゃんが新生児のうちは身体と腕をしっかりホールドする「スワドリング」という巻き方がおすすめです。

おくるみの角を1か所、赤ちゃんの頭が出るくらい内側に折りたたんでから赤ちゃんを置き、赤ちゃんの両腕を体に密着させてまず右側の角を持ってしっかり包みます。次に足側の角を持ちお腹の方に優しく持ち上げ、最後に左側の角を持ちややしっかり目に巻いて完了です!

9月生まれの赤ちゃんにおくるみは暑いかも?と思うかもしれませんが、通気性・吸湿性の良いおくるみに包まれていると、赤ちゃんはママのお腹の中の感覚を思い出してリラックスして寝つきも良くなるのでおすすめです☆
*関連記事  赤ちゃんのおくるみの必要枚数はどれくらい準備する?選び方のポイント

【9月生まれ】おすすめの布団の選び方

布団で寝ている赤ちゃんまだ暑い日も続く9月生まれの赤ちゃんのためのお布団は、一体どんなものを準備したらいいのか?迷っている方も多いのではないでしょうか?

9月はまだ暑い日が多いですが、下旬頃~だんだん秋めいてきて気温が下がるので、赤ちゃんを冷やさないようにお布団選びも慎重になりますよね。ここでは、9月生まれの赤ちゃんに最適なお布団の選び方と注意したいポイントについて紹介します☆

気温の変化に対応できるように準備しておこう!

9月生まれの赤ちゃんは、まだ気温が高い日には汗をたくさんかいてしまうので、敷布団の上に汗取りパットとタオルケットを敷いてから寝かせて、タオルケットやバスタオルなど薄手のものを掛けて寝かせてあげます。

肌寒い時には、赤ちゃんの様子を見ながら掛け布団を綿布団など少し厚手のお布団にして、体を冷やさないようにしてあげましょう。気温差が激しい時期に新生児期を過ごす9月生まれの赤ちゃんには、暑い日にも肌寒い日にも対応できるお布団一式がセットになったベビー布団セットがおすすめです。

オールシーズン使える赤ちゃんに必要なお布団が全て入っているので、1つ1つ揃える必要がないので、急な寒さにも対応できるのでおすすめです☆
おすすめの布団セット
矢印アイコンベビー布団セットの人気ランキング

赤ちゃんを寝かせる時の注意点

9月生まれの赤ちゃんは、まだまだ気温が高い秋にお布団の中で1日のほとんどを寝て過ごします。

新生児の赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので気温が上がると体温も一緒に上昇して汗をたくさんかいてしまうので、お布団をかけすぎないように注意が必要です。

大人が「少し肌寒いかな?」と感じて赤ちゃんにもお布団をたくさんかけてしまうと、暑すぎて可哀想なこともあるので、赤ちゃんの体を触ったり汗をかいていないか?こまめに確認しながら9月生まれの赤ちゃんの布団選びをしてくださいね☆

まとめと注意点

赤ちゃんとママいかがでしたか?9月生まれの赤ちゃんは、残暑が残って汗ばむような日もあれば、急に肌寒くて羽織り物が欲しくなる日もあるような寒暖差が激しい時期に生まれて、退院しておうちに来るので、その日の気温に合わせた肌着・服装を準備しておく必要があるので、準備しなくてはいけないものが多くて大変ですよね。

でも、赤ちゃんはこれから寒くなる時期に向かって大きくなっていくので、今のうちに少し厚手のものを準備しておくと、急に冷え込んだときに対処できるので安心ですよ!

退院しておうちに帰ってきてからが、本当の意味での9月生まれの赤ちゃんとの生活のスタートです。ぐっすり寝かせてあげることができるお布団を準備して、すやすやと寝かせてあげてくださいね☆