ハロゲンヒーターの画像寒さが厳しい冬の季節はお部屋を暖房器具で温めますが、赤ちゃんと過ごす場合はどんな暖房器具を使うのが安全なのでしょうか。色々な暖房器具がありますが、近年人気のハロゲンヒーターはすぐに暖まるしから、赤ちゃんを冷やすことがなくていいのでは?と考えているご家庭もあるかと思います。

を直接暖めるタイプの暖房器具であるハロゲンヒーターや電気ストーブは、色々な暖房器具の中でも比較的電気代を抑えられるので人気を集めていますが、これらの暖房器具は、使い方を誤ると発火の恐れがあるため注意が必要です。

ここでは、赤ちゃんのいるご家庭で、ハロゲンヒーターを使用する際の注意点とおすすめの暖房器具について紹介します!

Sponserd Link

ハロゲンヒーターとは?

まず、ハロゲンヒーターはどんなタイプの暖房器具かと言うと、電気ストーブの一種で、ハロゲンランプを発熱体とするものを指します。まぶしいほどのランプの光が特徴的で、近距離をピンポイントで暖かくしてくれます。

部屋全体を暖めるのには向かない暖房器具ですが、ポイント的に使うには優れた商品で、カーボンヒーターに比べると、体や布に吸収されやすい遠赤外線も少ないのも特徴です。

しかし、赤ちゃんのいるご家庭で使うとなると、お部屋全体を温めることができないことに加えて、気をつけなければいけないことがいくつかあるので、次から注意したいポイントについて紹介していきます。

体に長時間当てると低温火傷の危険が!

ハロゲンヒーターハロゲンヒーターは放射された光が水分子に吸収され、そのエネルギーが最終的に熱エネルギーに変換される事により、身体を暖めることができる暖房器具です。

すぐに暖まって便利な反面、ハロゲンヒーターの光は人間の身体の水分にも反応するので、寝ている赤ちゃんなどに長時間当ててしまうと、皮膚の内部から水分が蒸発されてしまい、最悪の場合低温火傷になる危険性があります。

使用する際は、赤ちゃんからある程度離し、長時間当てないように気を付けル用にすることが大切です。

ランプに埃がつくと発火の恐れが!

泣いている赤ちゃんまた、特に気を付けなくてはならないのが、ハロゲンヒーターのランプにホコリが付着することにより、発火してしまう恐れがあるということです。

ランプに付着したホコリを放置することで、放射された光を反射する際に、ホコリの水分が熱を持ち火災の原因となってしまうので、ホコリがランプにつかないようにこまめなメンテナンスを欠かさないことが大切です。

また、ホコリだけでなくカーテンやタオルが誤ってハロゲンヒーターの上に覆い被さってしまった場合も、発火の恐れがあるので注意が必要です。

ハロゲンヒーターは、こたつや、電気ストーブのように即暖性の高い暖房器具ではありますが、使い方を誤ると赤ちゃんにとって、とても危険な暖房器具になってしまうので、使用する際は、使い方は十分注意して安全に使用するようにしましょう。

赤ちゃんのいるご家庭はエアコン+パネルヒーターが◎

パネルヒーターハロゲンヒーターをはじめ色々な暖房器具がありますが、赤ちゃんがいるご家庭でどんな暖房がお勧めかというと、エアコン+パネルヒーターの組み合わせがおすすめです。

石油ストーブは即暖性が高くて温かいのですが、空気を汚してしまうのでこまめな換気が必要になりますし、エアコンだけだと空気が乾燥してしまうので、赤ちゃんの過ごすお部屋の暖房器具には向きませんが、まずエアコンで室内を暖めてからエアコンを切り、パネルヒーターで体を温める方法が赤ちゃんにとって一番安全な方法です。

パネルヒーターには、オイルタイプと遠赤外線タイプがありますが、遠赤外線タイプのものは、体だけでなく床・天井・壁も温めてくれますし、空気を汚すこともないので換気の必要もないので、手間もかからないのも嬉しいポイントですね!

関連記事

おすすめのパネルヒーター

矢印アイコンパネルヒーターの人気ランキング

赤ちゃんの温めすぎには注意しましょう!

抱っこ紐で抱かれている赤ちゃんいかがでしたか?ハロゲンヒーターはすぐに暖まるから、赤ちゃんにもいいのでは?と思うかもしれませんが、ここで紹介したように、小さなお子さんがいるご家庭では事故を起こしやすい暖房器具の1つなので、使う際には細心の注意を払って使うようにしましょう。

また、冬だから赤ちゃんの体が冷えて風邪を引かせないようにしなくちゃ!と、赤ちゃんに厚着をさせて、暖房器具でお部屋を温めすぎると、体温調節機能が未熟な赤ちゃんは体温も上昇してしまうので、汗をたくさんかいてしまいます。

汗を沢山かいたままにしておくと、肌の上で雑菌が繁殖して冬でも汗疹の原因になってしまいますし、汗を吸った肌着を着せたままでいると、汗が冷えることにより赤ちゃんの体も冷やしてしまう恐れがあるので、もし汗をたくさんかいているようなら、冬でも肌着をこまめに交換してあげてくださいね。

冬、赤ちゃんにとって適温と言われている温度は18~23℃なので、赤ちゃんの様子を見ながらお部屋の温度と服装の調節をして快適に過ごせるようにしてあげましょう☆