【月齢別】秋の服装と過ごし方

【生後5ヶ月】赤ちゃんの秋の服装と過ごし方のポイント

生後5ヶ月頃の赤ちゃんは体を一生懸命動かして寝返りに挑戦したり、早い子は上手に寝返りが打てるようになり、赤ちゃんの成長を感じられる時期ですね!

秋になり過ごしやすい気候になっても、元気に体を動かす赤ちゃんは汗をたくさんかくのでまだまだ汗疹ができやすいので、快適に過ごせる肌着と服装選びをしてあげる必要があります。

また、秋の夜は温度の変化が大きいので、パジャマに何を着せたらいいのか?布団は何を何枚かけたらいいのか?迷ってしまいがちですが、赤ちゃんは暑がりなので、寒すぎず暑すぎないようにしてあげることが大切です。

ここでは、生後5ヶ月頃の赤ちゃんの秋の服装のと過ごし方のポイントを紹介します☆

【5ヶ月】秋の肌着の選び方

5ヶ月の赤ちゃん夏の終わりころから「秋物」と呼ばれる暖かいニット素材でできた七分~長袖の肌着が多く出回るようになりますが、秋は生後5ヶ月頃の赤ちゃんを肌着一枚で過ごさせることはないので通年用の半袖のものでOKです。

基本スタイル・ボディ肌着+ロンパース
・ボディ肌着+カバーオール
お出かけスタイル・基本スタイル+カーディガン
・基本スタイル+パーカー

秋もこまめな着替えが◎

肌着姿の赤ちゃんまだ腰がすわっていない赤ちゃんには、引き続きボディスーツタイプの肌着が着せやすくておすすめです。

生後5ヶ月頃の赤ちゃんのお肌はまだまだデリケートで汗疹ができやすいので、秋になり涼しくなってもこまめに肌着をチェックして、汗をかいているようならすぐに着替えをさせるようにしてあげましょう☆

【5ヶ月】秋の服装の選び方

5ヶ月の赤ちゃん秋になると長袖の温かい素材の「秋服」が並ぶようになりますが、秋は汗ばむような暑い日もあったと思えば、急に肌寒くなることもあるので、臨機応変に生後5ヶ月頃の赤ちゃんの服装を選んであげましょう。

赤ちゃんは大人より体温が高く体温調節が難しいので、大人が「肌寒い」と感じて赤ちゃんに長袖の秋物を着せてしまうと、暑くて汗をたくさんかいてしまうこともあるので、様子を見ながら肌着と服装を調整することが大切です。

動きやすい服装が◎

カバーオールを来ている赤ちゃん生後5ヶ月頃の赤ちゃんの服の標準的なサイズは60-70cmなので、無理して大きい服を着せずに動きやすいカバーオールやロンパースを着せてあげましょう。

秋冬用のカバーオールには、モコモコのボアを使った着ぐるみタイプのカバーオールなど、可愛らしいアイテムがたくさんあるので、秋冬のおしゃれを楽しんで下さいね☆

厚着のさせすぎに注意!

5ヶ月の赤ちゃん寝返りをするようになる生後5ヶ月の頃の赤ちゃんの秋の服装を選ぶときに大切なことは、赤ちゃんが暑くなりすぎないように通気性と吸湿性のいい素材を選ぶことです。

涼しく感じる秋でも、暑がりな赤ちゃんに長袖の秋服を着せると汗をたくさんかいたり、暑くてご機嫌が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。

check!

とは言え、朝晩はぐっと冷え込むことが増えるので、生後5ヶ月頃の赤ちゃんが風邪を引かないようさっと羽織れるベストなどの羽織物を準備しておくと安心です☆

生後5ヶ月の赤ちゃん
生後5ヶ月 授乳・生活リズム・赤ちゃんのお世話のまとめ生後5ヶ月になり、ますます可愛くなってきた赤ちゃん。でも、まだまだ授乳や体重、発達などママにとっては悩むことがたくさんありますよね。 ...

【生後5ヶ月】 秋の寝るときのパジャマは何を着せる?

カバーオールを着ている5ヶ月の赤ちゃん生後5ヶ月の赤ちゃんの標準的なサイズは70cmなので、秋の夜寝るときの服装はパジャマとして上下がわかれたものや、カバーオールを着せて寝かせてあげるのがおすすめ。

基本スタイル・ボディ肌着+上下が分かれたパジャマ
(腹巻きつき)
・カバーオール

腹巻付きが安心

寝返りをしている赤ちゃん上下がわかれたパジャマを選ぶ時は、ズボンに腹巻きが付いたタイプのものだと、お腹を冷えから守ってくれて暖かくグッスリ眠れますよ。

また、上下が繋がったカバーオールタイプのベビー服をパジャマと決めて着せてあげてもOKですが、朝になったらお着替えをさせて毎日のリズムを作るようにしてあげてくださいね!
布団で寝ている赤ちゃん
冬に赤ちゃんが寝るときの室温は何度?暖房の使い方と服装の選び方冬になると夜はぐっと気温が下がって寒くなるので、赤ちゃんや子供が寝るときに暖かく快適に眠れるためにはどうしたらいいのか?悩むことがたくさ...

【生後5ヶ月】 秋の布団の掛け方

5ヶ月の赤ちゃん「秋」とひとことで言っても、汗ばむように蒸し暑い夜もあれば、空気が冷たく肌寒く感じる夜もあるので、生後5か月の赤ちゃんにどんな布団をかけたらいいのか?迷ってしまいますよね。

そんな時は、いくつか布団の組み合わせを準備しておき、その日の気温に合わせた布団を掛けてあげることが大切です。

例えば、寝るときに少し暑かったり過ごしやすい秋の夜は、ベビーケット1枚でも大丈夫ですが、朝方の冷え込みが心配な場合にはバスタオル+ベビーケットの組み合わせなら冷えを防いで安心です。

気温を見ながら布団を変えよう!

スリーパーを着ている赤ちゃん10月に入り夜の気温がぐっと冷え込むようになったら、中綿入りの綿毛布と薄手の肌毛布を用意して、どちらか1枚をかけるようにします。更に冷え込みが強くなってきたら、綿布団と肌毛布を2枚重ねるのが最適です。

このように、生後5ヶ月の赤ちゃんを秋の夜に快適に寝かせてあげるには、臨機応変にお布団を変えてあげる必要があります。

こんな時に、パジャマの上に着るスリーパーがあれば、お布団選びに悩まずに済みますよ!スリーパーはこれから寒くなる秋~冬に大活躍してくれるので1枚持っていると重宝しますよ!
新生児の赤ちゃん
冬、赤ちゃんには布団の中でスリーパーを着せる?布団は何枚かける?冬になると気になるのが、赤ちゃんや子供の寝冷えですよね。 きちんとお布団の中に手足を入れて寝かせたのに、気づいたら手足がお布団から...

秋の過ごし方のポイント

5ヶ月の赤ちゃん過ごしやすい気候で快適に過ごせる秋は、体の動きが活発になってきた生後5ヶ月の赤ちゃんの成長を促すためにも、服装はなるべく薄手のもので動きやすい服装にしましょう。

また、柔らかい日差しが降り注ぐ日中は、なるべくお散歩に連れだして秋の空気をたくさん吸わせてあげることで、適度に疲れて夜ぐっすり眠ってくれて生活リズムがつきやすいので、積極的に外出するのがおすすめです。

point!

ただし、秋は急に冷え込んで肌寒くなることも多いので、生後5ヶ月の赤ちゃんが風邪を弾いてしまわないように、カーディガンやパーカーなどのさっと羽織れる上着を持って行くようにして下さいね☆

*関連記事  【生後11ヶ月】赤ちゃんの秋の服装と過ごし方のポイント