おむつ交換をしている赤ちゃん

新生児の赤ちゃんのオムツ替えをする際、足をどのように持ち上げるべきなのか?迷っているママに多い悩みが「足を伸ばすべきなのか?」ということではないでしょうか。

赤ちゃんの足は基本、両膝と股関節を曲げてカエルのようなM字型の格好をしていますよね。

しかし、ここに足を伸ばすような力が加わると、脱臼を誘発する原因にもなってしまうので注意が必要です。

ここでは、新生児の赤ちゃんのオムツ替えの際に足を伸ばすことで、起こりやすくなる「股関節脱臼」についてお話しします。

Sponserd Link

「股関節脱臼」って?

股関節脱臼は、大腿骨一番上の骨頭が関節からはずれてしまっている状態をさし、生後3~4か月の乳児健診で「股関節の開きが悪い」ということで発見されることが多い病気です。

先天性の脱臼もありますが、生まれる前から脱臼している(奇形性脱臼)割合は少なく、生後発育していく過程で脱臼になる(発育性脱臼)方が多いのも特徴の1つです

赤ちゃんが生まれたら、オムツ替えの際に足を延ばしたりするなどの、股関節脱臼を誘発するする行為に気を付ける必要があります。

オムツ替えの際の注意点

おむつをしている赤ちゃんの足

新生児の赤ちゃんが股関節脱臼を一番誘発しやすいのが、オムツ替えの際の足を伸ばす行為です。

ほとんどの赤ちゃんは、両膝と股関節を曲げてカエルのようなM字型の格好をしています。

しかし、おしりを清潔にするために、足をまっすぐ伸ばしたまま上に持ち上げたり、横もれを気にするあまり締め付けすぎて脚が自由に動かせないなど、間接に付加をかけるような行為は、脱臼を誘発する原因になってしまうので気をつけることが大切です。

気になるようなら、病院へ

ママに抱かれる赤ちゃん

オムツ替えの時に、新生児の赤ちゃんを足を真っ直ぐ伸ばしていたなら、今後は、M字のまま優しく持ち上げるか、手のひらを赤ちゃんのお尻の下に入れて持ち上げて交換するようにしましょう。

また、「すでに股の開きが悪いような気がする」など、気になるようなことがある場合には、一度病院で診てもらうのもオススメです!

新生児の赤ちゃんの体は柔らかくてとてもデリケートなので、オムツ替えの際は細心の注意を払い、無理に足を伸ばす行為をしないように心がけるようにしてくださいね☆