寝ている赤ちゃん冬の時期は、お住まいの地域にもよりますが朝晩は気温がかなり下がり、赤ちゃんを寝かせる寝室も寒くなってきますよね。そうなると気になってくるのは、冬の時期の赤ちゃんのお布団は何を何枚かけたらいいのか?ということですよね。

赤ちゃんが寒くないようにと、たくさんお布団をかけてあげたくなりますが、暖房を使って室内の温度を上げている場合は布団をたくさんかける必要はありませんが、暖房を使わない場合は朝方ぐっと室温が下がるので寒さ対策をして寝冷えを防ぐようにしてあげましょう。

ここでは、赤ちゃんの冬のお布団は何を何枚かけたらいいのか?選び方と注意したいポイントについて詳しく紹介します☆

Sponserd Link

冬の赤ちゃんのお布団の枚数の目安とは?

布団にくるまる赤ちゃん冬の夜にやりがちなことは、赤ちゃんにお布団をかけすぎてしまうことです。いくら寒い冬の夜だからと言って、赤ちゃんに何枚もお布団を重ねて掛けてしまうと、布団が重くて可哀想なだけでなく、体温調節機能が未熟な赤ちゃんは熱が発散できずに汗をたくさんかいてしまい、結果的にが冷えて風邪をひいてしまうこともあります。

赤ちゃんの冬のお布団の選び方は、お住まいの地域や、暖房を使う・使わないかでも異なってくるので、ご自身のライフスタイルに合わせたお布団の選び方をすることが大切です。

暖房を使わずに寒いお部屋で赤ちゃんを寝かせる場合の布団の枚数は、基本的に肌毛布+綿布団の2枚で大丈夫です。暖房を使って暖かいお部屋で赤ちゃんを寝かせる場合の布団の枚数は、基本的に肌毛布か綿布団のどちらか1枚をかけてあげれば基本的に大丈夫です。

冬は寒いのにその枚数では少ないのでは?と思うかもしれませんが、赤ちゃんは体温が高くて暑がりなので、かけすぎる事の方が弊害が多いのです。もし、布団の枚数が少なくて赤ちゃんが寝冷えをしないか心配な場合は、パジャマの上に羽織るスリーパーを着せてあげましょう。

スリーパーは着る毛布とも言われていて、お布団1枚としてカウントすることもできる位温かいので、朝まで冷えずに暖かく寝かせてあげることができますよ☆

通気性のいいスリーパーで暖かく快適!

スリーパーを着ている赤ちゃん暖房を一晩中つけて暖かいお部屋で寝る場合は、赤ちゃんにスリーパーを着せて、タオルケットをかけてあげるだけでも大丈夫です。スリーパーは熱が背中にこもってしまうのでは?と心配の場合は、背中の部分がメッシュになっていたり、通気性が良いダブルガーゼなどの素材のものを選ぶと安心です。

冬用でも熱がこもらず通気性のよいタイプのスリーパーが増えてきているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

冬だから寒い→たくさんの枚数のお布団!となりがちですが、特にまだ小さい赤ちゃんに布団をたくさんかけてしまうと重くて可哀想なので、スリーパーを着せて様子を見ながら布団の枚数を調節していってあげてくださいね☆

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

冬に布団をかけても寝返りしてしまう時の対処法

赤ちゃんが一生懸命寝返りをする様子は、昼間は微笑ましく見ていられますが、冬の夜となると話は違ってきますよね。きちんとお布団に寝かせたはずなのに、気づいたら寝返りをしていてお布団から出てしまっていた!冷たい床の上で眠っていて、手足が冷たくなっていた!と、焦ってしまうことも……

赤ちゃんによっては眠りながらでもコロコロ寝返りをしてしまうので、お布団を何度かけても剥いでしまうと、ママも気になって眠れない困ってし、どんなお布団を選んだらいいのか迷ってしまいますが、そんな時は暑い・寒いが原因で布団を剥いでしまう訳ではないので、布団選びは重要ではないのです。

それならどうしらいいのか?と言うと、寝返りをして困ってしまっている時にも、先ほど紹介したスリーパーが大活躍してくれます。ベストタイプのスリーパーは赤ちゃんがどんなに寝返りをしてもはだけることがないので、お布団をかけていなくても体が冷えずに安心ですよ!

臨機応変に布団と服装を選ぼう!

寝ている赤ちゃんいかがでしたか?ここで紹介したように、冬の赤ちゃんのお布団は何を何枚かけるのか?はお住まいの地域や生活スタイルによって異なるので一概に「◎枚!」と言うことができませんが、大切なことは室温や赤ちゃんの様子を見ながら、服装とお布団を選んであげることです。

冬は寒いから、冷えないために暖かいお布団をたくさんかけてあげよう!という親心は、体温調節が苦手な赤ちゃんにとってかえって負担になってしまうので、基本的に肌毛布と綿毛布の2枚のお布団を準備しておけばOK!

それだと寒ければバスタオルやタオルケットを追加してかけてあげたり、温かいスリーパーを着せてあげるようにすれば、寒くて風邪を引いてしまうようなことはありません。大人が少し寒いかな?と感じる位が赤ちゃんにとっては適温ということを頭に入れて服装とお布団を選び、快適に眠れるように環境を整えてあげるようにしてくださいね!