レッグウォーマーを着けている赤ちゃん寒い冬の季節、ふと赤ちゃんの足を触ると冷たくなっていることも多く、足元の冷えが気になりますよね。上半身は温かいアウターや帽子などを身につければ暖かくなりますが、足元はどのような防寒アイテムを使ったらいいのでしょうか?

まず足元の防寒と言えば、靴下ですが、赤ちゃんに靴下を履かせることはあまりよくないと言われているので、冬でも履かせないべきか?迷ってしまうママも多いようです。靴下以外には、レッグウォーマーや暖かいブーツ、冬用のズボンも足元からの冷えを守るアイテムとして大活躍してくれます。

ここでは、赤ちゃんの足元からの冷えを守ってくれるおすすめの防寒アイテムと、使い方のポイントについて詳しく紹介していきます!

Sponserd Link

冬でも防寒対策として靴下は履かせてはいけないの?

赤ちゃんはまだ体温調節機能が未熟なため、手のひら・足の裏からも熱を放出させて体温調節をしているので、一年を通して靴下をはかせない方が赤ちゃんの体の発達のためにも良いとされています。

しかし、それはあくまで「室内」の話です。気温が低い冬に外出する時に靴下を履かせないと、さすがに足元から冷えて体温が下がってしまったり、最悪の場合しもやけになってしまうこともあるので、赤ちゃんと外出するときは靴下を履かせてあげるようにしましょう。

ただし、いつも履き慣れていない靴下を履くと、嫌がって脱いでしまう場合もあるので、そういう場合は無理に履かせようとせず、足が出ないタイプの防寒カバーオールを着せたり、おくるみで包んであげて、足を冷気にさらさないようにするのが◎

また、冬の夜は更に気温が寒くなるので、防寒対策として赤ちゃんに靴下を履かせているというご家庭もあるかもしれませんが、就寝時に熱を足の裏から発散できずに、暑くなりすぎて布団を蹴って寝冷えの原因になることもあるので、同様に避けるようにしてくださいね!

レッグウォーマーで足首~ふくらはぎをしっかり防寒!

レッグウォーマーを着けている赤ちゃん冬の赤ちゃんの足元の冷えを防ぐ防寒アイテムの中で、一番活躍してくれるのがレッグウォーマーです。ふくらはぎは第二の心臓とも言われていて、レッグウォーマーでふくらはぎを温めることで全身の血流が良くなり、体温が上昇してポカポカにしてくれます。

履かせ方は色々あり、スカートやショートパンツにそのまま履かせてもいいですし、ズボンの下、または上に履かせてもOK!冬の防寒アイテムとしてはもちろんですが、夏も冷房の寒さ対策として使うことができるので、1つ持っていると重宝しますよ!

赤ちゃん用のレッグウォーマーには、新生児用、子供用、ショートタイプ、ロングタイプなど様々な種類がありますが、小さすぎると窮屈で嫌がってしまいますし、かと言って大きすぎてもブカブカですぐに脱げてしまうので、購入する時は赤ちゃんのふくらはぎのサイズに合うものを選んであげるようにして下さいね。

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

暖かくて風を通さないズボンで防寒対策!

ハイハイしている赤ちゃん冬のお散歩やお出かけなどの外出時には、暖かくて風を通さない素材でできたズボンで足元を防寒してあげるのもおすすめです。風を通さないナイロン素材のものや、裏地付きのボア・フリース・キルトなど暖かい素材でできたズボンは、別名スノーパンツとも呼ばれています。

裏地付きのものなら単体で履かせてもしっかり防寒してくれますし、いつものズボンを履いた上に履かせることもできるので、雪が降るような寒い日にも大活躍してくれます。

ズボンとアウターが一体となったジャンプスーツは全身をすっぽり覆ってくれるので、1枚持っていると冬の間重宝しますよ!

防寒ブーツで足元あったか

赤ちゃん用の防寒ブーツ赤ちゃんの靴を選ぶとき、冬の寒い時期には温かくて保温性の高いブーツが足元をしっかり傍観してくれるのでおすすめです。赤ちゃんの足はかじかみやすく、しもやけにもなりやすいので、ブーツの中は暖かいボア・ウレタン素材のものを選ぶのが◎

水をはじく撥水加工や長靴などのようなラバー素材のものだと、雨や雪の日でも「濡れるから…」と気にせずに履かせてあげられますよ!

また、赤ちゃんは靴やブーツを窮屈に感じて履くのを嫌がってしまう事もあるので、足を入れる履き口にファスナーやマジックテープががついていて大きく開くものだと、嫌がる赤ちゃんでもすんなり履いてくれますし、脱がせるのも簡単で便利なのでおすすめです。

まとめと注意点

冬の赤ちゃんとママ寒い冬の冷えは足元から来るので、ここで紹介した靴下・レッグウォーマー、ズボン、ブーツなど防寒アイテムを駆使して冷えから守ってあげる事は大切ですが、赤ちゃんは大人より体温が高く、暑がりなので、温めすぎると暑くなって汗をたくさんかいてしまいます。

特に室内では暖房を使ってお部屋の中を温めている場合は、靴下ははかせずに素足で過ごさせてあげた方が赤ちゃんも体温調節がしやすく、快適なのです。

もちろん、冬の外出時は冷えから守るために、靴下やレッグウォーマーを履かせたりしっかり防寒するのはいいことですが、赤ちゃんの様子を見ながら暑そうなら防寒アイテムを1つ減らしたありしながら、暑すぎず寒すぎないように調節してあげてくださいね!