オムツ替えをしている赤ちゃん

新生児の赤ちゃんのオムツ替えの時、足の持ち方はどうしたらいいんだろう?と悩まれるママが多いようです。

生まれる前にシュミレーションして練習をしていたとしても、実際の赤ちゃんとのオムツ替えは、そうスムーズにいかなくても無理はないことです。

特に足は、突っ張ったりバタバタしたりと、思うようにできず悩むこともありますが、だからといって力任せに足を伸ばしたりしないでくださいね。

ここでは、新生児の赤ちゃんのオムツ替えの際の正しい足の持ち方と注意したいポイントについてお話しします☆

Sponserd Link

オムツ替えの際の正しい足の持ち方とは?

新生児の赤ちゃんのオムツ替えの際に足の持ち方は、そっとやさしく、関節の動きを妨げないようにして持ちましょう。

赤ちゃんの脚は、M字型になっているのがもっとも自然とされています。

オムツ替えを行う際は、足首を持って持ち上げるのではなく、ヒザの裏に支えるように手を入れて持ち上げるか、足の裏を左右くっつけて持ち上げるようにしましょう。

小さなうちから少しずつ足をバタバタさせ、足に力や筋肉をつけていきますが、だからといって、無理に引っぱったり、伸ばしたりするのは股関節脱臼を引き起こす原因にもなってしまうので注意が必要です。

足がつっぱる時は、話しかけてみよう!

笑顔の赤ちゃん

しかし、時には新生児の赤ちゃん自らが足を突っ張って、オムツ替えをさせてくれないときもあります。

その場合は、一度足から手を離して赤ちゃんに話しかけながら、力を抜かせてあげると足が突っ張らずにおむつ交換がしやすくなりますよ!

力が抜けたら、そっと足の裏に手をあて、おなかの方に押し上げるようにしてヒザを折ると、自然なM字になりなるので、試してみてください。

注意してほしいのは、赤ちゃんが足を突っ張って足がM字にならないからと言って、力任せにひざを押し曲げたりしないようにしてください。

新生児の赤ちゃんの関節はとても弱く脱臼しやすいので、足の持ち方には十分注意するようにしてくださいね!

おむつ交換の方法のまとめ

おむつ姿の赤ちゃん

新生児の赤ちゃんのオムツ替えの際の足の持ち方は、無理矢理足首を持って持ち上げるのではなく、M字型に開くようにそっと持ち上げることがポイントです。

泣いて嫌がることもあるかもしれませんが、そんな時はママも一呼吸置いて赤ちゃんに優しく話しかけ、落ち着かせてからオムツ替えをするようにしましょう。

オムツが外れるのは個人差がありますが、だいたい3歳前後です。

それまで毎日赤ちゃんのオムツ替えをすることになるので、オムツ替えに神経質になりすぎずに気楽に行うようにしましょう☆