寝ている赤ちゃん冬になると夜はぐっと気温が下がって寒くなるので、赤ちゃんが寝るときに暖かく快適に眠れるためにはどうしたらいいのか?悩むことがたくさんありますよね。

お住まいの地域によって異なりますが、11月下旬頃からエアコン・ストーブなど暖房器具を使うご家庭が増えてきますが、赤ちゃんが寝るときにの温度は何度くらいがいいのか?寒い場合は暖房をつけっぱなしにして室温を保った方がいいのか?また、どんな服装で寝かせたらいいのか?わからないことがたくさんありますよね!

ここでは、冬に赤ちゃんが快適に眠れるためにしてあげたい寒さ対策と、室温・暖房の使い方など環境の整え型のポイントについて紹介していきます!

Sponserd Link

赤ちゃんが寝るときに暖房は必要なし!?

普段、赤ちゃんと過ごしているお部屋で暖房を使って暖かくしているから、寝るときも同じように暖房で暖かくしているお部屋で寝かせてあげないと、寝冷えをしてしまうのでは?と心配になってしまうかもしれませんが、赤ちゃんが寝るときにエアコンなどの暖房は必要ありません。

むしろ、暖房をつけっぱなしにすると、温度が上がりすぎて汗をたくさんかいてしまったり、空気が乾燥してしまいウィルスが繁殖しやすくなったり、お肌がカサカサになってしまったり、赤ちゃんにとって良くないことの方が多いのです。

加湿器を使えば確かにお部屋の乾燥を防げますが、赤ちゃんは寝入る時に体温が上昇しますし、冬は暖かい服装をさせて、暖かいお布団をかけてあげているので、大人が思うより赤ちゃんは寒くないので、暖房は必要ないので寝冷えの心配をしいなくても大丈夫ですよ。

赤ちゃんを寝かせる寝室が寒い場合は、お布団を広げた状態で暖房をつけて、暖まったらエアコンなどの暖房を切って寝かせてあげれば、寒い思いをさせることなく寝かせてあげることができますよ!

また、注意して欲しいのは、赤ちゃんに電気毛布・ホットカーペットを使うと、低温やけど・脱水症状を引き起こしてしまうことがあるので、絶対に使わないことです。暖房は必要ないけど、お布団が冷たくて可哀想・・・という場合は、敷き毛布を使うなどの対策をとるようにしましょう。

赤ちゃんが寝るときの服装は着せすぎに注意!

寝ている赤ちゃん冬は夜中~朝方にかけて更に気温が下がり、大人でも寒くて目が覚めることがあるから、赤ちゃんには暖かい服装をさせないと!と、寒さ対策としてついつい厚着をさせたくなる気持ちもわかりますが、赤ちゃんは代謝が活発で体温が高いので、寝るときの服装は着せすぎないことが重要です。

一般的な上下がわかれたパジャマは70センチ~のサイズ展開になっているので、50/60サイズの赤ちゃんはいつも着ている肌着+ベビー服でも大丈夫ですが、朝晩のリズムをつけるためにも1日中同じ服装ではなく、朝起きたとき・お風呂の後にお着替えをさせてあげましょう。

また、冬でも赤ちゃんは寝汗をかくので、吸湿性に優れ保温性も高い綿100%の肌着を着せてあげた上にパジャマを着せてあげるのがおすすめです。

寝相が悪くてすぐにお布団から出てしまって寝冷えが心配・・・という場合は、厚着をさせるのではなく、寝るときの服装の上にスリーパーを着せてあげることで、冷えることなく朝までぐっすり寝かせてあげることができますよ!

おすすめのスリーパー

矢印アイコンスリーパーの人気ランキング

赤ちゃんが寝るときの冬用の布団は何を掛ける?

布団にくるまる赤ちゃん冬の季節は大人は厚手で重みのある掛け布団を使用するご家庭もありますが、体の小さな赤ちゃんに冬用の重い掛け布団をかけてしまうと、苦しくて窒息してしまう可能性があるので、赤ちゃんが寝るときの布団は軽くて暖かい毛布やブランケットをかけた上に掛け布団として綿布団をかけてあげるようにしましょう。

もし、寒さが厳しくて寒そうだと感じたら、毛布やブランケットを追加して様子を見てあげるようにしてくださいね。

赤ちゃんが寝ているときに、布団を蹴ることがありますが、これはお布団の中に熱がこもりすぎて暑くなっている可能性があるので、そんな時はまず薄い布団を減らしてみたり、寝冷えを防いでくれるスリーパーを着せてあげるなどして、赤ちゃんが快適に眠れるように調整してあげて下さい。

また、寝るときにお布団の中でも足元が寒いから・・・と靴下をはかせてあげたくなりますが、赤ちゃんは足の裏からも熱を放出するので、寒い冬の夜でも寝るときの寒さ対策として靴下をはかせなようにしましょう。

赤ちゃんが寝る時の温度は冬は何度が最適?

赤ちゃんとママ一年を通して赤ちゃんが快適に眠れる温度は18~23℃ですが、冬はエアコン・ストーブなどの暖房をつけないと、ほとんどのご家庭がこの温度を下回ってしまいますよね。ですが、先ほども紹介したように、赤ちゃんは寝入る時に体温が上昇するので、18℃を下回っても暖房を使う必要はありません。

寝るときに暖房を使ってお部屋の温度を上げたり、暖かい服装をさせすぎたりしてしまうと、体温調節機能が未熟な赤ちゃんは暑くなりすぎて汗をたくさんかいてしまい、その汗が冷えて体を冷やしてしまったり、冬でも汗疹の原因にもなってしまいます。

大人は寒い冬の夜は寝るときは暖かい服装をする事もありますが、赤ちゃんは大人より体温が高いということを頭に入れて、温めすぎないようにすることが、朝までグッスリ快適な睡眠を摂らせてあげるポイントなのです。

それでも寒くて体を冷やしてしまわないか心配、という時には、スリーパーやレッグウォーマーなど、ピンポイントで温めてくれるアイテムを上手に使って寒さ対策をして、寒い冬の夜を乗り切りましょう!

もし、それでも寒すぎるから暖房を使いたい時は、空気が乾燥するエアコン・ストーブよりも、空気を乾燥させずにじんわりと温めてくれるオイルヒーターが赤ちゃんに一番安全なのでおすすめです☆