【月齢別】秋の服装と過ごし方

【生後6ヶ月】赤ちゃんの秋の服装と過ごし方のポイント

生後6ヶ月頃の赤ちゃんはコロコロと寝返りが上手になり、腰も据わってくる子や、はらばいにすると少しズリバイができるようになってくる可愛い時期ですね!

涼しく感じる秋でも、赤ちゃんは体温が高く少し動いただけでも暑くなって汗だくになってしまうので、赤ちゃんの様子を見ながら肌着と服装を調整してあげる必要があります。

また、寝返りをマスターした生後6ヶ月の赤ちゃんは、寝ている時もコロコロ転がったり布団を蹴ってしまうことがあるので、秋は寝冷えをしないようにパジャマとお布団選びに慎重になってしまう!というママも多いのではないでしょうか?

ここでは、生後6ヶ月頃の赤ちゃんの秋の服装と過ごし方のポイントを紹介します☆

【生後6ヶ月】秋の服装の選び方

6ヶ月の赤ちゃん
基本スタイル・ボディ肌着+長袖ロンパース
・ボディ肌着+長袖カバーオール
お出かけスタイル・基本スタイル+羽織り物
・基本スタイル+羽織り物+レッグウォーマー

赤ちゃんの成長には個人差があるものの、生後6ヶ月頃の赤ちゃんは腰が据わってお座りができるようになってくる子が多いので、頭からかぶせるタイプのボディ肌着やロンパースが着せやすくなってきます。

通年用の肌着でOK!

肌着姿の赤ちゃん秋物と呼ばれる肌着は保温性が高く長袖のものが多いのですが、肌着だけで過ごさせないのなら通年用の半袖の肌着で大丈夫です。

秋の過ごしやすい気候でも、生後6ヶ月頃の赤ちゃんは寝返りをしたりズリバイをすると体温が上昇してたくさん汗をかいてしまうので、汗疹ができないようにこまめに肌着を交換してあげるようにしましょう☆

気温に合わせた服装を選ぼう

6ヶ月の赤ちゃん夏の終わり頃から「秋服」と呼ばれる長袖のものが出回りますが、日によって気温の変化が大きい秋は、その日の気温に応じて生後6ヶ月頃の赤ちゃんの服装を選ぶようにしてあげましょう。

例えば、日中は気温が上がって汗ばむような秋の日には、ボディ肌着+半袖のカバーオールやロンパースが涼しくて快適ですが、夕方になると気温が下がるのでさっと羽織れるカーディガンなどを準備しておくのが◎です。

汗をこまめにチェック!

また、少し肌寒い日はボディ肌着+秋物の長袖カバーオール+ベストを着せるなど、気温によって服装を変えてあげてくださいね!

生後6ヶ月頃の赤ちゃんはまだ大人より体温が高く、体温調節が難しいので、赤ちゃんが汗をかいていないか?寒そうじゃないか?をこまめにチェックして、快適な服装を選ぶようにしてあげましょう。

大人より薄手の服装が◎

6ヶ月 秋の赤ちゃん秋は9月と10月、10月と11月では気温が大きく異なり、日によって寒暖の差が大きくなる時期なので、生後6ヶ月頃の赤ちゃんの服装選びは慎重になってしまいますよね。

少し肌寒くなると「赤ちゃんに風邪を引かせないように」と温かい秋物の服装をさせがちですが、赤ちゃんは体温が高く暑がりなので、大人より薄手の服装をさせるように心がけましょう。
羽織り物を準備しておこう!

カーディガンを着ている赤ちゃんまた、秋は朝晩の冷え込みがだんだん強くなってくる時期でもあるので、急な寒さから生後6ヶ月頃の赤ちゃんを守れるように、さっと羽織れる羽織物を準備しておくと安心です。

check!

気温差が激しく体温調節が難しい秋は、基本的にはなるべく薄手の服装を心がけ、赤ちゃんの様子を見ながら羽織り物で調整するようにしてくださいね!

*関連記事  秋でも赤ちゃんに帽子は必要?日差しが強くなくてもかぶせるべき?

【6ヶ月】 秋の寝るときのパジャマの選び方

6ヶ月の赤ちゃん
基本スタイル
・ボディ肌着+上下が分かれたパジャマ
(腹巻つき)
・カバーオール

生後6ヶ月の赤ちゃんの標準的なサイズは70cm~なので、秋の寝るときのパジャマとしておすすめなのは、上下が分れた秋物のパジャマか、カバーオールを着せてあげるのがおすすめです。

腹巻付きのパジャマが◎

秋物のパジャマは少し厚手のスエット素材のものや、ベビーキルトのものが販売されていますが、腹巻がズボンに付いているタイプなら、お腹を冷やすことがなく安心です。

この他に、ゆったりと着られて全身をすっぽりと覆ってくれるカバーオールも秋のパジャマとして最適ですが、寝る時用を何枚か決めて、朝になったら別のベビー服にお着替えすることを習慣づけると生活のリズムがつきやすくなりますよ!
6ヶ月の赤ちゃん
生後6ヶ月 授乳・生活リズム・赤ちゃんのお世話のまとめ生後6ヶ月になり、ますます可愛くなってきた赤ちゃん。でも、まだまだ授乳や体重、発達などママにとっては悩むことがたくさんありますよね。 ...

【6ヶ月】 秋の布団の掛け方

布団をかけている赤ちゃん
基本スタイル・ベビーケット1枚
・バスタオル+ベビーケット
(肌寒くなってきたら・・・)
・綿布団または肌毛布
・綿布団+肌毛布

過ごしやすくて快適な気温の日もあれば、肌寒く感じる日もある秋の夜は、生後6ヶ月の赤ちゃんを快適に寝かせてあげるためにどんな布団を何枚かけてあげたらいいのか?迷ってしまいがちな時期ですよね。

室温と冷え込みを考慮して選ぼう!

布団で寝ている赤ちゃん秋の赤ちゃんの布団の掛け方は、その日の夜寝るときの室温と、朝方の冷え込みを考慮して選ぶのがおすすめです。

例えば、過ごしやすい秋の夜はベビーケット1枚が快適ですが、朝方冷え込むようになったらお腹の上にバスタオルをかけて、その上にべビーケットをかけてあげましょう。

point!

寝るときの室温がぐっと冷え込んできたら、中綿入りのベビー用綿布団と薄手の肌毛布を準備してまずはどちらか1枚をかけてあげましょう。更に肌寒くなってきたら、綿布団+肌毛布の2枚重ねにして寒さから守ってあげて下さいね!

*関連記事  何を何枚掛ける?赤ちゃんの秋の掛け布団のかけ方と、おすすめの冷え対策

スリーパーがあれば安心!

スリーパーを着ている赤ちゃんまた、生後6ヶ月頃の赤ちゃんは寝返りを完全にマスターして、寝ている時でもコロコロ転がって、気づいたら布団をかけていない状態で寝ていた!と焦ってしまうこともあるのではないでしょうか。

寝相が悪い赤ちゃんは秋~冬にかけて寝冷えをしてしまう可能性が高いので、パジャマの上に着るベストタイプのスリーパーを着せて寝かせてあげるのがおすすめです。

スリーパーは「着る毛布」とも呼ばれていて、お布団1枚とカウントすることができるので、秋の布団選びもぐっと楽になりますし、何より赤ちゃんの寝冷えを防げるのは安心ですよ☆
スリーパーを来ている赤ちゃん
スリーパーはいつから使える?おすすめブランドと季節ごとの選び方赤ちゃんの寝冷え防止や体温調節にも有効なスリーパーは、布団を蹴ってしまう赤ちゃんを冷えから守るお助けアイテムです。 色々な素材や形...

秋の過ごし方のポイント

秋の赤ちゃん秋は日によって汗ばむような陽気で半袖の服装でも大丈夫な日もあれば、少し肌寒くて秋物の長袖の服装が必要になったり、更に羽織り物が必要になるので、生後6ヶ月の赤ちゃんの服装選びに毎日頭を悩ませてしまいますが、秋は寒くないようにすることも大切ですが、暑すぎないようにすることも大切です。

特に生後6ヶ月頃の赤ちゃんはおすわりが上手になってひとり遊びができるようになったり、ズリバイをはじめたり体を活発に動かす時期なので、赤ちゃんは大人よりも体温が高くなっています。

その状態で重ね着の服装をさせたりすると暑くなりすぎてしまい、汗をたくさんかいてしまうので注意が必要です。

スリーパーが大活躍!

また、秋の夜も気温差が激しくパジャマとお布団選びが難しい時期ですが、秋~冬にかけてはパジャマの上から着せて寝かせることが出来るスリーパーが体温調節に大活躍

point!

ガーゼタイプのスリーパーを1枚持っていると重宝しますよ!過ごしやすい秋の季節を楽しく健康に生後6ヶ月の赤ちゃんと過ごして下さいね☆