寝ている赤ちゃん冬になると寝室の室温も下がるので、赤ちゃんに寒い思いをさせたり、風邪を引かせてしまわないように、暖かいお布団をかけてあげたくなるのが親心ですよね。でも、冬用の厚くて重い布団を使うと、万が一赤ちゃんの顔に覆い被さってしまった時に、身動きが取れなくなって窒息してしまわないか?と心配になってしまう…という声もよく耳にします。

また、いつも赤ちゃんと一緒に添い寝をしている方は、ママと同じ厚くて重い布団を赤ちゃんにかけても大丈夫なのかな?それとも、別のお布団をかけてあげた方がいいのかな?と気になっているママも多いのではないでしょうか。

ここでは、赤ちゃんが冬用の重いお布団で窒息してしまわない方法と、冬におすすめのねんねアイテムを紹介します☆

Sponserd Link

軽くて暖かいベビー布団で窒息を防ごう!

寒い冬になると、大人は厚手の毛布+綿布団や羽毛布団をかけて眠りますが、小さな体の赤ちゃんに同じようにお布団をかけてしまうと重いので、最悪の場合は窒息してしまう可能性があるので注意が必要です。

特に寝返りを始めた赤ちゃんは布団の中でもコロコロとよく動くので、万が一顔の上に重い布団が乗ってしまっても手で払いのけることができず、悲しい結末になってしまった…という事故例もあるので、添い寝・ベビーベッドを問わず、赤ちゃんの窒息を防ぐためには、冬は軽くて暖かい赤ちゃん用の布団を使うことをおすすめします。

もし、赤ちゃんの布団選びに迷ってしまった時は、パジャマの上にベストタイプのスリーパーを着せて、軽くて暖かいブランケットや肌毛布を1枚かけてあげましょう。スリーパーは「着る毛布」とも呼ばれていてお布団代わりにもなりますし、お腹が出ないので寝冷えも防げるのでおすすめです☆

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

万が一の窒息を防ぐためのポイントと注意点

寝ている赤ちゃん赤ちゃんが窒息しやすいお布団は、柔らかい敷布団と重い掛け布団です。大人は当たり前のように柔らかい敷き布団と重い掛け布団を使用しますが、赤ちゃんの安全面を考えると、この2つのタイプのお布団は赤ちゃんに使わないことが絶対条件になってきます。

冬は特に柔らかくて暖かい敷布団の上に、暖かくて重い掛け布団を使いがちですが、赤ちゃんと添い寝をする場合は、硬い敷布団と、軽い掛け布団を使うことで、万が一の窒息を防ぐことができますよ!

また、赤ちゃんは器官も細くまだ未発達なので、ママかパパが夜中に起きてお布団に顔をうずめていないか?顔にお布団がかかっていないのか?少し大変かもしれませんが、こまめに起きて確認するようにすると、より安心です。

軽い羽毛布団も赤ちゃんには使ってはいけない!?

寝ている赤ちゃん
冬用の厚くて重い掛け布団が赤ちゃんにはよくないのなら、軽くて温かい羽毛布団をかけてあげよう!と思うかもしれませんが、実は羽毛布団は赤ちゃんに使うのは良くないのです。

その理由は、羽毛布団は中に入っているダウン素材が外に出ないように、機密性の高い生地が使われているので、万が一赤ちゃんの顔に覆い被さってしまった場合、息ができなくて窒息してしまう可能性があるからです。

その他にも、ダウン素材にダニなどの害虫が寄って気安いので、アレルギーの原因になってしまうこともありますし、羽毛布団特有の保温性の高さが、体温調節器のがまだ未熟な赤ちゃんには暑すぎてしまうこともあるので、冬に赤ちゃんにかけるお布団は通気性・保温性に優れた綿素材のものを使用するようにしましょう!

赤ちゃん用の布団が安心&安全な理由とは?

寝ている赤ちゃん大人用のお布団で赤ちゃんと添い寝をされているご家庭もたくさんありますが、実は赤ちゃん用の布団と大人用の布団では作りが根本的に違う、ということはあまり知られていないかもしれませんね。

一般的な大人用のお布団は柔らかめや、低反発のものが好まれる傾向がありますが、赤ちゃん用のお布団は硬めに作られています。硬いお布団なんて寝心地が悪くないの?と思うかもしれませんが、柔らかい布団だと顔が埋まったまま窒息してしまう可能性があるので、安全面から敢えて硬く作られているのです。

もし、これから赤ちゃんの冬用のお布団を選ぶ場合は、厚くて重いお布団ではなく、安全第一に考えて作られているベビー布団がおすすめです。敷き布団・掛け布団・毛布などがセットになっているものなら、冬はもちろん、一年を通して使えるのでお布団選びに迷わず済むのでとても便利ですよ!

おすすめの布団セット

矢印アイコンベビー布団セットの人気ランキング

赤ちゃんの様子を見ながらお布団を調整しよう!

冬用の重いお布団、軽い羽毛布団が赤ちゃんには良くないなら、何を何枚かけてあげたらいいのかわならない!と余計に迷ってしまった方もいらっしゃるかもしれないですね。

まとめると、安全面から赤ちゃんへの使用を避けたいのが、以下の3つです。

  • 柔らかい敷布団
  • 重い掛け布団
  • 羽毛布団

赤ちゃんの窒息を避けるためには、赤ちゃんのために作られた綿素材のベビー布団が適していますが、もしベビー布団をお持ち出ない場合は、タオルケット+中厚の綿布団をかけてあげるようにしましょう。それだと寒くて心配…という場合は、パジャマの上にスリーパーを着せてあげれば朝まで寝冷えの心配がないので安心です。

赤ちゃんは大人より体温が高く暑がりなので、冬は特に温かくして寝かせてあげたい!と思ってしまいますが、温めすぎるとお布団を蹴飛ばしてしまったり、汗をたくさんかいてしまうこともあります。また、室温との兼ね合いもありますので、あくまで赤ちゃんの様子を見ながらお布団と服装を調節して、快適に眠らせてあげるようにしてくださいね!