暖かい服装をしている赤ちゃん
冬になると外の気温がぐっと冷え込む日が増えますが、家の中では暖房を使ってお部屋を暖めるようになるので、赤ちゃんにどんな服装をさせたらいいのか?迷ってしまいますよね。

「冬物」とひとことで言っても、色々な素材・デザインのベビー服、肌着があるので、どういう組み合わせで着せてあげたらいいのか?靴下やレッグウォーマーなどの防寒小物はどのように使ったらいいのか?特に初めての育児を経験されているママはわからないことがたくさんあると思います。

ここでは、冬の赤ちゃんの服装の着せ方と選び方のポイントを紹介していきます。

Sponserd Link

赤ちゃんに冬服を着せるときは着せすぎに注意!

冬になると大人は何枚も肌着や洋服をを重ねて着込んだりする人もいますが、赤ちゃんに同じ発想で何枚も肌着やベビー服を着込ませて厚着をさせるのはNG!赤ちゃんは大人より体温が高く、基礎代謝が活発なので、大人が「寒い」と感じる温度とは違うのです。

年間を通して赤ちゃんの服装は、生後1ヶ月の新生児の赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、大人が着ている枚数+1枚、生後1~3ヶ月は大人と同じ枚数、生後3ヶ月以降は大人より1枚少ない枚数を着せてあげるのが最適です。

暖かい冬物の長袖の肌着+モコモコのベビー服の組み合わせだと、暖房が効いた暖かいお部屋では暑くて汗をたくさんかいたり、ぐずったりしてしまうことがあるので、冬の服装は厚着をさせすぎないことを頭に入れておき、様子を見ながら素材や種類を臨機応変に変えてあげるようにしましょう。

また、寝返り・ハイハイ・伝い歩きで活発に体を動かす赤ちゃんは、暖かい服装をしていると冬でも汗をかきやすいので、夏と同じように肌着が湿っていないか?こまめに確認をし、もし汗をかいたらこまめにお着替えをさせて、汗による冷えや汗疹の原因を未然に防ぐようにしてあげて下さいね!

【月齢別】冬におすすめの部屋着の着せ方と選び方

寝ている赤ちゃん

赤ちゃんの着るベビー服は、月齢によって異なりますが、冬の部屋着はどのような服装がいいのでしょうか?ここでは、月齢別におすすめのお部屋での服装を紹介します。

新生児~生後3ヶ月頃まで

  • 短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオール、短肌着+長肌着+ツーウェイオール

生後4ヶ月~生後8ヶ月頃まで

  • 前開きボディ肌着+ロンパース、ボディ肌着(ロンパース)+カバーオール

生後8ヶ月~

  • ボディ肌着(ロンパース)+長袖・長ズボン、ボディ肌着+カバーオール
靴下は履かせる?履かせない??

赤ちゃんの足の裏赤ちゃんが室内で過ごすときは、冬でも靴下は履かせないことが現代の育児では推奨されています。その理由は、体温調節機能がまだ未熟な赤ちゃんは、足の裏からも熱を放出することで体温調節をしているからです。

おばあちゃん世代から「冬なのに靴下を履かせないと、寒くてかわいそう!」と言われることがあるかもしれませんが、それは暖房器具の機能が低くて、お部屋の中も寒かった昔の時代の話なので、現代の育児ではお医者さんも冬でも靴下は必要ないと言っていると教えてあげてくださいね!

もし、靴下を履かせないと寒そう…と感じた時は、レッグウォーマーを履かせてふくらはぎを温めてあげると、靴下を履かせるより体が暖まりますよ!

おすすめのレッグウォーマー

矢印アイコンレッグウォーマーの人気ランキング

赤ちゃんの冬の肌着は何を着せたらいい?

肌着姿の赤ちゃん

冬の寒い時期は、赤ちゃんの肌着は汗取り以外に、保温という重要な役割を担っているので、冬物のベビー服の下に必ず肌着を着せてあげるようにしましょう。

「冬物」と呼ばれる肌着には、厚手のスムースニットやベビーキルトなど温かい素材のものもありますが、赤ちゃんは暑がりなので基本的には「通年素材」と呼ばれるほどよい厚みで、通気性・吸湿性に優れたスムースやフライスなどの綿素材の肌着が適しています。

新生児期~生後3か月頃におすすめの肌着

新生児期~生後3か月頃にメインとして使う肌着は、短肌着・長肌着・コンビ肌着があり、基本的に短肌着+長肌着または、短肌着+コンビ肌着のように2枚の肌着を重ねて着せます。

短肌着は、肌着の中でも一番下に着る、半袖でお腹くらいまでの短い丈の肌着で、2本の紐で結んで着せるのが主流の肌着です。

長肌着は、短肌着と同じ形状ですが、丈が膝くらいまで長くあり保温性に優れている肌着ですが、赤ちゃんが足を動かせるようになる生後2か月頃には、よくはだけるようになってしまい、使いにくくなってしまうのが難点。

コンビ肌着は、長肌着と形状は似ていますが、裾部分にスナップボタンが2か所ついていて両足を通すことができるので、赤ちゃんが足を動かせるようになってもはだけずに重宝する肌着です。

 4か月~におすすめの肌着

赤ちゃんの首がすわるようになる頃には、コンビ肌着が小さくなってきている赤ちゃんが多いので、次のステップの前開きのボディ肌着や、頭からかぶるボディスーツ型の肌着が着られるようになってきます。これらの肌着は、新生児期の肌着とは違って重ね着はせず、肌着1枚+ベビー服の組み合わせで着せてあげましょう!

前開きボディ肌着は、上下がつながっているつなぎタイプの肌着(ボディスーツ)の前の胸部分が開いていて、スナップボタンで留めて着せてあげる肌着です。胸部分にスナップボタンがついているので、うつぶせ~ズリバイが始まったら、ボタンが当たってお肌が赤くなってしまうこともあるので、かぶり型の肌着へ移行するのがおすすめです。

ボディスーツ型の肌着は、前開き部分がつながった状態のもので、頭をかぶる部分が大きく開きやすくなっているタイプや、肩にスナップボタンがついているタイプがあります。長袖と半袖のものがあるので、冬は室内で過ごすときは半袖、外出するときは長袖、など状況に応じて使い分けるのがおすすめです。

外出するときの冬の服装・着せ方のポイント

冬にベビーカーに乗っている赤ちゃん冬の室内は暖房で温められているので、それほど服装に気を配らなくても大丈夫ですが、気温が低く北風が冷たい冬の日に赤ちゃんを連れて外出する場合は、体を冷やさないように温かいアウターや防寒小物を使って温めてあげましょう!

新生児期~生後3か月頃までは、アウターとしてのベビー服のサイズ展開がまだないので、短肌着+長肌着(またはコンビ肌着)+ツーゥエイオールを着せてから、温かい素材のおくるみでくるんであげるのがおすすめです。

70センチのベビー服が着られるようになると、温かい防寒タイプのカバーオールが着られるようになるので、フード付きのものや足付きのもの、モコモコ素材や風を通さないタフタ素材など、様々なタイプのカバーオールやジャンプスーツが選べるようになりますよ!

おすすめのジャンプスーツ

矢印アイコンジャンプスーツの人気ランキング

防寒小物を上手に使って温かくするのが◎

帽子をかぶっている赤ちゃん外出時は冬用の服装+月齢に合ったアウターが必要になりますが、温かい帽子・靴下・レッグウォーマーなどの防寒小物を使って赤ちゃんの体を温めましょう!

赤ちゃんはまだ髪の毛が少なく、外出時は冷気を頭皮に直接受けてしまうので、帽子をかぶせて冷やさないようにしてください。冬用の帽子といえばニット帽・ハンチングなど色々なタイプの帽子がありますが、チクチクする素材だと赤ちゃんは嫌がって被ってくれないので、綿素材のお肌に優しい帽子を選ぶのが◎

室内では履かせなくてもいい靴下ですが、冬の外出時は足元から冷えてしまうので、靴下を履かせて、さらにレッグウォーマーでふくらはぎを温めてあげると、足元からの冷えをシャットアウトできますよ!

おすすめの帽子

矢印アイコンベビー帽子の人気ランキング

抱っこ紐・ベビーカーで外出するときの服装はどうする?

冬の赤ちゃんとママ冬に赤ちゃんを抱っこ紐で抱いて外出する時の服装は、いつもの服装+帽子+靴下+レッグウォーマーで大丈夫です。抱っこ紐は赤ちゃんとママが密着していて温かいので、赤ちゃんが厚着をしていると抱っこがしにくいばかりか、汗をたくさんかいてしまうので注意が必要です。

ただし、お天気が悪い日や、気温が低く、北風がいつもより冷たく感じる日の外出には、防寒ケープやママコートを使って、赤ちゃんが冷えないようにしてあげましょう!

ベビーカーで外出するときの服装は、いつもの冬服+帽子+靴下+レッグウォーマーに、ベビーカーに取り付けられるフットマフや、防寒ケープがあると赤ちゃんを冷えから守ってくれるので安心ですよ☆

関連記事

赤ちゃんとの冬の外出は、その日の気温・出かける場所・移動手段など考慮して、赤ちゃんが暑すぎず、寒すぎない服装を選び、万が一の冷えに備えて防寒小物を準備して出かけるようにしましょう!