冬の夜、お布団に全身を入れて寝かせたはずの赤ちゃんをふと見ると、手がバンザイの状態になっていて、触ると冷たい!!と驚いたことがあるママも多いのではないでしょうか。そして、お布団の中に何度も手を入れても、手を出してしまって、体が冷えてしまわないか心配になってしまいますよね。

そんな時、ミトンをすればお布団から手が出てしまっても、冷えずに済むのでは!?と思いついてはみたものの、ミトンは赤ちゃんによくないという意見も耳にしたことがあると、本当に寝るときにミトンをさせていいのか?悩んでしまうママも多いのではないでしょうか。

ここでは、冬の夜寝るときにバンザイをしてしまい手が冷たい赤ちゃんに、ミトンをしてもいいのか?の疑問と、寝るときの上手な体温調節方法について紹介していきます。

Sponserd Link

バンザイをしてしまう理由とは?

寝ている赤ちゃん冬はとても寒いので、赤ちゃんの体を冷やさないようにお布団の中に入れても、バンザイをしてしまい困ってしまいますが、バンザイの状態で寝ている理由は色々あるようです。

その理由とは、赤ちゃんにとって内臓を圧迫せずに、呼吸しやすい体勢だからということや、お腹の外に出てきて手足を大きく伸ばしたいからということ、そして安心しきって寝ているからバンザイの状態ということが考えられます。どの理由かはわかりませんし、全て該当するのかもしれませんね!

そして一番の理由として挙げられているものが、バンザイをすることで赤ちゃんは手から放熱して体温の調節をしているというものです。冬にバンザイの格好で寝ていたら、手をお布団の中に入れたくなってしまいますが、体温調節をしている状態なのでそのまま寝かせてあげて大丈夫です☆

冬は寝るときにミトンをしてOK?それともNG??

夜中にバンザイをして手が冷たい状態になっている赤ちゃんが気がかりで、何度も起きて手をお布団に入れて…を繰り返すと、睡眠不足になって疲れてしまいますよね。そんな時、ミトンをすれば手は冷たくならない!というのは、確かにそうなのですが、実は赤ちゃんが寝るときにミトンをするのはよくないのです。

その理由は、赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟なので、手や足からも熱を放出して、体の中に余計な熱をためこまないようにしているからです。

赤ちゃんは寝るときに体温が上昇するので、熱くなったらバンザイの状態にして手をお布団から出して熱を発散させ、逆に寒いときは毛細血管を収縮させることで体内の熱が逃げないようにしているからなのです。

手から熱を放出している!?

赤ちゃんの手布団から出ている手が冷たい理由は、余計な熱を放出しつつ、必要な熱を逃がさないように毛細血管を収縮させているので、外気に触れている手は冷たくなっているので、寝ているときに赤ちゃんの手が冷たくなっていても心配しなくても大丈夫なのです。

これは、手だけなく足にも同じことが言えるので、ミトン・靴下で熱を放出させる手足の皮膚を覆ってしまうと、余計な熱が放出されず体内にこもってしまう「うつ熱」の状態になってしまいやすくなってしまうのです。

こういうことから、寝るときはミトン・靴下は身に着けない方が赤ちゃんのためにもいいということになります。

手が冷たい時は、赤ちゃんの様子を見ることも大切!

このように、冬の夜に赤ちゃんが寝るときにバンザイしながらすやすや眠っていて、手が冷たい状態は、熱を放出している状態なので特に問題はありませんが、体調を崩していて急激に熱が上がる時も手や全身が冷たくなるので、手の冷たさだけでなく、赤ちゃんの寝息や寝汗の状態も見るようにしましょう。

赤ちゃんがなりやすい病気の1つとして熱性痙攣がありますが、これは体温が急激に上がることで全身を痙攣させる症状が出るものです。これはミトンや靴下を身に着けさせたから起こる訳ではありませんが、体温が高い状態の時にミトンや手袋で皮膚を覆うことは体温調節が更に困難になってしまいます。

こういうことからも、普段寝るときも、体調が悪いときも、赤ちゃんの手足が冷たいのはかわいそう…という親心はかえって赤ちゃんにとって良くないこと!と頭に入れておき、ミトンや靴下は身につけさせないようにしましょう。もし冷えが心配な場合はベストタイプのスリーパーを着せてあげるのがおすすめです☆

おすすめのスリーパー
矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

快適に眠れる環境作りのポイント

布団で寝ている赤ちゃん

冬に赤ちゃんがバンザイをして眠っていると、寒くないか心配になりますよね。手が布団から出て冷たくなっていると、風邪をひいてしまうのではないかと心配になってしまいますが、手が冷たくても体は冷えていないので大丈夫です。

赤ちゃんの体温を確認する時は、手や足ではなく、お腹や背中を触ってみて温かければ大丈夫です。冬は寒くないように、寝るときには服をたくさん着せたり布団をたくさんかけてあげたくなりますが、赤ちゃんは暑がりなので寝苦しくなってしまい、夜泣きもしやすくなってしまいます。

熟睡できないと病気になりやすい体になってしまうので、しっかり熟睡できるように、適温をキープできるように環境を整えてあげてくださいね☆

✽関連記事  冬、赤ちゃんが布団から手が出て冷たい時の対処法と暖房の使い方のコツ

赤ちゃんはいつ頃体温調節が上手にできるようになる?

布団で遊んでいる赤ちゃん基礎代謝が活発で、体温調節機能が未熟と言われる赤ちゃんですが、いつ頃から体温調節機能が整ってくるのかと言うと、だいたい生後8か月頃には上手に体温調節ができるようになってきます。

生後8か月頃というと、お座りが上手にできるようになり、ズリバイやハイハイで体を動かせるようになる時期です。この頃になると、体も生まれた頃とは比べ物にならない位しっかりし、体を動かせるようになり筋肉が少しずつついてくる時期でもあるので、体温調節も上手にできるようになるのです。

それまでは、赤ちゃんは気温によって体温が上下しやすかったり、暑さに弱かったりするので、毎日しっかり様子を見ながら、肌着・服装を調節して体温調節をしてあげるようにしてくださいね!

体温調節はスリーパーが便利!

もし、赤ちゃんがいつもと様子が違う!と感じたら、まず熱をはかり、もし熱があるようなら服を薄着にして熱を放出させるようにしましょう。

熱があるのにミトンや靴下を身につけさせたり、厚着をさせてしまうと、さらに熱がこもってしまうので注意するようにしてくださいね。

また、冬の夜は寝冷えが心配…という場合は、パジャマの上にベストタイプのスリーパーを着せて体温調節をするのが手軽なのでおすすめです。どんなに寝相の悪い赤ちゃんも、スリーパーを着てれば体を冷やすことがないので安心ですよ☆

ミトンは引っ掻き防止のために使おう!

ここまで紹介したように、赤ちゃんが夜寝るときに手が冷たい状態を防ぐためにミトンを使うのは、体温調節ができなくなってしまうのでよくないのですが、それならどうして赤ちゃん用のミトンは販売されているのかと言うと、ミトンは赤ちゃんが爪で顔を引っ搔いてしまうのを防いでくれるからです。

新生児の頃は特にお肌が柔らかく、ちょっとした引っ掻き傷でもミミズ腫れのようになってしまったり、ひどい時は血が滲んできてしまい、傷口からばい菌が入ってしまうことも。赤ちゃんによっては、全く引っ掻かない子もいるので、全ての赤ちゃんにミトンが必要という訳ではないのです。

また、ミトンをしていると指先の感覚が伝わりにくいので、赤ちゃんの発達に悪影響、という意見もあります。こういうことからも、ミトンは冬に手が冷たくなるのを防ぐ手袋と同じような防寒具としてではなく、引っ掻き防止のためのアイテムとして使うのが良いでしょう。

まとめと注意点

布団で寝ている赤ちゃん赤ちゃんは手足の皮膚から体内に溜まった余計な熱を放出して体温調節をしているので、冬寝るときに両手をバンザイして手が冷たい状態でも、ミトンをさせたり無理にお布団の中に手を入れたりしなくても大丈夫です。

また、靴下も同様で、赤ちゃんが寝るときに履かせる必要は、寒い冬の夜でもありません。

手足が冷たい状態でも、お腹が冷えていなければ赤ちゃんは体調を崩すことはないので、手足の冷えを心配するより、万が一お布団から体が出てお腹を冷やしてしまうことの方を心配して、スリーパーや腹巻を使って温かく寝かせてあげるようにしてくださいね!