【月齢別】秋の服装と過ごし方

【生後10ヶ月】赤ちゃんの秋の服装と過ごし方のポイント

生後10ヶ月を過ぎると赤ちゃんは、ハイハイがとても上手になりお部屋の中を動き回ったり、伝い歩きをするようになって可愛さいっぱいの時期ですね。

この頃の赤ちゃんの秋の服装選びのポイントは、活発に動く赤ちゃんの動きを妨げない伸縮性の高い素材を選ぶことと、気温に合わせて臨機応変に服装を選ぶことが大切ですが、どんなものを選んだらいいのでしょうか?

また、秋は夜の寒暖差も激しいので、寝る時のパジャマは何を着せたらいいのか?お布団は何を何枚かけたらいいのか?迷っているママも多いと思いますので、ここでは、生後10ヶ月頃の赤ちゃんの秋の服装の選び方と過ごし方のポイント☆

10ヶ月頃の赤ちゃんの秋の服装

秋の赤ちゃん秋になると涼しくなり過ごしやすくなりますが、生後10ヶ月頃の赤ちゃんは、お部屋の中を元気に動き回って暑くて汗だくになってしまうこともあるので、厚着のさせすぎには注意が必要です。

室内で過ごすときの秋の服装は、動きやすいロンパースを気温に合わせて半袖・長袖を上手に使い分けるのがおすすめです☆
基本スタイル・ボディ肌着+カバーオール
・ボディ肌着+ズボン+カーディガン
・ボディ肌着+ズボン+カットソー
お出かけスタイル・基本スタイル+パーカー
・基本スタイル+ウィンドブレーカー

伸縮性の高い素材が◎

10ヶ月の赤ちゃんハイハイやつかまり立ちをする時に伸縮性の低いデニムなどの素材だと動きを妨げてしまうので、ストレッチが効いている柔らかい素材のものを選ぶようにしましょう。

また、秋は日中は過ごしやすくても、夕方になるとぐっと気温が下がるので、お出かけの際はカーディガンなど羽織物を忘れずに持って行くようにすると安心です☆

上下セットアップで可愛くオシャレに!

10ヶ月の赤ちゃんとママベビー服と言えばカバーオールやロンパースがメインでしたが、生後10ヶ月頃の赤ちゃんは体もしっかりしてくるので、上下が分かれたセットアップの服装なども可愛く着こなせるようになってきます。

秋に上下が分かれた服装をさせる時は、インナーに上下が繋がったロンパースを着せてあげるとお腹が冷えるのを防げるので安心。

また、生後10ヶ月頃の赤ちゃんはハイハイ~つかまり立ちを始める頃なので、ズボンの丈が長いと自分で踏んで転倒してしまう恐れがあるので、丈が短めの服装をさせてあげるようにしましょう☆

*関連記事  秋になったら赤ちゃんに靴下を履かせるべき?履かせない方がいい理由とは?

【10ヶ月】秋の寝るときのパジャマの選び方

寝ている赤ちゃんとママ

秋は毎日気温が大きく変動しますし、夜中~明け方にかけて気温がぐっと下がり肌寒くなる日も増えてくるので、生後10ヶ月の赤ちゃんにどんなパジャマを着せてあげたらいいのか?迷ってしまいますよね。

また、冬に向けて暖かいパジャマの買い換えを検討しているママも多いと思いますが、秋~冬はどんなパジャマを用意したらいいのでしょうか。

気温に合わせたパジャマ選びが◎

布団で寝ている赤ちゃん秋は毎日の寒暖差が激しく、寝るときは20℃前後でも、朝方15℃以下まで冷え込む日も増えるので、その日の気温と朝方の冷え込みを見越しながらパジャマ選びをしましょう。

生後10ヶ月の赤ちゃんの秋用のパジャマは、基本的に長袖の「秋物」の中厚のコットン素材のカバーオール、上下に分れたパジャマで大丈夫です。

朝方冷えるようになったら暖かいパジャマに変えてあげよう

10月を過ぎると朝方の冷え込みがだんだん強くなってくるので、厚手のスエット・ベビーキルト素材の暖かいパジャマがおすすめ。

point!

この頃の赤ちゃんは寝相が悪く、気づいたらお布団から出てしまっていた!なんてこともよくあるので、パジャマの下にはボディ肌着を着せてあげましょう。また、上下が分れたパジャマの場合は、お腹を冷えから守ってくれる腹巻付きのものが最適です☆

*関連記事  赤ちゃんの秋の寝巻き・パジャマ・肌着は何を着せる?ぐっすり眠れる環境の作り方

【10ヶ月】秋のお布団の掛け方のポイント

布団で寝ている赤ちゃん寝るときは快適な温度でも、夜中~朝方にかけては気温が下がり肌寒くなることが多い秋の夜は、パジャマ選びだけでなくお布団選びにも気を遣う時期ですよね。

でも、生後10ヶ月の赤ちゃんは暑がりなので、暖かいお布団をかけてもすぐに蹴飛ばしてしまうので、大人よりも薄いお布団を選んであげることが大切です。

「秋」とひとことで言っても、9月~11月では気温が全然違いますし、毎日の寒暖差・朝方の冷え込みの強さを見越しながら、生後10ヶ月の赤ちゃんのお布団を選びましょう。

冷え込みを考慮してお布団を選ぼう!

スリーパーを着ている赤ちゃん例えば、気温が20℃前後は赤ちゃんが一番快適に眠れる温度なので、薄手のベビーケット1枚で大丈夫ですが、朝方肌寒く感じるようになったらバスタオルを追加して冷えを防いであげましょう。

気温が15℃前後になり寝るときも肌寒くなってきたら、朝方ももっと冷え込むようになるので、中綿入りの綿布団にして様子を見て、更に寒くなってきたら毛布を追加するようにしてくださいね。

また、いくら秋のお布団選びを慎重にしても、暑がりな生後10ヶ月の赤ちゃんは寝ながらお布団を蹴飛ばしてしまう事が多いので、寝冷えが心配な場合はベストタイプのスリーパーを着せてあげるのがおすすめです☆
スリーパーを来ている赤ちゃん
スリーパーはいつから使える?おすすめブランドと季節ごとの選び方赤ちゃんの寝冷え防止や体温調節にも有効なスリーパーは、布団を蹴ってしまう赤ちゃんを冷えから守るお助けアイテムです。 色々な素材や形...

秋の過ごし方のポイント

秋の赤ちゃん

いかがでしたか?一年で一番過ごしやすいと言われる秋ですが、寒暖の差が激しいので、生後10ヶ月の赤ちゃんが体調を崩してしまわないように、服装・パジャマ・布団をその日の気温を見ながら臨機応変に選んであげることが大切です。

とは言え、赤ちゃんは基本的に体温が高くて暑がりなので、着せすぎると暑くて汗をたくさんかいて秋でも汗疹の原因になってしまうので、薄手の服装+カーディガンやパーカー、スリーパーで体温調節をしましょう。

point!

秋は過ごしやすい気候でお散歩にも最適な時期なので、暖かい日中を選んで赤ちゃんを連れ出し、外の空気をたくさん吸わせてあげましょう。そうすると適度に疲れて、夜ぐっすり寝てくれることもあるので、生後10ヶ月の赤ちゃんと積極的に秋のお出かけを楽しんで下さいね☆

10ヶ月の赤ちゃん
生後10ヶ月 授乳・生活リズム・赤ちゃんのお世話のまとめ生後10ヶ月になり、ますます可愛くなってきた赤ちゃん。でも、まだまだ授乳や体重、発達などママにとっては悩むことがたくさんありますよね。 ...