赤ちゃんのお部屋を暖めるパネルヒーター肌寒くなってくると暖房が恋しくなってきますが、赤ちゃんがいる場合はどんな暖房器具が安全で、ほどよく温まって快適なのか?色々な商品を見ては悩んでしまいますよね。

石油ストーブは温かいけれど、空気を汚してしまうし、やけどの心配もある。エアコンは空気を乾燥させてしまうし…とあれこれ考えているうちに何を選んだらいいのか?わからなくなってしまった!なんてことも。。。

そんな時、赤ちゃんとの生活に優しい温かさの暖房器具はをお探しなら、近年人気が上昇中のパネルヒーターがおすすめです。色々なパネルヒーターが販売されていますが、安心の日本製で安全機能がしっかりと備わったパネルヒーターなら、赤ちゃんとの生活も安心して送れることでしょう。

ここでは、赤ちゃんにいるご家庭におすすめの暖房器具「パネルヒーター」と使い方のポイントを紹介します。

Sponserd Link

 燃料不要で、空気を汚さず赤ちゃんにも安心!

パネルヒーターの大きな特徴は、電気で動く暖房器具なので煩わしい燃料の補給が必要ないことです。石油ストーブ等は、灯油などの燃料が必要な暖房器具ですが、パネルヒーターは燃料となる灯油や石油は一切必要なく、使用するのは電気のみなので、電気代以外の燃料代はかからない所です。

また、パネルヒーターは石油ストーブと違って、一酸化炭素を発生させないので中毒になる危険もなく、無風でハウスダストを舞い上げないため、部屋の乾燥を防ぎ空気を汚すことがないので、赤ちゃんの体にも優しいというメリットもあります。

そして、ママが一番心配する安全面では、赤ちゃんが万が一パネルヒーターに触れても熱くないので、やけどをしてしまう心配がありません。寒い冬だからこそ、必要以上に換気をする必要ないのはママとしては嬉しいですね♪

パネルヒーターの種類と特徴

パネルヒーターパネルヒーターは、表面のパネルから熱を放出することで、お部屋をじんわり暖めてくれる暖房器具ですが、中に入っているオイルを温めることでパネルに熱を伝導させて熱を放出するタイプと、熱線を温めて熱を放出する電気式のタイプの2種類があります。

オイル式のパネルヒーターも人気はありますが、大きくて場所を取ってしまったり、電気代が高くついてしまうという欠点もあるので、近年では遠赤外線のパネルヒーターが注目を集めています。

ここからは、赤ちゃんとの生活におすすめの、遠赤外線パネルヒーターについて詳しく紹介していきます。

遠赤外パネルヒータの長所

赤ちゃんとパネルヒーター遠赤外線パネルヒーターの長所はいくつかあるので、1つずつ紹介していきます。

①足元からじんわり暖か!

遠赤外線のパネルヒーターの特徴は、遠赤外線を吸収する床や壁・天井・人などはポカポカに温まり、遠赤外線を反射するものや透過する金属などの物質はあまり温まらない性質があるので、人間の体を温めてくれるのはもちろんですが、部屋の中の床と天井の温度差を少なくし、お部屋全体を均一に温めてくれるので、床で過ごすことの多い赤ちゃんも温かく快適です。

②空気を汚さず、乾燥もなし!

石油を使うストーブ・ファンヒーターは燃料を燃やすことで熱を放出するので、空気を汚すだけでなくこまめな換気が必要ですし、熱を放出する際に空気も乾燥してしまうので、赤ちゃんとの生活には不向きの暖房器具です。

遠赤外線のパネルヒーターは、輻射熱を放射する太陽と同じ暖房方式なので、空気を汚さず、お部屋の換気の必要はありませんし、空気も乾燥させないとう大きなメリットもあります。また、温風方式のヒーターは、ホコリなどのハウスダストを舞い上げてしまいますが、遠赤外線パネルヒーターは温風は出ないので、まだ気管が弱い赤ちゃんとの生活に安心です。

③やけど・火災の心配なし!

遠赤外線を使ったパネルヒーターは、パネル部分を手で触れてもやけどをしない安全設計になっているので、万が一赤ちゃんがパネル部分に触れてしまっても、やけどの心配がありません。また、地震などで倒れたり、カーテンやタオルなどが上部に覆い被さったとしても、安全装置が働くので火災を起こす心配もないのは、予測できない行動を取ってしまう赤ちゃんがいるご家庭には嬉しいですよね!

おすすめのパネルヒーター

矢印アイコンパネルヒーターの人気ランキング

遠赤外線のパネルヒーターの短所とは?

赤ちゃんとの生活にいいことばかりのような遠赤外線パネルヒーターですが、短所もいくつかあるのでご紹介しておきますね。

まずは、石油ストーブとは違い、じんわりとした温かさなのでお部屋が暖まるまでに時間がかかってしまうということです。一度暖まってしまえばなかなか冷えることはないので、お部屋が冷えている場合はエアコンなどでお部屋を暖めつつ遠赤外線パネルヒーターの電源を入れ、暖まってきたらエアコンを切ると快適に使うことができますよ!

次に、気になるのが電気代ですよね。パネルヒーターは電気代が高い!というイメージがありますが、確かに灯油よりは高いのが欠点ですよね。しかし、近年のパネルヒーターは電気代が1時間あたり10円~20円のものが多く、灯油とさほど差がなくなってきました。

暖まるのに少し時間はかかるけど、赤ちゃんに安心。電気代は灯油と差がそんなにないなら!と、赤外線パネルヒーターを選ぶご家庭が増えているのです。

匂いがせず、音も静かで◎

ママと赤ちゃん赤ちゃんがいる家庭の場合、意外と気になってしまいのが、暖房器具を使った時の匂いと音ではないでしょうか。

こちらのパネルヒーターは遠赤外線で温めるため匂いが発生せず、同時に睡眠中でも運転音が気にならないくらい静かなので、運転音で赤ちゃんが起きてしまうのを防ぐことができます。このほかにも、タイマーモードもついているので、朝起きる時間にあわせてタイマーを入れたりと、とても使い勝手がよく、部屋全体を優しく温めることが出来ます。

赤ちゃんにとても優しい暖房器具であるパネルヒーターは、冬のベビー用品の一つとしておすすめです☆