オムツ交換をしている赤ちゃん

新生児の赤ちゃんのオムツ替えは、一日に10~15回と、とても多いものです。

しかし、オムツ替えの度に、赤ちゃんが泣いて嫌がるなんてこともよくあり、「うちの子、なんでこんなにオムツ替えを嫌がるの?」と悩まれているママも多いのではないでしょうか?

実は、赤ちゃんはオムツ替えが嫌なのではなく、嫌がる原因は他にあるので、まずは嫌がる原因を知ることが大切です。

ここでは、新生児の赤ちゃんがオムツ替えを嫌がる理由と、効果的な対処方法についてお話しします☆

Sponserd Link

赤ちゃんは不安だから泣く!?

オムツ替えの際、泣きながら足をバタバタさせている新生児の赤ちゃんを見ると、まるで全身でオムツ替えを嫌がっているように見えてしまいますよね。

しかし、赤ちゃんはオムツ替えを嫌がるのではなく、足が服から出て剥き出しになることで不安を感じたり、急にひんやりして寒くなってしまうことで泣いてしまうのです

また、足をバタバタさせるのは本能的にやってしまう反射行動なので、オムツ替えを嫌がる行為とは別物なのです。

赤ちゃんが嫌がらずにオムツ替えを進めるためには、赤ちゃんから不安を取り除き、リラックスした環境で行うことが大切です☆

オムツ替えは短時間で!

しかし、新生児の赤ちゃんが不安で泣くからとは言え、服をめくらなければオムツ替えはできませんよね。

そんな時は、はじめのうちは泣いてしまうのも仕方ないと割りきり、まずは足をしっかり押さえて、手際よく短時間で済ませることが大切です。

下半身が外気にさらされ続けると、それだけで不安は更に高まり泣いてしまうので、手際よくオムツ替えを終えられるよう、オムツ・おしり拭きなど必要なものは事前に準備しておきましょう。

少し肌寒い時期には、ひんやりと冷たいおしり拭きを使うことで更におむつ替えを嫌がることもあるので、おしり拭きウォーマーを使ってあらかじめ温めておくのもおすすめです☆

優しく声をかけてあげよう

新生児の赤ちゃんのおむつ替えの際の不安を取り除くのに、最も最適なのがママからの優しい声かけです。

もしかして、赤ちゃんが嫌がるからと、難しい顔でオムツを換えていませんか?

ママの不安は赤ちゃんに伝わりますので、オムツ替えをする際は「今からオムツをかえるよ~」や「綺麗になって気持ちいいね~」など、優しく話しかけて、赤ちゃんの不安を取り除きながら、楽しくオムツ交換をしましょう!

そうすれば、いずれ赤ちゃんも慣れてオムツ交換を嫌がらなくなりますよ☆